お尻と太ももにできた生理前の大人ニキビを治した体験談

スポンサードリンク

お尻にニキビ

「お尻にできたニキビをなんとかしたい、、、」

「生理前になるとニキビができるんだけど、どうしたらいいの?」

ニキビは顔だけじゃなくて他の体の部分にもできてしまいますよね。

今回は太ももとお尻にできたニキビを治した体験談と一緒にニキビの治し方を書いていきたいと思います。

 

1、生理前になるとお尻と太ももにニキビができていた

「私は以前は生理前に大量にできる大人ニキビに悩んでいました。

でも正しいケアをすることで、ほぼ克服することができたんです。

私の大人ニキビの多くは、お尻と太ももの境目にできていました。

ひとつひとつのサイズは小さいけれど、片側に5個ずつくらいできて量が多い分とても邪魔でした。

下着の脱ぎ着の時や立ったり座ったりする時に痛むから、そっと手で押さえながら動く必要があって面倒だったんです。」

 

女性の方で生理前に大人ニキビができてしまうという方は多いようです。

大人ニキビの場合はあごやほおなど、特定の場所に繰り返しできて治りにくいという特徴があります。

人によってニキビができる箇所は様々で、この方の場合はお尻と太ももの境目にできやすいようです。

この箇所は立ったり座ったりするときに痛いので、とても辛かったと思います。

しかし、正しいケアをすることで大人ニキビを治すことができます。

 

 2、ごしごしと洗ったらニキビが悪化した

「私は最初はこれを、お風呂でしっかり洗えていないことが原因だと思っていました。

そこで、予防のためにボディーソープを多めにつけて、ごしごしと洗うようにしたんです。

すすぎも、手でこすりながらしっかりとおこなうようにしました。

毎日ヒリヒリするくらいに洗ったので、これでもう大丈夫と思っていました。

しかし、次の生理が来る1週間くらい前に、それまでよりも多くの大人ニキビができてしまったんです。

しかも鏡で見ると、その周辺の肌が赤黒くなっていたのに唖然としました。」

 

大人ニキビの治し方を勘違いしている方も多いです。

思春期のニキビは成長期のホルモンバランスが乱れることが原因です。

男性ホルモンが過多になってしまい、そのせいで皮脂が過剰分泌されるようになります。

思春期のニキビはこの方が行ったように、しっかりと皮脂を落とすことが大切でした。

しかし、社会人になってからの大人ニキビはそのケアでは逆効果になります。

加齢によって肌の水分量が減ってきているので、洗浄力が強いものを使うとよけいに肌が乾燥してしまいます。

もちろんごしごし洗ったり、手でこするのもNGです。

案の定、この方も間違ったスキンケアによって肌が荒れてしまったようです。

 

3、大人ニキビは保湿ケアをすることで治る

「きっと洗いすぎが原因だと思った私は、今度は入浴後の保湿ケアをしっかりとおこなうことにしてみました。

調べてみると、大人ニキビは肌が乾燥すればするほど、できやすくなるらしいことが分かったんです。

乾燥することで、皮脂の分泌がさかんにおこなわれるようになることが原因だと考えました。

洗えば洗うほど、肌が皮脂でベタベタになって、ニキビができやすくなってしまうというわけです。

だったら乾燥しないように肌を潤わせようと思って、私は保湿クリームを使い始めることにしました。

炎症を抑える成分も配合されている薬用の保湿クリームだから、ニキビ予防には最適だと思ったんです。」

 

洗いすぎが原因だと特定した観察眼はすばらしいと思います。

そして、保湿ケアを徹底するということは、大人ニキビを治すために非常に有効です。

大人ニキビは肌が乾燥すればするほどできやすくなるのも正しいと思います。

肌が乾燥すると、毛穴に古い角質がつまりやすくなります。

さらに、乾燥を防ごうとして、皮脂が過剰に分泌されるようになってしまいます。

皮脂でベタついているから自分はオイリー肌だと思っている方も多いのですが、本当は肌が乾燥している上に皮脂過剰になっている混合肌(もしくはオイリードライ肌・インナードライ肌と呼ばれます)である可能性が高いです。

肌の乾燥を防ぐためには、保湿成分入りの化粧水かジェルを使うのがいいかと思います。

さらに、炎症を抑える成分も配合されているとニキビ予防には最適ですね。

このサイトではおすすめの大人ニキビ用のスキンケア化粧品をレビューしているので参考にしてみてください。

大人ニキビにおすすめのスキンケア化粧品3選

 

また、お尻の肌を保湿をすることも大切です。

お尻を保湿することによって肌荒れを防ぎ、なめらかで柔らかいお尻にすることができます。

お尻は顔と比べても皮膚が厚く、お尻専用のスキンケア用品を使ったほうがいいでしょう。

特に、つけた後にサラッとしていて、使いやすいジェルタイプのものがおすすめです。

乳液やクリームでは保湿をしたことにはなりませんし、そもそもお尻がベタついて蒸れやすくなり、余計にニキビを悪化させてしまう可能性もあります。

保湿成分にはヒアルロン酸・コラーゲン・プラセンタなどがあります。

また、ニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムやサリチル酸も有効です。

お尻専用の保湿ジェルとしては、Peach Rose がおすすめです。

Peach Roseは、お尻のニキビ・黒ずみ対策専用の保湿ジェルです。

このジェルにはヒアルロン酸・コラーゲン・プラセンタ・グリチルリチン酸ジカリウムなどがすべて入っているので、保湿をしながらニキビの炎症を抑えることができます。

Peach Roseの詳細はこちら

 

 4、ターンオーバーを整えるとさらに肌はキレイになる

「それからさらに調べてみると、ニキビの中でも大人ニキビはホルモンバランスの乱れと肌のターンオーバーの遅れも原因となっていることが分かりました。

なので、私はホルモンバランスを整える作用のあるイソフラボンと、ターンオーバーを促すビタミンAとビタミンBとを積極的に摂取してみたんです。

具体的には、豆乳と野菜で作ったスムージーを毎朝飲むことにしました。

保湿クリームによる体の外側からのケアとスムージーによる体の内側からのケアとで、私の大人ニキビは半年ほどですっかり治りました。」

「今ではストレスや疲労がたまってしまった時に、1〜2個できるという程度にまで落ち着いています。

治したことで赤黒くなってしまった肌も白くなってきたし、手触りまで変わってきたのはとても嬉しいです。

それまではゴワゴワとした感触だったけど、今はなめらかな感じになったんです。

原因を調べた上で適切な方法で治したことが、功を奏したと思っています。」

 

思春期では成長期の影響によって、ホルモンバランスが乱れることがあると説明しました。

大人になってもストレスや食生活の悪化・睡眠不足などで、ホルモンバランスが乱れることがあります。

結果として、肌の再生であるターンオーバーが遅れてしまうというわけです。

イソフラボンは女性ホルモンに似た構造をしているため、ホルモンバランスを整える効果があると考えられています。

ターンオーバーを整えるのには植物性のタンパク質とビタミンA、ビタミンB群を摂るのが効果的です。

サプリメントで摂るのもいいのですが、この方のように豆乳と野菜で作ったスムージーもいいでしょう。

そのほうが他の栄養素も補えてより効果があると思います。

しかし、どんなニキビケア方法でも、長期的に続けることが大切です。

スムージーを作るのが面倒くさい、もしくは苦手で飲めないのならサプリメントに頼ってみるのもいいでしょう。

ニキビケアは外側からと内側からの両方のケアが必要です。

自分のニキビの原因が間違ったスキンケアなのか、食生活の乱れ・睡眠不足・過度のストレスなのかを見直してみましょう。

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク