紫外線とニキビ跡の関係【悪化してシミになったときの治し方】

スポンサードリンク

OL

「紫外線とニキビ跡って何か関係あるの?」

「ニキビ跡がシミになっちゃったんだけど、どうすれば治せるんだろう、、、」

女性でニキビに悩んでいる方であれば、紫外線の影響は気になりますよね。

紫外線は1年中降り注いでいるので、 毎日の対策が必要です。

そのためには日焼け止めか化粧品でUV対策をしましょう。

もしニキビ跡がシミになってしまったときは、ビタミンCや美白成分入りのスキンケア化粧品が有効です。

 

1、紫外線を浴びすぎるとニキビ跡はシミになる

ニキビ跡がシミになってしまうのは、紫外線を大量に浴びたときです。

紫外線を大量に浴びると、肌荒れを起こしてニキビができたり、ニキビ跡が悪化してシミになったりしてしまいます。

なぜ紫外線を浴びるとニキビのトラブルが増えるのかというと、メラニン色素と活性酸素が発生するからです。

活性酸素が発生すると肌のバリア機能が弱くなり、アクネ菌や雑菌が繁殖しやすくなります。

また、肌が乾燥して荒れやすくなったり、皮脂が酸化して毛穴に詰まりやすくなります。

もうひとつは、紫外線を浴びるとメラニン色素が合成され、色素沈着してシミになりやすいということです。

メラニン色素は紫外線などから肌を守るために重要な役割があります。

特にニキビのある箇所は炎症によって肌が弱っていて、その部分を守ろうとしてメラニン色素が過剰に発生しやすくなっています。

そして、過剰に発生したメラニン色素は、ターンオーバーで排出されないままシミになって残りやすいものです。

「今ニキビがある」「ニキビは治っているけどまだ跡が残っている」という場合は、ニキビ跡をシミにしないように、紫外線対策をしっかり行いましょう。

 

日常生活での紫外線によるダメージは、肌の中に毎日蓄積されてしまいます。

紫外線は真夏の暑い時期ではなくても、1年を通してかなりの量が毎日降り注いでいます。

春や秋などの涼しい時期でも自分が思っている以上に紫外線量は多いものです。

そして、雨の日でも曇りでも、紫外線がまったく届かないということはありません。

たとえば、曇っているときでも紫外線は晴れているときの約60%は地上に降ってきます。

 

また、山などの標高が高い場所では紫外線量が多くなります。

「これぐらいなら大丈夫かな?」と油断していると、ニキビ跡がシミになって残ってしまうことになります。

晴れの日が続いている1週間に社会人女性が浴びる生活紫外線の量は、真夏に海水浴で1時間に浴びる紫外線の量と変わらないというデータもあります。

つまり、紫外線の対策を何もせずに1週間過ごしていると、毎週海水浴で1時間日焼けをしていることと同じだということです。

日焼けにならないほどの紫外線量でも、毎日浴びていればニキビ跡はシミになってしまいます。

また、日焼けのしやすさには、かなりの個人差があります。

色白な人ほど日焼けしやすいので、しっかり日焼け対策をしておきましょう。

また、年をとるほど日焼けからの回復力は低下していきます。

とくに20代後半から30代の人は、肌の再生力であるターンオーバーが低下していく年齢なので注意が必要です。

 

2、ニキビ跡をシミにしないための日焼け対策の仕方

紫外線の特徴を知って、正しい日焼け対策をしましょう。

ニキビ跡をシミにしないためにも、紫外線の特徴を知っておくことが大切です。

まず、紫外線はA波とB波に分かれています。

A波は老化や皮膚のガン化に関わることが分かっています。

一方、B波はエネルギーが高く、水ぶくれができやすい強い日焼けになります。

なので、日焼け止めのためには、A波とB波の両方を防がなければなりません。

とくにA波は日焼けをしているという実感が湧きにくいので、注意しなければなりません。

A波はガラスを通過するので、家の中にいるときや車・電車の中でも紫外線を浴びています。

実は空中で紫外線は乱反射しているので、日陰にいるときでも紫外線を浴びてしまいます。

とくに、女性は生理前に日焼けしやすくなります。

これはプロゲステロンという黄体ホルモンの影響です。

そのため、この時期の日焼け対策はいつもよりもしっかり行わなければなりません。

 

 

これら2つの紫外線を簡単に防ぐことができるのが日焼け止めです。

日焼け止めの成分には、大きく分けて紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。

紫外線吸収剤は肌が荒れやすいので、敏感肌の方は紫外線吸収剤不使用のもの・ノンケミカルという表示があるものを選びましょう。

日常生活ではSPF20~30前後・PA++程度の日焼け止めで十分です。

日焼け止めのSPF値は日焼けのしにくさを表しています。

たとえば、SPF30は何も塗っていない肌よりも30倍日焼けしにくいということです。

50なら50倍日焼けしにくいということです。

しかし、単純に日焼け止めの数値が高ければ高いほど、日焼けを防げるというのは間違いです。

この数値が実証されているのは、日焼け止めを皮膚1平方センチメートルあたりに、2mg塗ったときのものです。

これを顔全体塗ろうとすると、500円玉大の量を塗らなければなりません。

それよりも少ない量を塗っている場合は効果が下がってしまいます。

しかし、一般的に女性が塗っている日焼け止めの量はこの量の4分の1ほどだと言われています。

塗る量が少なければ表示されているほどの効果はありません。

 

また、化粧品であるファンデーションの中には、紫外線防止効果があるものがあります。

紫外線防止効果のあるファンデーションは紫外線散乱剤ではなく、紫外線吸収剤をメインに使っています。

一見すると弱酸性・敏感肌用で肌に良さそうなものでも、ノンケミカルではないものがあります。

ニキビ肌の方が普段使うのであれば、ノンケミカルのものがおすすめです。

ただし、リキッドファンデーションやクリームファンデーションは、油分の中に色のついた顔料を混ぜています。

また、その顔料が分離しやすいので乳化剤(界面活性剤)が添加されています。

この乳化剤は肌への刺激になり、ニキビを引き起こす原因になりやすいです。

また、これらのファンデーションは液状なので雑菌が湧きやすく、そのために防腐剤を添加しているものもあります。

 

乾燥肌の方はリキッドタイプや、クリームタイプのファンデーションを選んでしまいがちです。

しかし、ニキビ肌のことを考えるのであれば、パウダーファンデーションのほうがおすすめです。

パウダーファンデーションは水分や油分を含んでいません。

なので、防腐剤や乳化剤が比較的少なくなっています。

 

また、パウダーファンデーションは紫外線散乱剤の役目も果たしており、SPF表示がないものでも、すべてUV効果があります。

よけいな添加物が入っていないので、他のファンデーションよりも肌には優しくなっています。

パウダーファンデーションをつけていれば、日常生活での日焼け止め対策としては十分です。

ニキビがある方は日焼け止め化粧品を使わずに、パウダーファンデーションだけで日焼け対策をすることができます。

もし自分の肌が粉浮きしやすいのであれば、化粧をする前にしっかり保湿をしておきましょう。

保湿をすることは大人ニキビを予防するためにも重要です。

乾燥が原因の大人ニキビには保湿専用のスキンケア化粧水

 

また、ファンデーションの下に必ずしもベースメイクをする必要はありません。

ファンデーションを肌に直接つけても特別肌に悪いということはありません。

ファンデーションは肌についているだけでその下へと浸透することはないからです。

ただし、リキッドファンデーションやクリームファンデーションの界面活性剤や防腐剤は肌の負担になることがあります。

界面活性剤によってベースメイクとファンデーションが混ざってしまうので、ベースメイクをすればその負担が減るということはありません。

 

3、ニキビ跡がシミになってしまったときの治し方

ニキビ跡がシミになってしまった場合は、ターンオーバーを促進させることが大切です。

ターンオーバーを正常に機能させれば、メラニン色素が肌に残る前に排出させやすくなります。

しかし、ターンオーバーはちょっとしたことでも遅れてしまいがちです。

ターンオーバーが遅れるのはいくつかの原因があり、栄養バランスの悪い食生活による胃腸の機能低下・慢性的な睡眠不足・過度のストレスなどです。

これらの生活習慣を改善することで、ターンオーバーを正常に機能させることができます。

もうひとつはビタミンを摂取することです。

最近の研究では、食事で紫外線に対する抵抗力を高まるという結果もあります。

そのためには抗酸化力のあるビタミンを摂取することです。

とくにビタミンCは抗酸化力が高いビタミンです。

野菜の中ではキャベツやジャガイモ・レンコン・パプリカ・ゴーヤ・ブロッコリーなどがあります。

果物ではいちご・柿・柑橘類・キウイ・グレープフルーツ・アセロラなどがあります。

ビタミンCは肌に直接塗っても、ターンオーバーを促進させる効果があります。

ただし、ビタミンCをそのまま肌に塗っても、不安定な物質で肌に浸透しにくいという弱点があります。

その弱点を改善したのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は肌の奥まで浸透して作用します。

そのため、ターンオーバーを促進する効果があります。

 ⇒しつこいニキビ跡を消すおすすめの化粧水&美容液4本

 

また、ポリフェノールにも抗酸化作用があるので、ビタミンCと一緒に摂るとなお効果的です。

ポリフェノールが多く含まれる食べ物には、赤ワイン・緑茶・ごま・大豆・リンゴ・玉ねぎ・ブルーベリー・生姜・柿・プルーン・イチゴ・チョコレートなどがあります。

あるいは、なかなかバランスの取れた食事ができないという方は、サプリメントを活用してみるのもいいでしょう。

 

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク