脂っぽいTゾーンにできるブツブツがひどいニキビの治し方

スポンサードリンク

プリント

「Tゾーンにできたニキビが目立つんだけど、どうしたらいいの?」

「Tゾーンにばっかりニキビができるんだけどなんで?」

Tゾーンは目立つにもかかわらず、ニキビができやすい箇所なので非常にやっかいですよね。

今回はそんなTゾーンにできたニキビの治し方について紹介していきたいと思います。

 

1、なぜTゾーンにニキビができやすいのか?

まず初めにTゾーンにニキビができる原因について知っていきましょう。

Tゾーンとは顔のおでこの部分と、鼻の部分までを指す場所です。

特に皮脂の分泌が多いことから、思春期ニキビができやすい部位になっています。

このTゾーンにできるニキビは年齢に関係していることが多く、おでこから眉間にかけては特に高校生の時にできます。

とはいえ、もともと皮脂分泌が多いので、思春期だけでなく大人になってからもTゾーンのニキビに悩んでいる方も多いです。

 

なぜTゾーンは思春期にできやすいのでしょうか?

思春期はホルモンバランスが乱れすく、肌がオイリー気味になりがちです。

ニキビはできる場所によってそれぞれ要因は違いますが、その中でもTゾーンはホルモンバランスの乱れが原因であることが多いのです。

思春期の成長過程に生じる男性ホルモンの分泌されると、Tゾーンは皮脂が多く分泌されてしまいます。

その大量の皮脂が毛穴詰まりを引き起こし、アクネ菌が異常発生してニキビになります。

ニキビが炎症を起こすと、おでこには赤いまだらのようなブツブツ、鼻には大きな赤ニキビができることが多いです。

オデコから鼻にかけてのTゾーンは顔の中心で目立つ場所ですよね。

なので、この場所にニキビができるとつい触りたくなったり、潰して膿を出したくなるかもしれません。

しかし、下手をするとニキビ跡が広がってしまうので、潰すのは我慢しなければなりません。

おでこ周辺は皮ふは薄く敏感で、無理に潰したりすると痛みを伴う場合があります。

ニキビは潰すと毛穴の内部に菌が広がってしまうので、よけいに悪化してしまいます。

 

2、炎症したニキビにはニキビ薬を使ってみる

 もし炎症したニキビが大きなってきたら、ニキビに詳しい皮膚科を受診するのが一番です。

それができない場合は、ニキビ用の治療薬(ビフナイトやクレアラシル・オロナインなど)を塗っておきましょう。

Tゾーンには殺菌性があり皮脂を落ち着かせる作用がある、イオウやレゾルシンが配合された薬が効果を発揮します。

ニキビ用の医薬品は抗炎症剤と抗生物質が主成分になります。

イオウには思春期にきびの原因となるアクネ菌を殺菌し、皮脂の分泌を抑える効果があります。

レゾルシンにはニキビの炎症を抑える効果があります。

これらが配合された医薬品を使えば、ニキビの炎症を抑えたり、アクネ菌や雑菌を減らす効果が期待できます。

とはいえ、ニキビができてしまってからでは対処療法しかできません。

それよりもニキビ自体ができないように予防策を日頃からしておくことが大切です。

 

3、ニキビ予防は正しい洗顔が基本

Tゾーンのニキビを予防するには、洗顔方法に気をつけましょう。

皮脂は取り過ぎるとかえって過剰に分泌します。

また、刺激が強い洗顔料でゴシゴシ洗っていると、肌のバリア機能が破壊されニキビは酷くなるばかりです。

刺激が弱く、十分な皮脂を洗い落してくれる石鹸を使いましょう。

洗顔料は泡立つものを使用するようにし、肌を直接こすらない泡洗顔を心がけるようにします。

皮脂が過剰に分泌されていても、化粧水による保湿は不可欠となります。

 

添加物が入った洗顔料もよくありません。

肌は「過酸化脂質」と呼ばれるアクネ菌のエサになる汚れさえ落としてしまえば、特別スキンケアしなくても自然とニキビは治っていきます。

人間が生まれた時から持ち合わせている「自己治癒力」が働くからです。

添加物は科学的な成分によって、この「自己治癒力」の働きを妨げます。

泡立ちがよく肌に優しい洗顔料を使用していれば、自己治癒力は最大限の働きをするのです。

洗顔は「肌に負担をかけることなく、その日に生まれた汚れだけを落とす」ことが大事です。

過度な洗顔は、肌を傷つけるだけです。

治し方としては、洗顔は1日2回、朝と夜だけでOKです。

あるいは、朝はお湯だけにして夜は無添加石鹸を使って洗顔をするなど、自分の肌に合うように調整してみましょう。

しっかりと泡立て包み込むように洗えば、肌は傷付かずに済みます。

このサイトでは、大人のニキビケアにおすすめのスキンケア化粧品をレビューしているので参考にしてみてください。

⇨大人のニキビケアにおすすめのスキンケア化粧品3選

 

おでこのにきびを見られたくないという理由で、前髪で隠すのはにきびにはNGです。

前髪で隠すことによって、アクネ菌が繁殖しやすい環境を作ってしまい、にきびを悪化させてしまうからです。

家にいる時は、前髪を上げておくようにしましょう。

また、シャンプーやリンスの洗い残しが、おでこにきびの原因のひとつとなりますので、しっかりとすすぐということも大切です。

 

4、日本食を中心にビタミン・ミネラル・タンパク質を摂る

もうひとつ、ニキビ予防としては正しい食生活を心がけ、できるだけ自然食を口にするようにしましょう。

野菜をたくさん摂り、食物繊維が不足しないようにすることが大切です。

手軽にはじめるならビタミンとミネラルのサプリメントでもよいでしょう。

Tゾーンにきびを治すためには、脂っこい食べ物は控えるようにしましょう。

動物脂はできるだけ避け、大豆製品や野菜・フルーツなどで体にいいタンパク質・ビタミン・ミネラルを摂ることです。

食文化でいうと欧米食は脂肪分が多く、ビタミンや繊維類が不足しがちでニキビによくありません。

現在欧米食に偏っている人は、日本食に切り替えていきましょう。

日本食は食物繊維とビタミン、酵素が豊富で大腸の働きを整えてくれます。

 

特にビタミンBやビタミンCには、皮脂の分泌をコントロールする働きがあります。

Tゾーンのニキビを治すためには、ビタミンBを多く含む食品を積極的に摂るようにしましょう。

具体的には、緑の野菜や大豆類にビタミンBが多く含まれています。

また、飲み物であれば豆乳をおすすめします。

豆乳には大豆イソフラボンも豊富に含まれていますので、ホルモンバランスの乱れが原因のニキビにもある程度効果的に作用してくれます。

豆乳の中でも添加物が含まれていない、成分無調整の投入をおすすめします。

あとは1日6時間以上の睡眠を心がけ、適度な運動で生活習慣を整えましょう。

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク