肌に繰り返しプツプツできる白ニキビの原因と治し方

スポンサードリンク

白ニキビ原因治し方

「顔にプツプツと白ニキビができているんだけど、どうしたらいいの、、、?」

白ニキビは古い角質や、酸化した皮脂が毛穴に詰まるとできてしまいます。

白ニキビを予防することで、炎症した赤ニキビや膿がたまった黄色ニキビも防ぐことができます。

毛穴が詰まってしまうのは、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れるからです。

白ニキビを治すためには生活習慣を改善し、正しいスキンケアを行いましょう。

1、どうしてプツプツ肌になってしまうの?

白ニキビができると、肌がプツプツとして嫌ですよね。

かと言って、潰すとニキビ跡になったり毛穴が広がるし、「どうにかして治したい!!」と思っている方も多いのではないでしょうか。

白ニキビは閉鎖面皰(へいさめんぽう)やコメド、角栓とも呼ばれています。

鼻や頬・おでこに毛穴の詰まった、白い固まりのようなものができたりしますよね。

これができるとイチゴ鼻になって目立ったり、つい鼻パックや毛抜きで抜きたくなってしまいます。

では、この白ニキビがどうしてできてしまうのかを順番に解説していきます。

プツプツ肌の白ニキビは古い角質や、酸化した皮脂によって毛穴が詰まっている状態です。

白ニキビそのものはまだ炎症していませんが、毛穴をふさいでしまっているので、どうしても毛穴の内部に皮脂や雑菌・アクネ菌がたまりやすくなります。

また、アクネ菌は嫌気性(空気に触れることを嫌う性質がある)があり、皮脂を餌とするので詰まった毛穴は繁殖するために都合のいい環境になってしまいます。

このようにして、毛穴内でアクネ菌が増殖していくと次第に炎症した赤ニキビになります。

こうなると皮膚が盛りあがったり、赤みを帯びた炎症が目立つようになってしまいます。

赤ニキビになると治るのに時間がかかってしまいますし、ここからさらに悪化してしまうことも考えられます。

赤ニキビがさらに悪化すると、膿がたまった黄色ニキビになります。

赤ニキビや黄色ニキビは完治するのにかなりの時間がかかってしまうので、白ニキビができている段階で対策をすることが重要です。

白ニキビはすべてのニキビの元凶であり、ニキビの初期段階というわけです。

この白ニキビを予防することさえできれば、赤ニキビができたりニキビ跡になって困るということもなくなります。

ではどうして白ニキビはどのようにしてできてしまうのでしょうか?

次は白ニキビができる原因を探っていきましょう。

 

2、白ニキビができる主な原因はターンオーバーの乱れ

白ニキビができるのは、ターンオーバーの乱れが原因です。

「ターンオーバーって聞いたことあるけど、一体なんなの?」という方もいるかと思います。

初めて聞いた方に説明すると、ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのことを指します。

皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3つからなっています。

その中でも、表皮はさらに基底層・有棘層・顆粒層・角質層の4層構造になっています。

基底層で作られた細胞は次第に肌の表面へと押し上げられていき、角化細胞になります。

最終的に一番外側まで上がっていき、最後はアカとして剥がれ落ちるようになっています。

この一連のサイクルがターンオーバーです。

このように、肌は毎日再生されており、古い表皮ははがれ落ちて常にキレイで新しい状態を保とうとします。

この循環が正常に働いていると、肌が荒れたり、ニキビができるのを防ぐことができます。

このターンオーバーは、およそ28日間ですべての肌が生まれ変わるとされています。

しかし、何らかの原因でこのサイクルが乱れ、健康な肌と比べて再生に時間がかかるようになります。

肌の古い角質がなかなかはがれ落ちないので、毛穴がつまりやすくなるんです。

皮脂と角質が混ざり合って、毛穴の詰まりをどんどん大きくしていきます。

そうなると肌はキレイな状態を保てなくなり、プツっとした白ニキビができやすくなります。

 

どうしてターンオーバーが乱れてしまうのでしょうか?

一概には言えませんが、生活習慣の乱れが大きな影響を与えています。

生活習慣というと、食生活・睡眠・タバコや飲酒の有無・日々の運動などを指します。

これら日常での習慣が毎日の肌を作っていると言ってもいいでしょう。

「う〜ん、、、そうは言っても特に暴飲暴食したりもしないし、普通なんだけどなぁ。」と思っている方は意外に多いものです。

自分では自覚しないからこそ、生活習慣の乱れはやっかいな原因とも言えるでしょう。

自分で分かっていれば直すこともできますが、自分で分かっていないため直しようがないという状態になってしまいます。

これらの生活習慣の中でも、睡眠時間は特に大切です。

睡眠不足は思いのほか肌に悪影響を及ぼします。

自分ではそれなりに睡眠時間をとっているつもりでも、身体は睡眠不足に悩まされているということがあります。

部屋の照明を暗めのものに変えたり、寝具を新調してみる、スマホを寝る前に使いすぎない工夫をして睡眠の質を上げるといいでしょう。

他にも、食生活やストレスもターンオーバーが乱れる原因になります。

食生活では、普段の食事の栄養バランスが悪いとターンオーバーが乱れてしまいます。

野菜やフルーツをあまり食べない人は、肌の再生に必要なビタミンやミネラルが不足しやすくなるからです。

これらの原因が積み重なって、ニキビができやすい肌荒れがなかなか改善されないという状態になってしまうわけです。

 

3、白ニキビの予防と治し方

では、具体的にどうすれば白ニキビを治すことができるのでしょうか?

へたに潰すと悪化したり、ニキビ跡になってしまいます。

自分で潰したくなるのは、潰せばぱっと見はニキビが消えたように見えるからですよね。

爪にはたくさんの雑菌がついているので、爪でひっかいたり押し出そうとしないでください。

白ニキビを治すには生活習慣を整えることと、正しいスキンケアが大切です。

この2つを改善させれば、ターンオーバーを整えることができます。

今回は、白ニキビを治すための洗顔と保湿について説明していきたいと思います。

 

洗顔は優しく洗うことと、しっかりすすぐことが大切です。

ゴシゴシ洗わずに、泡を転がすようなイメージで顔を洗いましょう。

泡を作るときには、洗顔ネットを使うと簡単に泡が作れます。

もうひとつ、白ニキビを治すためにはルナメアACなどニキビ肌専用のスキンケア化粧品を使ってみるのもいいでしょう。

ルナメアACの洗顔料はファイバースクラブが配合されているので、肌をむやみに傷つけることなく古い角質や汚れを取り除くことができます。

また、ターンオーバーが乱れていると、肌のバリア機能が低下しています。

このときに肌によけいな刺激を与えると、ニキビがさらに悪化してしまいます。

肌の状態を見ながら、ニキビに有効な成分が入っているスキンケア化粧品を選びましょう。

詳しくはニキビケアにおすすめのスキンケア化粧品で紹介しているので、参考にしてみてください。

大人のニキビケアにおすすめの化粧品3選

すすぎはぬるま湯で洗顔料を洗い流します。

すすぎ残しがないように、生え際やこめかみなどは特に注意して洗い流しましょう。

洗顔をし終わったら化粧水で保湿します。

 

乾燥肌の人だけでなく、ニキビのできやすいオイリー肌の人も保湿は必要です。

しかし、保湿をするために、乳液やクリームを使う必要はありません。

「あれ?化粧水を使ったら、乳液やクリームで肌にフタをすればいいんじゃないの?」と思われるかもしれません。

化粧水を使ったあとに、油分で肌にフタをするというのは古い考え方です。

ニキビを引き起こす原因になるアクネ菌は、油分をエサにして増殖します。

乳液やクリームを使うと、逆にニキビを悪化させる可能性があります。

最近は角質層の研究が進み、肌の水分を守っているのは油分ではなくセラミドやNMF(Natural Moisturizing Factor:天然保湿因子)であるということが分かってきました。

セラミドやNMFなどの保湿成分が、肌の水分とくっついて蒸発するのを防いでいます。

これらの保湿成分を含むスキンケア化粧品を使えば、肌のうるおいを補うことができます。

保湿をすると肌が柔らかくなり毛穴がつまりにくくなるので、白ニキビ予防に繋がるというわけです。

乾燥が原因の大人ニキビに効くセラミド化粧水おすすめ3つ

 

まとめ

白ニキビは古い角質や酸化した皮脂が毛穴に詰まってできます

白ニキビを予防すれば、炎症した赤ニキビや膿がたまった黄色ニキビも予防することができる

毛穴が詰まりやすくなるのは肌のターンオーバーが乱れるから

ターンオーバーが乱れるのは生活習慣、特に睡眠不足が原因

白ニキビを治すためには生活習慣を改善し、正しいスキンケアをする

洗顔をするためには肌に負担がかからないスキンケア化粧品を選ぶこと

保湿をするのに油分は必要なく、セラミドやNMFなどの保湿成分が大切

 

 

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク