かゆい背中ニキビができる原因と跡に残さない3つの治し方

スポンサードリンク

背中ニキビ

「背中のニキビが全然治らないんだけど、、、」

「背中にニキビができちゃってかゆい!!」

背中は知らないうちにニキビができる箇所です。

むずむずかゆいのに、なかなか治らなくてつらいですよね。

そんな背中のニキビができる原因を知って、キレイに治すための方法を実践していきましょう。

 

1、背中のニキビは早期発見が大切

ニキビは顔ばかりに出来るものと思われている人も中にはいるかもしれませんが、実際のところは一概にそうとは言い切れません。

背中や胸元といったように毛穴に皮脂や汚れが溜まりやすいところ、あるいは手入れが行き届きにくい場所であればニキビができる可能性は十分に考えられます。

普段、洋服で隠れる場所であればまだいいのですが、それが薄着になる季節や露出が多くなるタイミングであれば何かしらの対処が必要です。

特に背中のニキビは普段目が届きにくいことから手入れが後回しになりがちです。

しかし、背中は自分の目では見ることができませんし、鏡を使っても全体を見ることも難しいですよね。

そのためニキビができていることに気づきにくい上、気づかないうちに悪化してしまいがちです。

「気が付いた時には背中にニキビがたくさんできていた、、、」ということもあります。

 

ニキビができたり治ったりを繰り返していると、ニキビ跡が残ってしまうので要注意です。

気になる人は一度自分の背中の姿をお風呂場などでチェックしてみましょう。

もしかすると意外にニキビができていて、見た目に影響が出ている可能性もあります。

気づいたときには「背中がニキビ跡だらけで汚い、、、」と悩んでいる方も多いです。

そのため、背中のニキビはできないようにしっかりと予防することが大事と言えます。

予防しておけば、仮にできたとしても悪化が防がれやすくなりますし、悪化しなければニキビ跡も残りにくくなります。

まずは背中にニキビができる原因を見てみましょう。

 

2、背中にニキビができる原因

背中のニキビも、基本的には顔にできるニキビと同じようにできます。

最初は古くなった角質や、酸化した皮脂が毛穴に詰まっていきます。

詰まった毛穴の内部で、次第にアクネ菌が異常繁殖してしまいます。

アクネ菌が繁殖してしまうと、炎症を起こしてかゆい背中ニキビができてしまうというわけです。

背中は身体の中でも皮脂線が多い場所です。

皮脂が多く分泌されるので、それをエサとしてアクネ菌が繁殖しやすくなります。

他のニキビと同様に、食生活の乱れ・睡眠不足・慢性的なストレスもニキビができる原因になります。

これらの生活習慣は自分でも気づかないうちにニキビを作ってしまうことがあります。

自分の生活で見直しができる箇所がないかチェックしてみましょう。

 

さらに、背中は他の原因によって、ニキビができやすい場所でもあります。

意外に知られていないのが、服のこすれによる刺激で肌が荒れです。

インナーが肌に合っていなかったり、汗をかいたままにしておくと雑菌が繁殖しやすくなります。

とくに寝ているときは汗をかきやすく、仰向けで寝ている人は背中と布団が密着して背中への刺激が強くなりがちです。

インナーは肌に直接触れる衣類なので、質の高いものを着てみてください。

今はオーガニックコットンのインナーも出回っています。

寝るときは寝返りをうちやすい寝具に変えたり、最初は横向きで寝てみたりと工夫してみましょう。

 

シャンプーやリンス、ボディーソープの洗い残し・背中の洗い忘れも背中ニキビができる原因のひとつです。

シャンプーやリンスなどの洗い残しは背中の肌を荒らしてしまいます。

体を洗うときも頭を洗うときも、すすぎは念入りに行ってください。

また、背中は見えない部分なので、洗い忘れることもあります。

「ちゃんと洗ってるんだけど」と思っていても、意外と背中をちゃんと洗えていなかったりします。

それは背筋を伸ばした状態だと、背中の中心が少しくぼんでしまうからです。

背中を洗うときは体を丸めるようにすると洗いやすくなるので試してみましょう。

ただし、強くこすると傷がつくので、優しく洗ってください。

 

3、背中ニキビの治し方

炎症してしまった背中ニキビの治し方としては、ニキビができている部分を中心に、抗炎症剤を塗りましょう。

抗炎症剤は皮膚科で処方してもらうことができます。

クレアラシルやビフナイトなどの市販品は、ドラッグストアで買うこともできます。

また、医薬品ではなく薬用化粧品を使用することも有効です。

特にグリチルリチン酸ジカリウムやグリチルリチン酸ステアリルは抗炎症作用がある上、植物性なので肌に優しく、これが配合されている薬用化粧品には人気があります。

このサイトではおすすめのニキビケア用スキンケア化粧品をレビューしているので、もしよかったら参考にしてみてください。

⇒ニキビケアにおすすめのスキンケア化粧品3選

こういったものを塗ることで、軽度の背中ニキビの場合は、跡を残すことなく早めに治せることが多いです。

また、肌の生まれ変わりを促すことも、背中のニキビの治し方としては有効です。

古い角質がいつまでも残っていると、それが原因となってニキビができやすくなったり、治りにくくなったりするからです。

肌の生まれ変わりは、ビタミン系のサプリメントを飲んだり、ビタミンC誘導体が配合されている薬用化粧品を使用したりすることで、促進することができます。

 

背中のニキビの予防方法としては、洗浄力のマイルドな石鹸で洗い流し、その後保湿成分が配合された基礎化粧品でケアをすることが有効です。

背中は顔や手足と異なりケアをしにくい部位なので、うるおいが不足しがちです。

うるおいが足りないと、体は乾燥を防ぐために皮脂を過剰に分泌するようになります。

その皮脂が毛穴に詰まることで、ニキビができてしまうわけです。

そのため洗いすぎないように気をつけたり、保湿成分を補充したりすることで乾燥が防がれ、結果として背中ニキビも防ぐことができます。

保湿ケアと聞いてピンとこない人もいるかもしれませんが、肌の状態をより良くしていくには肌の保水率を高めるのが一番です。

乾燥を防ぐことによって、肌本来が持つターンオーバーの機能をより高めていきます。

この機能によって古い肌が自然と押し出されて、新しい皮膚が出てきます。

つまり、にきびのあった皮膚層、その跡も綺麗にしていくことができるんです。

保湿であれば市販されている保湿ローションが活用できますし、人によっては顔に使用している化粧品を併用していくというケースもあるでしょう。

化粧品の選び方、活用方法によってはその費用を最小限に抑えることもできるので、必要以上にお金をかけたくはないという人にもおすすめです。

 

とはいえ背中は手が届きにくい場所なので、ケアは簡単ではありません。

特にローションタイプの基礎化粧品の場合、塗る前に垂れてしまうことがあります。

そのため背中のケアには、ジェルまたはクリームを使用するといいでしょう。

おすすめは「ラ・クラルテ」のエクストラモイスチャージェルです。

【ラ・クラルテ】エキストラリッチモイスチャージェル

オールインワンタイプのジェルで、保湿成分が高濃度で配合されています。

DNA修復促進物質としてFDA(米国食品医薬品局)で機能強調表示を唯一認められた話題成分AC-11を高濃度配合。

他にも限界濃度で保湿成分のヒアルロン酸を配合しており、プロテオグリカン・EGF・FGF・IGF・コラーゲン・プラセンタという高級成分を使っています。

また、肌が弱い人でも使いやすいように、パラベン・着色料・香料・紫外線吸収剤・鉱物油などは無添加です。

このジェルを首の後ろから、そして腰から手を伸ばして塗ることで、背中全体がうるおうようになります。

このようにケアをしていると、ニキビができにくくなるだけでなく、ニキビができ始めている場合にすぐに気づくことができます。

そして早期に発見できたニキビは、比較的簡単に治すことが可能です。

気になる症状がある場合には一度ここで挙げたポイント、ニキビの治し方を参考にしてみるといいでしょう。

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク