大人ニキビの原因と正しい対策方法【洗顔・化粧水・食事・サプリメント】

スポンサードリンク

OL

「大人ニキビができちゃったんだけど、どうすればいいんだろう…」

「早くニキビを治す方法が知りたい!」

社会人になってもニキビに悩んでいる人は男性・女性に限らず、たくさんいます。

このページでは、大人ニキビの対策方法を洗顔・化粧水・食事・サプリメント別に紹介しています。

 

大人ニキビを治すためには正しい知識が必要

大人ニキビは、思春期にできるニキビより治りにくく、ニキビ跡も残りやすくなります。

大人ニキビをきれいに治すためには、まず正しい知識を持つことが重要です。

10代のニキビとは違い原因が複雑で治りにくいとも言われているので、早めの対策で予防しましょう。

大人ニキビができるメカニズムは、皮脂と古い角質が混ざりあって毛穴が詰まり、そこでアクネ菌などの影響で炎症が起こるというものです。

ニキビの主な原因は「過剰に分泌される皮脂」ですが、大人ニキビは「新陳代謝が(ターンオーバー)」がうまくできずに、残ってしまった古い角質や、油分の多い化粧品などが毛穴にたまり、炎症を起こすことが多いでしょう。

また、ストレスや生理などのホルモンの乱れも、大人ニキビには大きく影響します。

バランスが乱れると、皮脂の分泌が過剰になり、大人ニキビができやすくなります。

今回注目していただきたいのは、肌の乾燥による影響です。

毛穴が詰まって炎症を起こすというよりは、肌の乾燥によって肌が弱り、この結果ニキビができていることがほとんどです。

毛穴からアブラが出てべたべたする、ギトギトしていることに注目し、アブラを落とすことに集中しがちですが、実はたっぷりと保湿し肌を整えることが一番の解決策になります。

加齢とともに皮脂の分泌量は減少し、肌の水分保持力も低下します。

男性の方も、洗顔後、肌がつっぱっていなくても化粧水、美容液か乳液で保湿ケアをしたほうがいいです。

たっぷりと保湿をしてあげることで肌が回復し、ニキビがすっと引いていくことがほとんどです。

できるニキビの数も減ってくることが実感できると思います。

大人ニキビを治す基本はとにかく保湿ともいえるので、丁寧な保湿を心がけてみてください。

また、「ニキビの炎症を止める成分」にプラスして「美肌成分」を意識して取り入れられると、驚くほど肌が生き返ることが期待できます。

甘草エキスやグリチルリチン酸などの消炎作用の有効成分に加えて、ビタミンC誘導体、セラミド、コラーゲン等の美肌成分にも注目してください。

大人ニキビは普段の生活やストレスなどの心身の状態を振り返ることと、間違ったスキンケアをしていないかスキンケアの見直しが必要です。

スキンケアを見直す際に、ひとつ知ってほしいことは「石油系界面活性剤」が使われている化粧品があるということです。

界面活性剤とは、水と油の仲を取り持つ働きをするものです。

科学的にいうと、「2つの性質が異なる物質の表面=界面に作用する物質の総称」です。

界面活性剤を使用すると、化粧品の油分と水分を混ぜ、その状態を長時間維持することができます。

この乳化作用は、水と油を混ぜて作る化粧品には欠かすことができません。

界面活性剤は大変優れた機能を持っていて、化粧品だけでなくあらゆる分野で活躍していますが、その種類が問題です。

自然界に存在する界面活性剤の多くは、安全性は高いものの機能は少し劣ります。

一方、合成されたものの多くは機能性が高く、自然界に存在するものよりはるかに長時間安定させる働きがあるのです。

機能性が非常によく、コストも低く抑えられるので、化粧品メーカーは「石油系界面活性剤」を使用した化粧品を多く作っています。

肌のバリア機能を弱めたり、たんぱく質を変質させたりする危険性もあると言われています。

ニキビが治っても、ニキビのできやすい肌になってしまう可能性があります。

そこでまずは、スキンケアの基本である「洗顔」を変えてみることがおすすめです。

石油系界面活性剤が使われているクレンジングや洗顔料というのは、肌に必要な皮脂まで無理やり落としてしまうので、肌は皮脂を過剰に分泌するようになっていきます。

オイリー肌や、脂性肌なのに、インナードライ肌という混合肌の原因になっていることがほとんどです。

なので、「石油系界面活性剤」を使用している洗顔料を使用することはひかえたほうがいいでしょう。

含まれていないものを探すときには、商品パッケージや、ホームページなどに必ず記載してあるのでチェックしてみてください。

石油系界面活性剤の入った化粧品を使い続けると、いつまでたってもニキビの数が減らないばかりか、乾燥小じわやしみ、くすみの原因になってしまいます。

洗顔から見直して、うるおいのあるきれいな肌を手に入れましょう。

 

洗浄力の強い洗顔料は使わないこと

ニキビは思春期など若い世代に特に多い肌の悩みですが、成長とともにホルモンバランスが整う、皮脂の過剰な分泌がおさまるなどで自然と改善することは少なくありません。

そしてターンオーバーの機能も活発なので、ニキビ跡も残らず、きれいに治ることも多くなっています。

それに比べて、大人世代にできる大人ニキビは過剰な皮脂の分泌だけではなく、ストレス、食生活の乱れ、乾燥、ターンオーバーの機能の衰え、喫煙、飲酒、睡眠不足など様々な要因で起ります。

改善にも時間がかかることが多く、さらにターンオーバーの機能も衰えていますので、ニキビ跡がいつまでも残ってしまうことも珍しくありません。

できるだけ早く改善していくためにも、跡を残さないためにも、しっかりと対策を行っていきたいところです。

自宅で行えるニキビケアといえば、まずはスキンケアの見直しがあげられますが、洗顔は特に大切ですので、こちらもしっかり見直していきましょう。

大人の場合もやはり過剰な皮脂は取り除いておきたいですが、このときに洗浄力の強すぎる石鹸を選ぶことは避けましょう。

洗浄力の強い石鹸は洗い上がりはさっぱりして気持ちも良いですが、乾燥を招きやすい傾向にあります。

ある程度の皮脂は肌には必要なものですので、取り除いてしまうと肌は乾燥しますし、乾燥するとさらに多くの皮脂が分泌される傾向にあります。

そうなると毛穴も塞がりますので、ニキビがさらに悪化してしまう可能性もあります。

それゆえ、洗顔を行うときはできるだけ肌に優しい、過剰に皮脂を落としすぎないものを選んで優しく洗っていきましょう。

石鹸や洗顔フォームの成分が残っていることも良くありませんので、洗い流しも丁寧に行います。

そして、皮脂や毛穴の汚れを落としたいからとゴシゴシこすることは肌に刺激となり、ニキビ跡が残りやすい原因ともなります。

まずは、石鹸は泡立てネットなどを利用してしっかり泡立て、余計な力を加えずに泡で優しく洗っていきましょう。

洗顔にはお湯を使う人も多いですが、あまりに温度が高すぎると肌の乾燥につながりますので、ぬるま湯を使います。

洗った後は水分を拭きとる必要がありますが、このときもゴシゴシふき取るのではなく、品質の良いタオルで優しく水分を取り除いていきましょう。

洗顔石鹸や洗顔フォームも色々な種類がありますので、それぞれの肌質や悩みに合わせて選んでいきましょう。

まず、ニキビの原因はアクネ菌ですので、悪化を防ぐためにはアクネ菌の増殖を抑えるタイプを選ぶこともおすすめです。

さらに、毛穴に詰まった汚れを落とすのは困難ですが、天然クレイの洗顔は優しく汚れを吸着し、肌にも優しくなっています。

毛穴の汚れが気になる人はこうしたタイプを選んでみてはいかがでしょうか。

さらに、大人ニキビは肌のターンオーバーの機能が衰えていることでも起こりますが、ピーリング効果のある石鹸を選んでおけば、洗顔をしながら優しく古い角質や毛穴の詰まりを取り除いていくことができます。

ニキビケアに役立つことはもちろん、くすみの改善にも役立ちます。

肌の潤いを保つことも大事ですので、乾燥しがちな人は潤い成分が豊富に含まれたタイプを選ぶこともおすすめです。

いずれのタイプを選ぶにしても、肌に刺激がないもの、負担となる余計な成分が入っていないものを選ぶことが大事です。

皮脂が気になる人は、洗顔の回数を増やしがちですが、洗いすぎることも良くありませんので、朝晩に丁寧に行います。

洗顔料はニキビケア専用のものが、余分な皮脂だけを取り除き、必要な皮脂は残してくれるためおすすめです。

また、化粧水はアクネ菌が繁殖しにくい処方になっており、肌のうるおいを保ったままニキビの炎症を抑えることができます。

大人のニキビケアにおすすめのスキンケア化粧品3選

大人世代はメイクを行うことも多いので、まずはクレンジングでメイク汚れをきちんと落としておいてください。

この際も刺激がなく、汚れをしっかり落としてくれるタイプを選ぶことがおすすめです。

疲れた日はメイクを落とさず、そのまま寝てしまうという人もありますが、そうした行為は大人ニキビを悪化させることにつながります。

短時間で落とすことができますので、寝る前には肌はできるだけ清潔な状態にし、睡眠中の肌の回復を高めていきましょう。

 

大人ニキビの再発を防ぐには正しいスキンケアと生活週間の改善が一番効果的

ニキビと聞くと一般的には思春期の頃に発生するものと考えている人も多いのですが、必ずしもそれだけとは言いきれないです。

なぜなら、思春期をとっくに過ぎている社会人になっても、ニキビに悩まされている人はたくさんいます。

この大人になってから発生するニキビのことを大人ニキビと言い、思春期の頃のニキビとは区別されています。

この思春期のニキビと大人ニキビは発生する原因が異なっているので、取るべき対策も異なってくるのです。

思春期の頃にできるニキビは体内のホルモンバランスの変化が一番の原因で、具体的には男性ホルモンの分泌が増える事が関係しています。

体内の男性ホルモンの分泌量が増加してくると、その影響で自然と分泌される皮脂の量が増加していきます。

ニキビは詰まった毛穴の中に皮脂が溜まり、その皮脂をエサとするアクネ菌が繁殖することによって発生します。

そのため皮脂の分泌量が増えるとアクネ菌の繁殖が活発になり、その結果としてニキビができてしまうことになります。

これに対して大人ニキビは皮脂の分泌量が原因になるのではなく、直接的な原因は別のところにあります。

この大人ニキビの原因として最も大きいのが肌のターンオーバーが、若いときよりも遅くなってしまうという点になります。

人間の肌は常に古いものが剥がれ落ちて新しいものに変わっているのですが、この肌の変化のことをターンオーバーと呼びます。

若いときには肌のターンオーバーは活発に行われているのですが、年齢を重ねてくる事で自然とそのスピードが遅れてきます。

肌のターンオーバーが遅くなると肌表面に古い角質が厚く溜まり、それが原因で毛穴が塞がりニキビが発生してしまいます。

それ以外にも大人になると仕事等でストレスを溜めたり、生活のリズムが不規則になったりすることが増えてきます。

こうしたことも肌の状態には悪影響を及ぼす事になり、更に大人ニキビの発生の誘因となります。

このように思春期のニキビと大人のニキビではまったく原因が違ってくるので、それぞれの原因に合わせた対策を講じる必要があります。

大人になってからのニキビに思春期のニキビと同じ対策を講じても、期待する効果を得るのは難しいのです。

ニキビを予防したり改善したりするための具体的な対策としては、日常のスキンケアと生活習慣を見直すのが効果的とされています。

洗顔方法の見直しに関しても思春期と大人では異なってくるので、いくつかのポイントを押さえることが重要になります。

まず思春期のニキビに関しては原因が皮脂の分泌量の増加なので、この皮脂を抑えることが一番のポイントだと言えます。

具体的にはこまめに洗顔を行って肌表面を綺麗な状態に維持して、汚れや皮脂を肌表面から取り除くことが大切です。

ただし、皮脂は肌表面をバリアする役割も持っているので、取り過ぎると肌の乾燥を招いてしまうことになります。

そのため洗顔後は化粧水や乳液等を使って、きちんと肌表面を保護して乾燥を防ぐことが重要だと言えます。

次に大人ニキビの予防や改善の具体的な対策についてですが、こちらも洗顔をしっかり行うことが基本となります。

ただし、大人になると日常的に化粧をしている人も多いため、顔を洗う前にメイク落としというワンクッションが必要になる場合があります。

メイク落としをしっかり行わないと肌表面にいつまでもメイクが残って、それがニキビの要因となる可能性も否定出来ないです。

しかし、力を入れてメイク落としをすると、その動作自体が肌にとって大きな刺激となり乾燥を招くことがあります。

そのためメイク落としをする際には指の力を抜いて、軽く肌を撫でるようにクレンジング剤を滑らせるのが望ましいと言えます。

洗顔後のスキンケアに関しては、保湿力の高い化粧水を使って充分な保湿を行うことがポイントになります。

大人ニキビは肌のターンオーバーが遅くなっているのが原因なので、硬くなった肌表面をほぐす効果のあるスキンケア用品を使うと効果的です。

加えて乾燥が気になるという場合には保湿力の高い化粧水等を使うと、肌がしっとりと柔らかくなる効果が期待できます。

こうした日々のスキンケアを丁寧に気を抜かずに行うことで、少しずつニキビの改善や予防効果が発揮されてきます。

 

正しいスキンケアをすれば、綺麗に治すことができる

大人ニキビを改善するためには、日ごろのケアが欠かせません。

大人ニキビは、20代後半になっても消えないニキビを言います。

青春時代にできていたニキビは、思春期特有のものです。

思春期には、皮脂が過剰に分泌されるため、ニキビができやすい環境があり、できてしまっても仕方がない部分がありました。

しかし、20代後半になると、過剰に分泌されていた皮脂の量が減り、通常であればニキビはできにくくなります。

ところが、ストレスなどによって、ホルモンバランスが崩れると、大人になってもニキビに悩まされてしまうのです。

思春期のニキビは、おでこや鼻など、皮脂の多いところにできる特徴がありますが、大人ニキビの場合、あごなどにできやすいという特徴があります。

まずは、ご自分のニキビが、大人ニキビに当たるのかどうかを確認しましょう。

そのうえで、大人ニキビの可能性が高いのであれば、ストレスがないか確認し、自分なりのストレス発散方法を見つけると良いです。

そして、スキンケアを見直す必要があります。

具体的には、洗顔方法や化粧水などの化粧品を変えると、良い変化が得られます。

洗顔方法としては、汚れをきちんと取り除くことが大切です。

まず、メイクを落とす場合には、クレンジングの前にスチームをあてたり、ホットタオルをあてたりして、毛穴を開かせるようにしましょう。

そのあと、クレンジング剤を優しくなじませることで、ニキビの原因となる洗い残しを防ぐことができます。

次に、洗顔料で正しい洗顔をすることが大切です。

どんなに流しても、クレンジング剤が肌に残る可能性があるからです。

洗顔料は、泡立てネットなどを用い、よく泡立てましょう。

泡が肌へのクッションとなり、摩擦の刺激から肌を守ってくれます。

ニキビのできた肌は、敏感になっているので、ワンクッションを作ることが非常に大切になります。

くるくると円を描くように洗顔したら、最低でも20回以上は水で洗い流すようにします。

髪の生え際などには、泡が残りやすいので特に注意が必要です。

洗い流し終えたら、やわらかいタオルで、上から押さえつけるように、優しく水分を拭き取りましょう。

水の温度は、ぬるま湯程度がちょうど良いです。

このように、正しい洗顔をすることで、次につける、ニキビに効果のある化粧水などの浸透力が上がり、大人ニキビ対策につながります。

スキンケアの最初につける化粧水は、保湿力の高いものを選びましょう。

敏感な大人ニキビ肌には、セラミド配合の化粧水がおすすめです。

大人になると肌に含まれているセラミドは失われやすくなってしまうため、スキンケアでおぎなってあげることが大切です。

肌の感想が原因の大人ニキビにはセラミド配合の化粧水がおすすめ

化粧水の浸透力を増すために、導入美容液を使うこともおすすめします。

導入美容液は、肌のバリア機能を一時的に緩めることで、化粧品の浸透を良くし、肌の奥深くまで美容成分を届けるための美容液です。

それらを駆使して、浸透力を高めると、効果が出やすくなります。

スキンケアをする際は、敏感になっている肌の状態を考慮し、素手でそっとやわらかく包み込むことが大切です。

コットンを使うことも考えられますが、コットンを滑らせるときに、摩擦を生む可能性がありますし、コットンの毛羽立ちによって肌に負担を与える可能性もあるので、ニキビに悩んでいる間は、使わないほうが良いです。

ニキビには、ビタミンCも効果があるので、ビタミンC誘導体を含む化粧品でのケアもおすすめです。

イオン導入などを一緒に行うと、肌の奥まで浸透するので、ニキビ跡にも効果があります。

ピーリングも行い、肌の新陳代謝を促しましょう。

 

ニキビ跡にはビタミンC誘導体が効果的

大人になってもニキビに悩まされる人は少なくありません。

思春期のニキビは、第二次成長期特有の皮脂分泌量の増加が原因です。

そのため、Tゾーンと呼ばれる、おでこや鼻を中心に、ニキビができます。

皮脂分泌量を抑える化粧水などによりケアすることで改善することが多いです。

しかし、大人になってもニキビができ続ける場合、それは睡眠不足などの生活習慣が原因でできる大人ニキビの可能性が高いです。

特徴としては、あごや顔の輪郭に合わせてできることが多いです。

皮脂分泌量に関係なくできるので、適した対策が必要になります。

大人ニキビ対策として有効なのが、ビタミンCです。

ビタミンCは、肌の酸化を防止し、ニキビ予防につながります。また、ビタミンC誘導体を肌の奥深くまで浸透させることで、ニキビ跡の改善にも効果があります。

ビタミンC誘導体入りの化粧水は多く売られているので、それらを使って家庭用美顔器でイオン導入をすると、大人ニキビに効果が高いです。

イオン導入は、イオンのプラスとマイナスの力を使って、美容成分を肌の奥まで届ける方法になります。

そのため、肌の奥まで届けてよい、良質の成分だけでできている化粧水を使う必要があります。

具体的には、パラベンフリーのものを選ぶようにしましょう。イオン導入をする頻度は、週に一回程度が最適です。

あまり頻繁に行うと、肌に負担がかかるため、ゆっくり継続することが大切になります。

イオン導入後のスキンケアは、いつも通り、乳液や美容液を重ねて仕上げましょう。

ビタミンは大人ニキビに効果が高いため、肌の外から塗るだけでなく、サプリメントなどで体内に取り入れることもおすすめします。

取り入れる際は、最低でもビタミンC一日1000ミリグラム以上を摂取することが大切です。

体内に取り込まれたビタミンCは、皮膚の健康のために使われる前に、内臓で消費されてしまいます。

十分な量を摂取すれば、皮膚の健康のために使われる分が残るので、たくさん摂取する必要があるのです。

ビタミンCは水溶性のビタミンなので、大量に摂取しても、不要な分は尿として排斥されるだけなので、体に害はありません。

外からも中からもビタミンCの力を取り入れて、大人ニキビに対抗しましょう。

さらに、大人ニキビを防ぎ、改善するためには、保湿が大切になります。

思春期ニキビの場合、皮脂の多い人がニキビに悩まされやすいのですが、大人ニキビの場合、むしろ乾燥肌の人にできやすい傾向があります。

保湿に力を入れるなら、セラミドやヒアルロン酸が配合された化粧品を使うことをおすすめします。

セラミドの保水力は非常に大きく、敏感肌を優しくいたわりながら、包み込んでくれます。

イオン導入は、肌への負担を考えて、週に一回程度しか行えませんが、導入美容液は、毎日使うことができます。

これを使うことで、化粧水などの化粧品の浸透をさらに上げることができるのです。

導入美容液は、肌のバリア機能を一時的に弱めてくれます。

これをつけないと、角質にはばまれて、化粧品の美容成分が肌の奥まで届かないのですが、これをつければ、奥まで浸透させることができます。

より保湿力を高めたいときには、導入美容液の利用をおすすめします。

大人ニキビの対策だけでなく、アンチエイジング対策にもつながるので、ぜひつけてみましょう。

また、肌がごわつくなど、新陳代謝がとどこおっていると感じた場合には、ピーリングもおすすめです。

週に一回くらい、角質ケアを取り入れることで、肌の新陳代謝が正常に戻り、ニキビができにくくなっていきます。

酸を肌に塗って、しばらく置いてから水で流すピーリングなどを実施してみましょう。

 

年齢が高くなるにしたがって、肌のターンオーバーは遅くなる

同じニキビでも大人と10代では、必要な対策方法が違います。

なぜなら、ニキビができる原因が10代と大人では異なるからです。

若い世代にニキビができるのは、成長期に大量に分泌される皮脂の仕業です。

身体が成長する真っ最中の思春期には、成長ホルモンもたくさん放たれ、身体の基礎ができます。

成長ホルモンは皮脂腺に刺激を与える性質があるので、この期間はどうしても毛穴も詰まりやすくなり、アクネ菌も活発になります。

特別に脂性肌ではなくても、10代から20代前半まではニキビに狙われやすくなります。

一方、大人ニキビの原因は生活習慣です。

睡眠不足、ストレスなど様々な生活習慣の影響が肌に影響し、ニキビの原因になります。

中でも食事の影響をダイレクトに受けるので、いくらニキビ専用のスキンケアアイテムを使っていても普段の食事に問題があればニキビとの縁を切ることはできません。

若い頃は多少無茶をしても肌のターンオーバーが乱れることはありません。

ところが、年齢を重ねるにつれてどんどん皮膚の代謝力が衰え、新しい細胞に生まれ変わるまでに時間がかかるようになります。

ニキビができやすく、治りにくい肌質になるので、今あるニキビを1日でも早く治癒させ、新たなニキビを寄せつけないためにも真剣に食事対策に励む必要があります。

大人ニキビに対する食事対策では、原因になる食べ物を控え、回復に役立つ食材を積極的に摂取するのがポイントです。

大人ニキビ成功のカギを握る食事対策で気をつけたいのが、ニキビが早く治癒するために欠かせない栄養をしっかり補うことです。

ビタミン、ミネラル類は万遍なく摂取するのが理想的ですが、特に大事なのはビタミン類とミネラルです。

ビタミンB群は何種類もありますが、いずれにしても皮膚の代謝を促進する働きがあります。

栄養を与え、肌が新しく生まれ変わるサポートをしてくれるので、食事からビタミンB群を補う対策は有効です。

胚芽米に含まれるビタミンB1、レバーに豊富なビタミンB12は、肌荒れを防ぐきれいな血液に浄化するのに役立ちます。

ビタミンB6が多いマグロや、ビタミンB5をたくさん摂取できる卵、ビタミンB2の含有率が高い納豆を意識して献立に加えましょう。

また、大人ニキビを跡に残したくないなら、ビタミンCをたっぷり補いましょう。

ビタミンCをしっかり補充すれば、ニキビの炎症を予防し、ニキビのない新しい皮膚に生まれ変わりやすくなります。

赤や黄色のピーマン、かぼちゃなどカラフルな野菜、果物にたっぷり含まれています。

サプリメントも役立ちますが、やはり普段の食事で栄養を補った方が吸収率も良いのでおすすめです。

サプリもうまく活用しながら、基本的な食事対策もできるだけ頑張りましょう。

また、腸内環境が悪化していると血液も汚れやすくなり、ニキビも重症化しやすくなります。

サラサラ血液を保つためにも、乳酸菌や食物繊維を補えるような食材も忘れずに加えましょう。

アロエ入りヨーグルトやヨーグルトドリンクも、手軽に食物繊維と乳酸菌を摂取できる食材です。

コンビニやスーパーに売っているものでも大人のニキビ対策に効果的なものはたくさんあるので、「絶対に自炊しなければ」と気負いすぎることがないようコンビニ食材も賢く利用しましょう。

大人のニキビは治りが遅いので、無理のないペースで続けることが重要です。

少なくても2ヶ月はヘルシーな食生活を続けると、肌質が変わりニキビも目立たなくなるでしょう。

 

栄養バランスを整えてターンオーバーを正常化させる

大人ニキビ対策として、スキンケアに力を入れている方は多いと思います。

しかし、どのようなケアをしても「治りにくい」と感じたことはありませんか。

大人ニキビは思春期ニキビと特徴が違うため、それぞれに合った対策が必要となります。

大人ニキビの原因としては、肌の乾燥、ホルモンバランスの乱れ、食生活の仕方、睡眠不足、ダイエットによる影響、生理周期などが挙げられます。

特に注目してほしいのが、肌の乾燥です。

肌が乾燥することにより、毛穴が収縮し狭くなることで、角栓が詰まり毛穴が塞がれてしまいます。

出口が塞がれた毛穴に皮質が分泌される事で、ニキビが悪化するという現象が起きます。

よくメイク落としはしっかりした方がいいと言われるのは、化粧品が毛穴を塞ぐ原因となることを防ぐためです。

とくに乾燥しやすい頬や口周りには注意が必要です。

ここで乾燥肌に対策として、保湿に力を入れることを考える方は多いと思います。

もちろん保湿は大切ですが、同時に体の中を循環させ、浄化する事でより高い効果を発揮できます。

そこで注目していただきたいのが、食事と水分補給です。

大人ニキビに効果のある栄養成分としては、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維、タンパク質、乳酸菌などが挙げられます。

ビタミンAは皮膚・粘膜を保護する働きがあり、ニキビのアクネ菌と戦う力にもなります。

おもにレバー類に多く含まれます。

ビタミンB群で注目してほしいのが、B2、B3、B5、B6です。

どれも肌のターンオーバーを向上させ、皮膚や髪に栄養を与える効果があります。

ビタミンB群が多く含まれるものには、B1は豚肉やたらこ、B3はマグロ、B5は卵、B6にはカツオやバナナなどが挙げられます。

ニキビ対策の栄養成分としてビタミンCをよく聞かれるのではないでしょうか。

ビタミンCはニキビの炎症を抑え、ターンオーバーをサポートするため、ニキビ痕にも効果があります。

赤ピーマンや黄ピーマン、アセロラジュースなどに多く含まれます。

ビタミンEは、血行を良くする事で肌への栄養成分が届きやすくする効果があります。

いくらや筋子など、魚卵に多く含まれます。

食物繊維・乳酸菌は、体内の蓄積物を浄化、排出するために必要です。

食物繊維は豆やゴボウ、乳酸菌はヨーグルトなどに含まれます。

ここまで栄養成分を挙げてきましたが、共通しているのが栄養成分を補う・体内を浄化させるということです。

補うだけでは浄化できず、浄化するだけでは必要な栄養成分が補えません。

浄化するバランスが取れることが必要です。

効率的に栄養成分を取るために、サプリメントの服用を考える方がおおいのではないでしょうか。

先程も書いたように、バランスがとても大切です。

様々な栄養成分を効率良く取り入れるためには、食事の見直しが必要となってきます。

タンパク質は皮膚を作る成分であり、肌には欠かせません。

豆腐や納豆、卵、豚肉、鶏肉などに含まれるため、これらと野菜を組み合わせて食べましょう。

サプリメントも取り入れていますが、あくまでも補助剤として取り入れています。

忙しくて食事にかける時間がないという方などに、サプリメントは効率的ではないでしょうか。

また、効率的にタンパク質を取るためにプロテインを利用するのも1つの手です。

プロテインと聞いて、筋肉隆々なイメージをもたれると思います。

しかし、現在では女性向けの商品開発も増えており、コラーゲンや食物繊維、乳酸菌が配合され、ココア・ミルクティ味など取り入れやすいフレーバーもあります。

ツイッターやインスタグラムなどでは、美容ドリンクや食事代わりに飲まれている方も多く見かけます。

食事と同時に水分補給も大人ニキビ対策としては重要となります。

1日約1.5リットルの水を定期的に少しずつ飲むことで、一気に飲んだときよりも常に体の中が浄化されるようになります。

水はジュースやお茶などでなく、ミネラルウォーターなどがおすすめです。

ジュースなどには糖分が含まれており、ニキビ悪化になる可能性があります。

お茶や紅茶などにはデトックス効果がありますが、頻回に飲むことで体の中の水分不足を招いてしまうことがあるため、ミネラルウォーターなどをおすすめしています。

皆さんが栄養・浄化のバランスがとれた食事で綺麗な肌を取り戻すことを願っています。

 

気長に続けて少しずつ食生活を改善しよう

気が付いたら、いつの間にかポツリとできている大人ニキビ、見つけるとため息が出てしまいますよね。

すぐに治ってくれれば良いけれど、悪化したり、痕に残ってしまったら精神的にもストレスになってしまいます。

なぜ大人ニキビができてしまうのか、できてしまった時の対策法、そしてニキビの再発を防ぐ予防の仕方にについても知っておきましょう。

まずは大人ニキビの特徴ですが、主に二十代に入ったころからでき始めるニキビで、思春期にできるニキビとは大きく違います。

思春期ニキビは顔中にできてしまうのが特徴で、主に皮脂の過剰分泌が原因とされています。

それに対して、大人ニキビは顔のUゾーンと呼ばれる、頬や顎周り、首に近い部分に多くできることが特徴です。

大人ニキビの主な原因はとても曖昧で、ストレスや睡眠不足、食事の栄養バランス、女性でしたら月経周期のホルモンバランスなど、どう対策したらいいのかわかりにくいのが難点です。

まず、自分のニキビが大人ニキビかもしれないと思ったのであれば、自分自身の生活習慣を見直してみましょう。

生活のリズムは整っていますか。

ストレスを溜めこんでいませんか。

外食ばかりの日々を送っていませんか。

女性の方は自分の月経周期とニキビのできるタイミングを照らし合わせてみましょう。

生活のリズム、ストレス、生理周期、これらを改善するのはなかなか難しいのが正直なところです。

働き盛り、遊びたい盛りの若い二十代の皆さんに、夜は22時に寝ろというのも難しいですし、そもそも仕事の都合上夜勤や残業などで、規則正しい生活ができない方もいらっしゃるはずです。

ストレスや生理周期なども自分ではなかなか解決するのは大変です。

だったら何もニキビ対策できないじゃないか、とあきらめないで下さい。

一つだけ、自分の努力次第で改善できるものがあります。

それは食事です。

しかも、食事を改善することで肌の状態は大きく変化し、ニキビの予防にも絶大な効力を発揮してくれます。

また、便秘もニキビにとっては大敵ですが、食事を変えるだけで便通が改善され、お通じに悩んでいる方などは一石二鳥です。

私達の口から身体の中に入ってくるものを、ちょっとだけ気を付けてみたら、あなたの肌はきっと期待に応えてくれるはずです。

ではまず、大人ニキビに良くない食べ物から見ていきましょう。

ニキビができる基本的な理由として皮脂が過剰に分泌されること、また肌のターンオーバーと呼ばれる肌代謝が弱くなっていることが挙げられます。

皮脂が過剰に分泌されるのを防ぐために、脂っこい食事、例えばスナック菓子やジャンクフード、生クリームたっぷりのスイーツなどは出来るだけ避けた方がいいでしょう。

また肌の代謝を悪くするものとして刺激の強い食品、カフェインやアルコールなども取りすぎに注意です。

ですが、自分の大好物をあまりにも我慢しすぎると逆に大きなストレスになってしまいます。

絶対に食べてはいけないと決めつけるのではなく、ほどほどに控えようくらいの気持ちで気を付けていきましょう。

さて、ここからは大人ニキビに良い食事を見ていきますが、これも自分の無理のない範囲で続けていくことが大切です。

ニキビに効果的というとやはりビタミンです。

またミネラルやコラーゲン、食物繊維も肌を元気にしてくれる頼もしい存在です。

特にビタミンAとミネラルは肌のターンオーバーを促進し、ニキビができても治りやすくしてくれます。

たとえば、ほうれん草やカボチャ、にんじん、チーズや牛乳、イチゴなどです。

ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEや食物繊維はニキビの大敵である皮脂の分泌を抑制してくれます。

まぐろや緑黄色野菜、レバーやさつまいもなどに豊富で、ビタミンCとEは一緒に摂取すると、さらに大きな効果が期待できます。

コラーゲンは言うまでもなく、新しい肌を作るための大切な成分です。

手羽先やうなぎなどに多く含まれています。

でも、これだけの種類があるとどれをどう食べたらいいのか、どれは控えめにしていいのか、迷ってしまいますよね。

毎日自分で自炊して職場や学校にもお弁当を持参する、という方なら実践できそうですけど、忙しい二十代の方は難しいかもしれません。

ですので、あまり堅苦しく考えず、外食時になるべくたくさんの野菜が入ったメニューを選んだり、甘い物が食べたいなと思ったら和菓子を買ってみたり、自分ができそうなことから挑戦してみるといいかもしれません。

今は便利なサプリメントなどもたくさん販売されていますし、自分に合ったニキビ対策食生活を目指してみてはいかがでしょう。

 

現代人は食生活が乱れやすい

しっかり洗顔していても、どうしてかニキビができてしまう、という経験はありませんか。

鏡を見ていて、顔にニキビを見つけると、気分ががくりと落ち込んでしまいますよね。

何度も何度も繰り返すニキビをどうにかしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

そもそも大人ニキビって何が原因でできてしまうのか知っていますか。

その原因は複数あると言われており、例えば日々の食生活で脂っこいものや甘いものをたくさん摂取していたり、ビタミン類が足りなかったり、生理前などでホルモンバランスが乱れてしまったり、便秘だったり、ストレスを抱え込んでいたりということがあげられます。

スキンケアで肌に合っていないものを使っていてもできてしまいます。

日々の食生活を思い出してみてください。

当てはまることはありませんか。

とくに現代の日本で多いのが、食生活の乱れからくる大人ニキビです。

偏った食生活や、スナック菓子、甘いケーキやお菓子の食べ過ぎはニキビの原因になります。

では、できてしまったニキビの対策はどうしたらいいのでしょうか。

まず、そのニキビを観察してみてください。

もし、炎症がひどくなってしまい、膿がたまってしまうくらい悪化しているのであれば、一度皮膚科を受診してみるのもいいでしょう。

赤く炎症を起こしているニキビを放っておくと、炎症がひどくなり、悪化してしまうケースがあります。

一度皮膚科医に見せてその指示を仰ぐことだ大切です。

次に、そのニキビが炎症を起こしていなさそうな場合です。

炎症していないニキビを治す対策としては、顔を清潔にし、ニキビ用のスキンケア化粧品を使ってください。

殺菌効果のあるスキンケアはドラッグストアでも売っているので、手軽に手に入れることができます。

また、あわせて、肌にいいビタミンB群のサプリメントを摂取することも効果的です。

ニキビ跡が気になる人は、フェイシャルエステを取り入れてもいいでしょう。

エステサロンなどでニキビ対策を行っているところはたくさんあります。

場所によっては、日々の食生活のアドバイスまで行ってくれるところがあるので、気になる方は行ってみてください。

では、大人ニキビができないようにするには何をすればいいでしょうか。

自分のニキビの原因が何か、心当たりはありましたか。

原因がどこにあるのかによって対策が変わってきますので、食生活を思い出してみてください。

たとえば、女性の場合では便秘に悩んでいる人も多いのですが、腸内環境を整えることもニキビケアには大切です。

便秘解消効果のあるお茶を取り入れてみる、野菜やヨーグルトなどを多めに摂取する、もし日々野菜やヨーグルトがあまり食べれないのであれば、食物繊維や乳酸菌のサプリメントを飲むなどが対策としてあげられます。

油の多い食事をとっていると便秘になりやすいので、揚げ物やスナック菓子を控えてみるのもいいでしょう。

ファスティングダイエットのように、3日程度の断食も便秘解消に効果的のようですよ。

次に、ビタミン類が足りない人です。ビタミンBの多い豚肉や、野菜、果物などを多く取るように心がけてください。

しかし、毎日食事でとるビタミンというものは限られますので、食事にプラスして、ビタミン類のサプリメントを取り入れるようにすると効果的です。

サプリメントを使えば、肌をキレイにするための栄養(ビタミン・ミネラル・食物繊維・ビフィズス菌など)を手軽に摂ることができます。

大人ニキビに効果的な栄養サプリメントはこちら

あわせてビタミンCも取ることでニキビ跡のしみ予防にもなりますよ。

3つ目はホルモンバランスの乱れからくるニキビですが、特に女性に多い大人ニキビです。

対策としては、女性ホルモンに似ているイソフラボンを摂取する、ホルモンバランスを整えてくれるサプリメントを飲むことがあげられます。

ドラッグストアなどで相談するとサプリメントを紹介してくれるますので、一度ドラッグストア在中の薬剤師さんなどに問い合わせてみてくださいね。

最後に、これは総合的な対策になりますが、ニキビ、肌荒れ対策に適しているサプリメントを飲むようにすることです。

ビタミン・ミネラル・ビフィズス菌など総合的に含まれているサプリメントだと手軽に栄養バランスをととのえることができます。

サプリメントを効率よく取り入れることで、大人ニキビを上手に撃退してくださいね。

 

足りないビタミンとミネラルはサプリメントで補おう

大人ニキビに有効な対策は、サプリです。

成長ホルモンの影響で皮脂が次々に分泌される思春期ニキビの場合、洗浄力の強い洗顔料がニキビ対策の決め手になります。

ところが、大人ニキビは不摂生な生活習慣が原因になりやすいので、食事面の改革が必要です。

ただ、成人以降学業や仕事で忙しく、理想的な食事を毎日食べるのは至難の業です。

ただ、不安になることはありません。

大人ニキビを早く治し、再発しにくくなる栄養をサプリで補えば、外食がちな方や自炊スキルに自信がない方でもニキビに狙われにくくなります。

ニキビに効くと評判のサプリはたくさんあるので選ぶのに迷ってしまうかも知れませんが、実は選定基準は簡単です。

それは、「ニキビの治癒に欠かせない栄養分が一通り入っていること」が条件になります。

ビタミンCやビタミンB、ビタミンEなど、大人ニキビに効く成分は色々ありますが、単品で摂取するより複数の成分を同時に摂取し、相乗効果を狙った方が効率良く治すことができます。

時間をかけずに大人ニキビを治したい方にも、ブレンドタイプは非常におすすめです。

ニキビ専用タイプなら、ニキビ治癒に役立つ成分がバランス良く配合されています。

便秘体質なら乳酸菌や食物繊維も加えられているタイプがぴったりですし、ストレスのせいでニキビが増えているならビタミンB群が多いものを選びましょう。

その他、マグネシウムや亜鉛、葉酸も大人ニキビに有効な成分です。

ちなみに、添加物が多いと肝臓に負担がかかります。

解毒を司る肝臓が疲れると血液も汚れやすくなり、大人ニキビができやすくなります。

肝臓にできるだけ負担をかけないためにも、なるべく添加物が少ないサプリメントを選びましょう。

飲みやすくするためや保存目的で、多少の添加物が添加されているのは仕方ありませんが、全体の1割を超えない分が許容範囲です。

親切な商品だと添加物の容量まで記載していますが、情報がない場合はサービスセンターに問い合わせましょう。

問い合わせてもきちんとした回答が得られない場合、信頼に値しないメーカーなので違う会社のものを選んだ方が賢明です。

メーカー選びの参考にもなるので、問い合わせサービスはおおいに利用しましょう。

大人ニキビ対策に効くサプリを用意したら、飲むタイミングにも気を配りましょう。

薬ではないので基本的にいつ飲んでも構いません。

医薬品は厳密に摂取タイミングが記載されていますが、サプリのような栄養補助食品は飲むタイミングまで説明されていないのが特徴です。

ただ、安定して成分を補充するためにも、毎日同じタイミングを選ぶことが大切です。

外出先で日中を過ごす生活の方は、朝や夜に1回だけ飲むタイプがおすすめです。

朝なら朝、夜なら夜と決まった時間帯に栄養分を補うことで、体内のビタミン、ミネラル量を一定に保ちやすくなります。

もし1日1回しか摂取タイミングがない場合、タイムリリース加工されているものだと、少しずつ栄養分が溶け出す仕組みになっているので便利です。

また、朝飲むにしても夜飲むにしても、ビタミン系のサプリは食事のあとに摂取するのが理想的だと覚えておいて下さい。

食べ物と一緒に摂取することで、スムーズに吸収されやすくなります。

消化器官が弱い方だと、空腹時にサプリを飲むことで胃が荒れてしまうケースもあるので、食後の方が安心です。

サプリで大人ニキビ対策に励むメリットは、カロリーを抑えることができるところです。

食事だけで必要な栄養をすべて摂取しようとすると、カロリーオーバーになることも珍しくありません。

その点、健康食品ならカロリーはほとんどありませんし、必要な成分が凝縮されているのでダイエット中でも安心です。

また、一緒に飲む飲み物は水にして下さい。

カフェインが入っている飲み物と一緒に飲んでしまうと、せっかく摂取した栄養分が吸収されにくくなる恐れがあります。

とくに鉄分や亜鉛はカフェインやタンニンの影響で吸収率が落ちることが分かっているので、気をつけなくてはいけません。

こういった注意点を守れば、ニキビを早く治す時に頼りになるアイテムになります。予算に応じて選び、毎日飲み続けましょう。

継続することが大事なので、予算の問題も見逃せません。

 

サプリメントは用法・用量を守って正しくニキビ予防をしよう

大人ニキビは多くの人がなりやすい症状で治しづらく、悪化すると長期間症状が改善しないことがあります。

大人ニキビは皮膚の毛穴に皮脂が詰まってそこでアクネ菌や雑菌が繁殖し、そのバイ菌と体の中の免疫が戦って症状が発生します。

ニキビの白い膿のようなものはその戦いの結果なのですが、この問題は工夫をしないと改善ができません。

大人ニキビの特徴は若い人とは違ってお肌の状態が悪く、改善をするために色々な手間がかかることです。

若い人の場合は簡単なケアをするだけで改善ができますが、ある以上の年代の場合はそれだけでは不十分なこともあります。

そういうときはサプリを利用して体の中から治していくと、問題を良くすることができるので効果的です。

ニキビの問題はお肌の表面的なトラブルで起こることもありますけど、生活習慣の乱れが原因になることも多いです。

生活習慣の乱れとしてあるのは偏った食生活や不規則な睡眠時間で、慢性化しているとニキビができやすくなります。

偏った食生活を改善するためには必要な栄養素を補給する必要がありますけど、そういうときにサプリは便利です。

ニキビの改善に必要な栄養素としてあるのはビタミンやミネラルで、こういうものを適切にとっておけば治りやすくなります。

ビタミンの種類としてはビタミンCやビタミンB群をとっておくと、症状の改善がしやすくなります。

ビタミンB群にはいくつかの種類がありますけどニキビに効果のあるのは、ビタミンB2とビタミンB5とビタミンB6です。

この3つのビタミンBはニキビに対して効果があるので、この成分が含まれているサプリを利用することが大事です。

ビタミンCとニキビに効果のある3つのビタミンBはどちらも水溶性なので、サプリでとっても自然に排出されます。

ただし、過剰にとると人によっては体調が悪くなることもあるため、用量を守ることが大切です。

またそれ以外では亜鉛も必要になりやすく、この亜鉛を取っておかないとお肌がかさかさになります。

亜鉛は普通に暮らしていると十分に得られないものなので、サプリを利用して補給することは大事です。

大人ニキビは腸内の問題が原因で起こることもあるため、乳酸菌をとっておくと改善することもあります。

大人ニキビにはサプリメントを利用すると改善がしやすいですが、このような商品には特徴があります。

ニキビを改善するときに必要な栄養素は、一般的な食品からも得られるので、食生活を改善することも重要です。

しかし、食事を工夫して改善するためには調理をしなければならず、中には調理が難しい食材もあります。

そういう所がありますから手軽に不足した栄養素を補給できるサプリは便利で、すぐに利用できる点が優れています。

他の点でこの製品を利用するよさとしてあるのは、余計なカロリーをとることなく問題の改善ができることです。

食事を工夫してニキビ対策の栄養素をとる場合は、いつもよりも余分にものを食べることになります。

その結果必要なビタミンやミネラルが得られたとしても、その栄養素を得るために多くのものを食べることになります。

そうなれば食事でとるカロリーが増えてしまいますから、ニキビ対策をする事によって太ってしまうこともあります。

それに対して、サプリは基本的にゼロカロリーなので、カロリーを気にしながら栄養バランスを整えることができます。

そういう所が優れた製品ですから手軽に必要な栄養素を得たいときに、この製品を使えば改善がしやすいです。

またこのタイプの製品は自然のものを使ったものと、人工的に作られたものを利用している製品が存在します。

今は人間に必要な栄養素を人工的に作ることができるため、そういう形で作られているものもあります。

人工的に作られた製品は価格が安いですけど、自然のものではないため体に吸収されづらい所があります。

それに対して、自然に作られたものは吸収がされやすく、効率よく大人ニキビを治せるので使いやすいです。

大人ニキビへの対処法ではお肌のケアや、ニキビを発生させているバイ菌の殺菌をして対応する方法もあります。

ただそういうやり方はお肌に負担をかけることになるため、上手く問題の解決ができないことも多いです。

それに対してサプリを利用したやり方は体に負担をかけないため、多少時間はかかりますが効果的を得やすいです。

 

「ニキビ跡が残らない治し方をして良かったです」20代後半 Fさん

「私は小学生の頃に初めてニキビができました。

おでこや頬に小さなニキビがたくさんでき、病院に通うほどでした。

その当時のニキビは思春期独特のもので、中学生の頃にはきれいになくなっていました。

Tゾーンはもちろん年中顔がテカっており、テカテカさんというあだ名がつけられたこともありました。

そんな私なので、肌の性質はもちろん脂性肌です。

年齢を重ねるごとに若干乾燥することもあり、混合肌へなりつつある気もしますが、基本は脂性肌です。

20代の頃、百貨店の化粧品カウンターで肌質を調べてもらったところ、皮脂が流れているとまで言われたほどです。

そのためニキビはしょっちゅうできますし、できやすい方だと自分でも思っています。

年齢を重ねると大人ニキビとなりますが、正直なかなか治らないのが現実となっています。

私の場合、ストレスや過労などによって大人ニキビができることもありますが、食事の内容によりできてしまうことが多いと言えます。」

「たとえば、お菓子を食べた場合、少しの量を毎日食べる場合はそれほど問題ないのですが、少し気を緩めて食べ過ぎてしまうと、次の日にはニキビができてしまいます。

また、ケーキやアイスクリームと言った甘いデザートよりも、ポテトチップス系の脂っこいお菓子を食べすぎるとニキビができやすい体質になっています。

小さなニキビもあれば大きなニキビもあり、大きさは日によってまちまちですが、たいてい白い角栓があるニキビになっています。

顔にできることもあれば背中にできることもあり、顔の場合は鏡を見ればすぐに発見できるのですが、背中の場合はお風呂で洗っているときに初めてニキビの存在に気づく次第です。

自分でもお菓子を食べすぎてしまうと大人ニキビができることは分かっているので、平日は極力お菓子を食べないようにしています。

お腹がすいたらガムやあめを口に入れ、コーヒーを飲むなどして空腹を紛らわしています。

しかし、基本的にお菓子が大好きなので、雑穀や木の実などが入った体に優しいクッキーを一枚だけ食べるようにしています。

このようにしてストレスをためないよう努力をし、大人ニキビができないように気をつけています。

これがまず普段から心がけている対策の一つです。

しかし、大人ニキビができてしまうとどうしようもありません。

とにかく少しでも早く跡が残らないように治すことを心がけるしかありません。

「今現在、ニキビ対策の洗顔料がたくさん販売されていますが、私の場合そういった商品を使うとさらに炎症が引き起こされることもあるため、大人ニキビができてしまっても、基本的には毎日使っている洗顔料を使用しています。

人によって肌に合う洗顔料は違うと思いますが、私は泥タイプの洗顔料を使用しています。

泥タイプは泥の吸着パワーが毛穴の汚れをしっかりと絡めて取り除いてくれるので、毛穴対策としては最適の洗顔料だと思います。

ニキビができるのは毛穴の汚れが原因でもあるため、普段から毛穴の汚れだけはしっかり取り除くようにしています。

もちろん泥タイプにこだわる必要はなく、クレンジングと洗顔をしっかり丁寧に行うことが大切なので、自分に合った洗顔料を使うことをおすすめします。

大人ニキビができやすい体質で泥タイプの洗顔料を使ったことがないのであれば、一度ためしてみることをおすすめします。

また、大人ニキビができた後は、とにかく触らないことが一番だと思います。

清潔に保つことが一番なので、化粧品もつけないようにしています。

小さなニキビの場合、自然と治ってくれることも多いですが、大きなニキビの場合はそうはいきません。

その場合は非ステロイド系の軟こうを塗るといった対策をしています。」

ステロイド系の軟こうを使用すると、治りは早いかもしれませんが、刺激も強いため跡が残りやすくなる可能性があります。

非ステロイド系の軟こうであれば、小さな子供さんや赤ちゃんも使用できるほど刺激が少ないので、跡も残さず治すことができます。

この方法は意外と効果があるので、ぜひためしていただけたらと思います。

その他に、普段から食生活に気を付けることが一番だと思っているので、極力脂っこい食事を食べないようにもしています。

以上が私が実践している大人ニキビの対策方法です。」

 

「自分なりのニキビケアの方法を見つけました」 20代後半 Tさん

「私は26歳の男子であり、2年前ほど前から大人ニキビの対策について知恵の限りを尽くすようになりました。

私の知人の中の1人に、ニキビで顔が真っ赤になった人がいたため、私は怖くなって大人ニキビの対策をするようになりました。

まず私の経験上、ニキビの予防には睡眠リズムの改善が欠かせません。

私が思うに、安定した睡眠を取るにはどんどん導眠剤を使ってしまっても構いません。

市販の導眠剤は病院で処方される睡眠薬などと比べるとかなり効き目が弱いため、気軽に使っても構わない部分があります。

次に、コーヒーやチョコレートなどの刺激物は極力控えることが重要です。

幸い私はコーヒーがニキビの原因になり得ることを予め知っていたため、もともとコーヒーはまったくと言って良いほど飲んでいませんでした。

その代わりとしては、水分は水や味噌汁のみで取るようにしています。

それからビタミンを摂取するよう心掛けることも欠かせません。

レモン、オレンジ、グレープフルーツなどのかんきつ類、トマト、ブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜など、野菜や果物の類はめぼしいものなら何でも摂取するようにしたら、ニキビが発生しないどころから肌がつるつるになっていきました。」

ニキビ対策を始めてから半年が経過した頃のことであり、その頃の私は3食の中で野菜や果物を欠かすことがほとんどありませんでした。

そして、入浴や洗顔は毎日何があっても行うようにしました。

それこそ私は風邪で40度の熱が出た日も、熱中症で救急車に運ばれた日も、入浴や洗顔を欠かしませんでした。

入浴や洗顔を行うことに関して例外を作るとそこから意識が低くなっていくので、どんな日もその鉄則は破りませんでした。

最後にステロイド軟膏は絶対に使わないようにしました。

ステロイド軟膏は免疫力を低下させ、肌の抗菌作用を損なうという説があり、私はその説を支持しています。

そのおかげなのか、ニキビの対策を始めてから私はニキビとは無縁です。

肌荒れにはとりあえずステロイド軟膏という考えの持ち主が私の周囲に1人だけいますが、私としてはとんでもないことです。

その人の肌はあまりきれいではないため、その人のその考えには疑問符が付きます。」

「私の大人ニキビ対策を詳しく解説すると、以下の通りになります。

睡眠リズムの改善・刺激物を避ける・ビタミンを摂取する・ステロイド軟こうを使用しない、という方法にまとまりました。

大人ニキビを防ぐ方法は、大人ニキビの予防を行うことです。

それ以外の画期的な方法を探している限り、大人ニキビが発生しない保証はまったくないと言えます。

しいて具体的な方法があるとしたら、その原因になる行動を取りそうになったらかわりに、違う行動を取ることが該当します。

たとえば、コーヒーやチョコレートを口にしたくなったら、かわりに映画を見るようにすると良いでしょう。

実際に私と一緒に大人ニキビ対策を始めた妹はそのようにしています。

大人ニキビに対して意識を持つことも対策の一つです。

そもそもそうした意識がなければ、ニキビの発生を防ぐことは難しいと言えるでしょう。

その意識を持つには、ニキビができては困るという状況を作ることが重要です。」

「普段から人と接する機会を持つことはその点では悪くないでしょう。

言い換えれば、あまり人と接しない人ほど、大人ニキビの対策に対する意識が低くなりがちです。

その点私は接客業を仕事としているため、ニキビ予防には嫌でも気を遣います。

ニキビを予防するということは、体全体の健康を増進することとあまり大差はないというのが私の考えです。

スポーツ選手などあらかじめ運動を行っている人間は病気をすることが少ないため、私は適度な運動するようにしています。

ちなみに私は歩行は運動として役に立たないと考えているため、毎日30分で5kmを走るジョギングや200回のヒンズースクワットを行っています。

ここまで説明すればわかると思いますが、私はどちらかというと自分に厳しい方です。

言ってしまえば、ニキビ予防に限らず、健康を保つには自分に対する厳しさが必要です。

大人になると自分を管理してくれる他者の存在が無くなって行くことが多いため、健康管理には結局自分の意志が重要になります。」

 

「私はニキビが完全に治るまでコンプレックスの塊でした」20代前半 Oさん

「私はもともとニキビができやすい体質で、記憶に残っている限りでは、小学校高学年くらいにはもうニキビができていました。

中学生になると顔中ニキビだらけで、背中にも大量にニキビができたりしました。

私にとってニキビは本当にコンプレックスで、その頃の写真はほとんど残っていません。

中高生のころはとにかく顔にできているニキビが嫌で仕方なく、しょっちゅう手で潰したりして、今では完璧なニキビ跡として残ってしまいました。

自分のボコボコとしたニキビだらけの肌が大嫌いで、高校生の頃からニキビ対策や、見様見真似でニキビを隠すメイクに挑戦したりしていました。

メイクに関する雑誌を買いあさったり、少ないお小遣いをプチプラのメイク商品にあてたりしているうちに、だんだんと美容全体に興味が湧いてきました。

そこで高校卒業後の進路として、美容系の専門学校に進学することにしました。

専門学校在学中はメイクの方法を一から学んだり、アルバイトに明け暮れては様々なメイク道具を購入したりしていました。

その頃には思春期ニキビも随分治まってきて、気になるニキビ跡なども上手に隠すことが出来るようになり、久しぶりに堂々と太陽の下を歩けるような気分でした。」

「専門学校卒業後、美容部員として働くようになりました。

毎日慣れないことばかりで先輩や店長に怒られてばかりの日々、私の顎にチラホラとまたニキビができ始めたのです。

いわゆる大人ニキビでした。

知識としては知っていましたが、再びニキビに悩まされることが何よりも苦痛でした。

顎周りにどんどん増加する大人ニキビを何とかコンシーラーで隠し、ファンデーションを塗りたくり、ビタミンCやコラーゲンのサプリメントをガリガリ食べてもなかなか治まってくれません。

たまらず美容部員の先輩に相談すると、「私もよくできるよ」と、顎周りをクレンジングで落としてみたら軽い炎症の痕がありました。

私の顎周りを見せると、「炎症が酷いね、スキンケアで対策できそうもないから早く治したいなら皮膚科に行った方がいいよ」とのこと。

皮膚科という選択肢は私の中になかったので、目からうろこでした。

そして職場の近くの皮膚科に行って、抗生物質とビタミン剤、炎症を抑える軟膏をもらいました。

皮膚科の先生は、大人ニキビを悪化させない、予防する対策もしっかりと教えてくれました。」

その対策は、なるべくメイクを控えること、洗顔をしすぎないこと、食生活の改善をすることなどでした。

考えてみると確かに、私はゴシゴシ洗顔するタイプで、ピーリングやゴマージュなども頻繁に使用していました。

それからはなるべくピーリングは週に2回程度、どうしても肌のごわつきが気になるときは、蒸しタオルで毛穴を開かせた後に洗顔をしたり、拭き取り化粧水をうまく取り入れるようにしました。

それから、食生活について、私はチョコレートが大好物なのですが、やっぱり大人ニキビにチョコレートは良くないとのこと、でも私はチョコレート無しでは生きていけません。

そこで、チョコレートを買うとき、なるべく糖質や脂質が含まれていないカカオ成分が高いダークチョコレートを買うようにしています。

どうしても脂質や糖質が多く含まれていると、皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まって大人ニキビの原因になってしまうからです。

ありがたいことに最近では健康志向の方のために、糖質オフのチョコレートなどが多く販売されていて助かっています。

でも、食べすぎには注意するようにしています。

そして、私にとって一番難関だったのが、メイクを控えることでした。」

「仕事柄、絶対にノーメイクで出勤することなんてできません。

これには本当に頭を抱えました。

美容部員の肌が汚いと、どんなに良い商品をおすすめしても、使ってみたいとは思いませんよね。

どんなに大人ニキビが炎症を起こしていても、そこにファンデーションを塗りたくる必要がありました。

そこで私が考えたのが、少しでも肌に優しい化粧品を使うことでした。

私が働いている店舗でも、お肌への優しさを売りにしたものはたくさんありましたが、私はできるだけ大人ニキビ対策に力を入れているもの、もしくは究極に無添加のものだけを使うようにしました。

今まで自分が使ってきた化粧品とはカバー力ではかなり劣るものの、気になる大人ニキビ周辺にだけ使うことで特にストレスを感じることもありませんでした。

おかげで今では肌も随分落ち着き、同じように大人ニキビに悩む女性達の力になれることが何よりも嬉しく、やりがいを感じます。

ニキビに感謝とまではいかないけれど、ニキビ対策で学んだことをこれからも存分に生かしていきたいです。」

 

 「ようやく自分が混合肌だということに気づいたんです」 20代後半 Eさん

「もともと脂性肌で、中学生くらいになったころから思春期ニキビが多くできるようなりました。

10代のころは、毎日鏡を見るのが嫌になるくらいたくさんのニキビが顔中にできていました。

高校生頃からニキビをどうにかしたい、と頻繁に洗顔をしたり、ニキビを隠すためにパウダーファンデーションを使ってみたり、髪の毛でおでこのニキビを隠したりしていました。

その結果、もちろん思春期ニキビは悪化する一方でした。

とにかく自分は肌の油分が多く、ニキビができやすい体質だから気を付けようと、大人ニキビという言葉も知らないまま20代を迎えました。

20代前半、大学を卒業した頃でしょうか。

自分のニキビが今までのように頬やおでこ、鼻周りにできなくなったと気づき、やっと思春期ニキビが治まってきたのだと喜んでいました。

しかし、だんだんと顎周りのニキビに悩まされるようになりました。

今までのようにアクネ菌をやっつけるようなクリームを塗っても、色々な情報を調べて自分なりに対策してみても、一向に改善することはなく、私はまたニキビに悩まされるのかと落ち込んでいました。」

「それから自分一人で試行錯誤した後、今自分を悩ませているのは大人ニキビなのだと知りました。

それからは大人ニキビについて調べては、色々な化粧品を試してみたり、どうにかならないものかと大人ニキビ対策に乗り出しました。

しかし、残念ながらなかなか自分の思った通りにニキビが治ることはなく、私はどうしようもなくニキビができる体質なんだとあきらめかけていました。

肌の綺麗な友人を見るとただただうらやましく、「どこの化粧品を使っているの?」とリサーチしてまわり、同じ化粧品を使っても私の肌には合わなかったり、効果が出なかったり、思春期の頃と同じように毎日鏡を見るのが苦痛でした。

そんな自分の大人ニキビをだんだんとあきらめかけていたとき、当時の恋人に「顎のニキビ痛そうだね」と言われたんです。

彼としてはただ何となく、見たままを言った、という感じでしょうが、私からしたら傷口に思い切り塩を塗りたくられたようなものです。

それからデートですらマスクをしたいと思ったこともありました。

でもこのままではいけないと、もう一度頑張ろうと、何とかこの憎きニキビに効くスキンケアはないものかと、近くのドラッグストアをウロウロしていたとき、どこかのメーカーの美容部員さんに声をかけられました。

これだけ大人ニキビに関して興味があって、積極的に調べてはトライしていく私ですが、自分の肌の汚さがとにかくコンプレックスで、美のエキスパートである美容部員さんは私にとってとても苦手な存在でした。

ですから今まで、デパートのきらびやかなコスメコーナーや、お化粧品専門店などには寄りつくことができませんでした。」

「でもなぜだかその日、私は美容部員さんに自分の肌の悩みをぺらぺらと打ち明けていました。

もう年齢も20代後半、ちょっと心臓に毛が生えてきたからなのか、その美容部員さんが聞き上手だったのかは分かりませんが、大人ニキビだけでなく、様々な肌の悩みを相談しました。

そして、人生で初めてお化粧品コーナーのカウンターに座り、内心ドキドキしながら肌の基礎チェックなどを受けました。

そして、今までずっとずっと脂性肌だ、オイリー肌だ、と思っていた私に、『乾燥肌寄りの混合肌ですね』と告げられたんです。

驚きすぎて椅子からひっくり返るかと思いました。

乾燥肌なんて憧れさえしていたもので、なんだか変な気持ちになりました。

簡易的な肌診断だったのですが、私は肌の中がひどく乾燥しているインナードライだということ、肌の中が乾燥しているからうるおすために、肌表面に余分な油分が出すぎてしまっていることなど、終始驚きながら、また納得しながらお話を聞いてきました。

そして、最後には混合肌と大人ニキビに効果のあるスキンケア商品のサンプルをたくさん頂き、幸せな気分で帰宅しました。

それからは定期的に美容部員さんに肌診断をしてもらい、自分流の大人ニキビ対策は止めることにしました。

それからじっくりじっくり自分の肌を見ながら、また自分の生活もしっかり見つめなおし、今では毎日鏡をにらむこともなくなりました。

たまにポツリ、ポツリと忘れたころに顔を出す大人ニキビもありますが、食生活が悪かったかな、それとも夜更かしがいけなかったかな、など自分の心と身体の健康を測るバロメーターのようになってくれています。

もし、同じようなことで悩んでいる方がいたら、一人で悩まず恥ずかしがらず、専門のプロに頼ってみてほしいです。

それが美容部員さんでも、皮膚科の先生でも、肌が綺麗になると、心にも大きな余裕が生まれますよ。」

 

「皮膚科に通い始めて少しずつ改善しています」 30代前半 Kさん

「私は幼い頃から肌が敏感で、ほんのちょっとの刺激や乾燥などですぐに発疹や痒みなどができやすく、しょっちゅう皮膚科にお世話になっていました。

母にすぐ皮膚科に連れて行かされたので体に痕が残ることもなく、成長するにつれて体に湿疹などができることは減りました。

相変わらず敏感肌ではありましたが、これといって特に肌トラブルを抱えることなく過ごしてきました。

でも、20代に入った頃から、人生でほぼ初めてニキビで悩むようになりました。

思春期にほとんどと言っていいほどニキビができなかったので、なんで今頃になってニキビができたんだろう、と不思議に思っていました。

当時まだ大学生だったので、安いスキンケア商品を適当に使っていたのが良くなかったのかもと思い、敏感肌用の少し価格の高いものに切り替えました。

それからしばらくして、ニキビが完全に治ったので、価格をもう少し落としてまたいつものようなスキンケアに戻りました。

そうしたらまたすぐ、顎にニキビができました。

またか、と思いながら、まだ学生だった私は再び高価な化粧品に手を出すこともできず、化粧水だけ高価なもの、あとは安価なものでしのいでいました。

でも、ニキビは一向に治る気配はなく、顎だけでなく、顔と首の境目の部分にもできるようになりました。」

「だんだんとニキビに対する危機感を感じつつも、相変わらず高価なものは買えないし、と悩んでいたときに、友人から「それ、大人ニキビじゃない」と言われたのです。

その当時は、そんな名前も知らず、大人になってからできるから大人ニキビなのかな、ぐらいに思っていました。

そんな感じで大人ニキビが何なのかよく考えもせず、できては治り、またできては治り、と習慣化するようになっていきました。

大学生まではそのような感じで、一つの肌荒れぐらいに思って過ごしていました。

しかし、社会人になって顎のニキビはほぼ完治することがなくなり、ニキビ跡のようなものがチラホラ出てくるようになりました。

そのときは社会人一年目、顎のニキビなんかにかまっていられず、手持ちのコンシーラーで隠しまくる日々を送っていました。

そして久しぶりに実家に帰った日、母に肌荒れのひどさに驚かれました。

たしかに自分でも自覚はしていましたが、忙しさと、とりあえず高価な方のスキンケア商品を使っているという安心感からじっくりと自分の肌を見つめることをしていませんでした。

母にその日のうちに皮膚科に連れて行かされました。

もともと皮膚科が大の苦手だった私は年甲斐もなくちょっとぐずってしまいましたが、皮膚科の先生の「ああ、これは酷い」という言葉に正直ちょっと傷つきました。

そのあと看護師さんから大人ニキビができる仕組み、ニキビを治す方法、今後ニキビができないようにする対策をしっかりと伝授されました。」

一番驚いたのは、私がそれなりに気を使っていたスキンケア商品の使用を一切やめるよう言われたことです。

今考えればそれだけ私の肌の炎症がひどかったのでしょうが、病院から処方された軟膏だけをひたすら塗り続ける日々が始まりました。

あんなに私の肌で大暴れしていたニキビが、それからすぐに鎮静化していきました。

実家近くの皮膚科に通うことはできなかったので、一人暮らしの家の近場の皮膚科を探し、通うようにしました。

仕事柄スッピンで行くことはできなかったので、なるべくニキビの負担にならない程度にメイクをし、軟膏を塗る生活をしばらく続けると、私の肌はすっかり静かになっていました。

さすがに炎症の痕は少し残りましたが、一番酷かった岩のようにボコボコとした肌は姿を消していました。

それから皮膚科も無事に卒業し、看護師さんに伝授された大人ニキビ対策として、毎日しっかり眠ること、外食ばかりしないこと、ストレスをためないことなどを実践していきました。

そして、何よりも私にとって気をつけるのは月経周期でした。

女性にとってホルモンバランスが一番乱れる時期は、ストレスも溜まりやすく、気分も不安定になって、大人ニキビができやすいそうです。

考えてみたら、月経前に必ずと言っていいほど新しいニキビが発生していたような気がします。

月経前後は注意しながら、毎日できるだけリラックスしていれば、なにも無理をして高価なスキンケア商品や化粧品に頼らなくても、ニキビとはおさらばできました。

今は敏感肌用のスキンケアと大人ニキビ対策のパックなんかをたまにしながら、ストレスを溜めないように心がけています。」

 

「生活習慣を改善していったらニキビが治りました」20代前半 Aさん

「大人になってからニキビで悩まされるとは思ってもみませんでした。

いわゆる大人ニキビというやつです。

これが社会人になってからというもの、背中や頬などにできるようになってしまいました。

まず、原因を考えてみました。

気付いたらできていたので、いつからできていたのかは分かりません。

目立つようになったのは頬にできたことで分かったのでした。

最初は暴飲暴食が原因かなと思ったのですが、そう思うほど、お酒を飲んでもいません。

食べ物も自炊なので、外食でこってりしたものを食べたというわけでもありません。

それでは何が原因なのか、いろいろと日を遡って考えてみました。

そこで分かったのは、ここのところ睡眠不足だったことです。

「仕事が忙しく残業が続いていました。

したがって、寝る時間はあまり取れません。

通勤時の電車の中でもウトウトしてしまうことがありました。

もし、睡眠不足が大人ニキビの原因なのだったら、これはたっぷり睡眠をとることで対策できるはずです。

そんなふうに思い、休日は無駄な外出をせず、睡眠時間にあてるようになりました。

しかし、現実にはそんなにうまくいきません。

休日に寝だめしようと思っても眠れないのです。

本当は毎日、平均的に睡眠をとれた方が体も楽になるのでしょう。

この対策はあまりうまくいきませんでした。

そして次に行った対策は、できるだけ仕事を早く片付けることです。

残業をしなければ、早く帰って寝ることができます。

それからはいつも以上に仕事に集中し、片付けるようになりました。」

「もちろん、仕事中はとても大変です。

ストレスも溜まっていたように思います。

それでも、残業が少なくなって早く帰れるようになってからは、少しずつニキビが減ってきたんです。

この対策はとても良かったと思います。

もちろん、他にもいろいろと気をつけるようになりました。

特に背中のニキビは睡眠とは関係ないように思ったからです。

これはもしかしたらきちんと洗えていないのかもしれないと思いました。

そこで、ボディソープを変えてみることにしたのです。

もしくは、ボディソープを使わずにお湯だけで洗うようにしました。

すると、背中のニキビが治ってきたのです。

やはり洗い残しが原因だったように思います。

これをしばらく続けてみました。」

「このようにして、自分なりに大人ニキビの対策をしてみたところ、少しずつ改善してきたように思います。

洗顔も洗顔フォームを使わずに、ぬるま湯で洗うようにしました。

洗顔フォームが肌に合わないのかもしれないと思ったからです。

それから、自分では気をつけていたつもりでも、自炊の栄養バランスが良くなかったのかもしれないとも思うようになりました。

一週間の献立を見直してみると、どうやら野菜が足りていなかったようです。

それからはサラダやフルーツなどもできるだけ摂取するようになりました。

あとは適度な運動です。

いつも会社との往復しておらず、職場では事務職で動きません。

少し体を動かすことにしました。

休日だけでもウォーキングをすることにしたんです。

それから、通勤や職場でも、できるだけエレベーターを使わずに階段を使うようにしました。

これだけでもかなり体の動きが変わってきたように思います。」

「新陳代謝も良くなり、便秘も解消されてきました。

もともと便秘症だったことも、大人ニキビの原因だったのかもしれません。

いろいろよく考えてみると、小さなことでもたくさん大人ニキビの原因があったように感じられます。

これらが積み重なって、一気にニキビが出てきてしまったのでしょう。

あとは規則正しい生活を続けるようにすれば、自然と改善していくはずです。

この点に気付いてからは、意識的に生活を見直していきました。

早寝早起きはもちろん、休日もペースを崩さず、規則正しい時間帯を過ごしてみたのです。

もちろん、ニキビは不衛生だと発症しやすいので、いつも背中や頬を清潔にするように心がけてみました。

このようにしていくうちに、いつの間にか大人ニキビで悩まされる日々はなくなっていったのです。

やはり規則正しく生活をしていれば、ニキビなんて出ることはなくなってくるのだと感じられました。

もう大人ニキビで悩むことはイヤなので、このまま規則正しく生活していこうと思っています。」

 

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク