しつこいニキビ跡を消すおすすめの化粧水&美容液4本

スポンサードリンク

 

OL

「ニキビ跡がなかなか消えないんだけど、どうしたらいいの?」

「ニキビ跡を早く消す方法って、何かないかなぁ、、、」

ニキビは治っても、ニキビ跡がいつまでも治らずに困っている方はいませんか?

大人になってからできるニキビ跡はなかなか消えないし、仕事やデートに行くのにも目立ってしまうと嫌ですよね。

そんなときに役に立つのがニキビ跡に効果のある化粧水や美容液です。

しかし、スキンケア化粧品は世の中にたくさんあるし、どれを選べば本当にニキビ跡に効果があるのかいまいちよく分かりませんよね。

この記事ではニキビ跡ができる原因から治し方、そしてニキビ跡に有効な成分、おすすめの化粧水を紹介しています。

みなさんのニキビ跡が少しでも早く治せるように、参考にしていただければ幸いです。

 

1、ニキビ跡ができる原因

ニキビが治っても、その後にニキビ跡が残ってしまうことがあります。

ニキビ跡が残るのは、ニキビができたときの炎症によって、肌がうっ血(血流の障害により静脈内に血液がたまった状態)しているからです。

そもそもニキビは、酸化した皮脂や古い角質が毛穴を詰まらせることで起こります

詰まった毛穴の内部でアクネ菌が異常繁殖すると、炎症したニキビができてしまいます。

こうなると肌の表面は綺麗になっても、赤い色だけが肌に残ってしまいます。

もう少し詳しく説明すると、アクネ菌が異常繁殖する際に白血球遊走因子を出します。

そして、炎症を引き起こすリンパ球やマクロファージなどを誘導します。

毛穴周辺の細胞が破壊されると、免疫反応によって細胞が集まって治癒反応が起こります。

その結果、破壊された肌を再生しようとして、ニキビの周りに毛細血管が増えるので、その分だけ赤く見えるようになってしまいます。

また、炎症が肌の深い部分で起こるとターンオーバーが正常に機能しなくなり、ニキビ跡の赤みはなかなか消えません。

ニキビ自体は正しいスキンケアや生活習慣を改善することで防ぐことができます。

しかし、ニキビの炎症でできたニキビ跡は、肌にダメージが残ったままになります。

具体的には肌に赤色や茶色の跡が残ったり、重症化すると凹んでクレーター状になったりします。

これらを総称してニキビ跡と呼んでいますが、これはニキビが治る過程でうまく再生されなかったために起こります。

ニキビができている部分が赤くなるのは、毛細血管に血が溜まっている色が見えているからです。

また、ニキビ跡が茶色いシミ状に残ってしまうのは、色素沈着している可能性があります。

メラニンはシミの原因物質として知られていますが、炎症したニキビの周辺にも発生します。

肌を守るために必要な物質ですが、ニキビが治った後もメラニンが発生し続けると色素沈着してしまいます。

ニキビの炎症で肌細胞の損傷が激しい場合は、肌の再生が間に合わずデコボコのクレーター状になって残ってしまいます。

「じゃあ、ニキビ跡ができるのを防ぐことってできないの?」と思われますよね。

ニキビ跡ができるのを防ぐためには、ニキビそのものができるのを予防するしかありません。

炎症したニキビができてしまってからは、なるべくニキビを悪化させないようにすることが大切です。

 

2、ニキビ跡を綺麗に早く治す方法

ニキビ跡治し方

「ニキビ跡ができちゃったら、もうどうすることもできないの?」と思われる方もいるでしょう。

しかし、そんなことはありません。

ニキビ跡ができてしまってからでもなるべく早く、そして綺麗に治す方法はあります。

そもそも、ニキビ跡は肌が本来持っている再生能力であるターンオーバーが正常に働いていれば、自然に消えていきます。

新しい皮膚が肌の内部で再生されることで、古い皮膚は徐々に押し出されて剥がれ落ちていきます。

その繰り返しによって、肌は常に綺麗な状態を保てるようになっています。

その過程でニキビ跡のうっ血や、色素沈着も少しずつ薄くなっていきます。

「でも、私のニキビ跡は全然消えてくれないんだけど、、、」という方もいますよね。

それは何らかの原因でターンオーバーが正常に機能していないからです。

偏った食生活・慢性的な睡眠不足・過度のストレスがあるとターンオーバーは乱れてしまいます。

また、20歳をすぎると加齢によってもターンオーバーの周期が遅れていき、肌の再生能力は低下しています。

ちょっとしたことでも肌が荒れて乾燥しやすくなる、ニキビができるのはそのためです。

特に睡眠時間は肌の状態に直接影響します。

ターンオーバーは寝ているときに最も活発に働くので、仕事や遊びで夜更かしをしてしまったり、睡眠時間が少なくなると、一気に肌が荒れてカサついてしまいます。

このように「ニキビ跡がなかなか消えない、、、」という方はターンオーバーが遅れている、あるいは乱れていると考えられます。

「じゃあ、ターンオーバーが遅れている分だけ、ニキビ跡は治りにくくなるの?」というと、その通りです。

思春期の頃はターンオーバーが活発なので、ニキビ跡になっても比較的すぐに治ります。

しかし、大人になってからできるニキビ跡は、ターンオーバーが遅くなるのでなかなか治りません。

では、どうすればニキビ跡を早く治すことができるのでしょうか?

それにはまず生活習慣を改善することです。食事は栄養が偏らないように、バランス良く食べるようにします。

特に現代人はビタミンとミネラル・良質なタンパク質が不足しがちです。

緑黄色野菜やフルーツ・魚介類・大豆製品・脂肪の少ない肉類を食べるようにしましょう。

それでもどうしても食事が偏るときはサプリメントを活用するのもひとつの方法です。

また、睡眠不足にならないにように、毎日の睡眠時間はしっかり確保します。

最低でも6時間、できれば7〜8時間は寝るようにするといいでしょう。

そのためには帰ってきてからダラダラ過ごさない、お風呂もほどほどにしておくことです。

よく寝る前にスマホを触っている方がいますが、寝る前にスマホを見ているといつの間にか時間が経ってしまいます。

また、寝る前に液晶の画面を見続けることは睡眠の質を低下させます。

毎日の生活習慣を改善させることは一見地味なことに思えますが、ニキビ跡を早く消すためには確実に効果が期待できる方法です。

「でも、私は食生活にも気をつけてるし、睡眠時間も問題ないはずなんだけど、、、」という方もいるかもしれません。

それにはもうひとつのニキビ跡を早く消す方法である、スキンケアを見直してみることをおすすめします。

生活習慣の改善と、正しいスキンケアをすることで、より早くニキビ跡を消すことができます。

スキンケア化粧品の中には、ターンオーバーを促す有効成分を配合しているものがあります。

ターンオーバーを促進して、ニキビ跡を早く消すことに効果がある成分はビタミンC誘導体などがあります。

ニキビ跡に有効な成分が配合されたスキンケア化粧品を使うと、新しい肌細胞が作られやすくなります。

真皮から肌細胞が生み出されることによって、うっ血したニキビ跡やシミになった色素沈着は徐々に表皮へと押し上げられていきます。

ただし、凸凹になったクレーター状のニキビ跡は、毎日のスキンケアだけで治すことは困難です。

凸凹のニキビ跡を治すためにはレーザー治療やケミカルピーリングなど、美容外科や美容皮膚科で治療してもらう必要があります。

しかし、ある程度は目立たなくさせることはできますが、それでも凸凹のニキビ跡を完治させるのは難しいのが現状です。

目立つ凸凹のニキビ跡を薄く、目立たなくするには根気と高額な治療費がかかります。

また、信頼できるクリニックを選ぶことが重要です。

いきなりひとつのクリニックを選んでしまうのではなく、複数のクリニックを受診して、自分が納得できるところを選びましょう。

 

3、ニキビ跡に効果のある化粧水・美容液の選び方

 

OL

「でも、ニキビ跡を改善できる化粧水って何があるの?」と迷いますよね。

ニキビ跡に効果がある化粧水を選ぶためには、有効成分がきちんと配合されているものを選ばなければいけません。

先ほども書いたように、ニキビ跡の赤みを改善させるためには、ビタミンC誘導体が効果的です。

赤みに効果のあるビタミンC誘導体はこのような成分表示があるものです。

・APPS(アプレシエ・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)・APIS(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)

・リン酸アスコルビルNa(APS)・リン酸アスコルビルMg(APM)

・テトラへキシルデカン酸アスコルビル・テトラリン酸アスコルビル

また、シミになって色素沈着してしまったニキビ跡は、美白成分が入っている化粧水・美容液を選びましょう。

美白に効果のある成分はこのようなものがあります。

・アルブチン・コウジ酸・プラセンタエキス

・ハイドロキノン・リノール酸S・ビタミンC誘導体

 

4、赤みのあるニキビ跡に効果のあるおすすめの化粧水・美容液

高浸透型ビタミン誘導体配合:ナリスコスメティック「サイクルプラス」

サイクルプラス2

ナリスコスメティックのサイクルプラスは高浸透型のビタミンC誘導体「APPS」(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)を配合しています。

APPSは従来までのビタミンC誘導体と比べて、100倍の浸透力があるというデータが得られています。

しかし、APPSは浸透力が高い変わりに、化粧品に溶けた状態では変性しやすいというデメリットがあります。

そのため、サイクルプラスでは使い始める直前に、APPSの粉末を化粧水に溶かして使う必要があります。

少し手間がかかりますが、その分APPSの効果を十分に発揮させることができます。

1本を1ヶ月で使い切るのが目安なので、その分だけ集中して肌のケアができるのではないでしょうか。

公式サイトから申し込むと送料無料、初回限定で2800円相当のサンプルもタダでもらえます。

サイクルプラス1

【ローション】水、グリセリン、BG、オリゴペプチド-24、アセチルデカペプチド-
3、パルミトイルトリペプチド-5、α-アルブチン、カンゾウ葉エキス、イタドリ根エキス、

ダイズエキス、バラエキス、グルコシルセラミド、トコフェリル リン酸Na、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、

ヒアルロン酸クロスポリ マ-Na、ヨクイニンエキス、サリックスニグラ樹皮エキス、ポリクオタニウム-61、ノバラエキス、グリチルリチン酸2K、シロキクラゲ多糖体、ヒドロキ シエチルウレア、

コハク酸ジエトキシエチル、水添ポリイソブテン、オレイン酸ポリグリセリル-10、ラウリン酸ポリグリセリル-10、オレイン酸ポリグリ セリル-2、クエン酸Na、クエン酸、

ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、α-グルカン、ペンチレングリコ-ル、フェノキシエタノ-ル、エチルヘキシ ルグリセリン、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、HEDTA-3Na

【パウダー】パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、マンニトール、クエン酸Na、オウレンエキス

【サイクルプラスはこんな人におすすめ!】

・最新のビタミンC誘導体が入った化粧水を使いたい方

・ニキビ跡をなるべく早く消したいという人

・肌への浸透力が高いものを選びたい方

▼サイクルプラスの初回限定お試しセット▼
エイジングケア
サイクルプラス

 

200倍の浸透力があるビタミンC誘導体:SiBODY「VCローション」

VCローション

SiBODYの「VCローション」には独自のビタミンC誘導体VC200(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)を配合しています。

VC200の効果は従来のビタミンC誘導体と比べて、200倍の浸透力があるというデータが得られています。

単純計算ではありますが、かなり効果の高いビタミンC誘導体を配合していると言えるでしょう。

その他にもセイヨウオトギリソウエキス、オウレンエキス、カンゾウ根エキス、セイヨウハッカ葉エキス、オウバクエキスなど肌を綺麗に保つためのエキスを配合しています。

無香料・無着色・パラベン・アルコール・界面活性剤・鉱物油フリーで肌に優しい化粧水になっています。

ニキビ1

水、 ペンチレングリコール、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na、レチノイン酸トコフェリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トコフェ ロール、サリチル酸、セイヨウオトギリソウエキス、

オウレンエキス、カンゾウ根エキス、セイヨウハッカ葉エキス、オウバクエキス、アルギニン、クエン酸、 グリセリン、BG、フェノキシエタノール、EDTA-4Na

【SiBODYはこんな人におすすめ!】

・高濃度のビタミンC誘導体を使ってみたい人

・ニキビ肌に優しい植物エキスを試してみたい方

・毛穴のザラつきをなくしたい人

▼SiBODYのVCスタータートライアルセット▼

VCスターターセット

 

シミになってしまったニキビ跡に効果のあるおすすめの化粧水・美容液

ニキビ跡ケアとエイジングケアが同時にできる:アスタリフト「ALローションR」

アスタリフト1

アスタリフトのALローションRはエイジングケア成分のアスタキサンチンと、美白成分のアルブチンを配合しています。

これによって美白だけでなく、アンチエイジング効果も期待できます。

独自成分のナノAMA(アジア酸・マデカット酸・アジアチコシド)を配合しており、メラノサイトを落ち着かせて、肌本来のメラニン分解を助けます。

これらの成分をナノ処理することによって、さらに浸透力をアップさせています。

超極小の成分が角層まで浸透して、奥で固まったメラニンに作用します。

アスタリフト2

有効成分:アルブチン、グリチルリチン酸ジカリウム

そ の他の成分:コラーゲン・トリペプチド F、水溶性コラーゲン液、アスタキサンチン液、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、ツボクサエキス、ヒアルロン酸Na-2、海藻エキス(1)、リン酸 L-アスコルビルマグネシウム、

天然ビタミンE、大豆リン脂質、濃グリセリン、DPG、POEメチルグルコシド、BG、PEG1540、エタノール、 POE水添ヒマシ油、グリセリンエチルヘキシルエーテル、オレイン酸ポリグリセリル、

ショ糖脂肪酸エステル、グリセリン、フェノキシエタノール、香料、 pH調整剤

【アスタリフトはこんな人におすすめ!】

・シミになってしまったニキビ跡を治したい方

・ニキビケアだけでなくアンチエイジングもしたい人

・肌の乾燥が気になる方

▼アスタリフトホワイト美白トライアルキット▼

アスタリフトホワイト

敏感肌でも使用可能:ディセンシア「サエル ホワイトニング エッセンス クリアリスト」

サエル1

ディセンシアのサエルは、独自の美白技術を使っているので敏感肌でも使うことができます。

サエルでは敏感肌特有の肌サイクルを研究しており、敏感肌でも美白ができる独自理論でスキンケア化粧品を開発しています。

その過程ではメラニンを黒くしないことと、作らせないことのダブルアプローチをしてくれます。

オリジナル複合美白処方「ダブルメラノブロッカー処方」で一点のシミに対し、より強力に作用します。

肌に素早くなじむ「浸透性保湿成分」と後肌を柔らかく「柔肌保湿成分」、

後肌をつるつるにしてくれる「整肌保湿成分」の性質の違う3種の保湿成分をバランスよく配合しています。

浸透の高さと、後肌の柔軟・均一性を両立した「トリプルモイスチャー処方」を採用しています。

サエル2

有効成分】アルブチン

【その他の成分】水、BG、濃グリセリン、PEG-8、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、セイヨウノコギリソウエキス、デイ・リリー 花発酵液、コウキエキス-2、

ムラサキシキブ果実エキス、マロニエエキス、セラミド2、ハトムギ発酵液、グリチルリチン酸2K、ローズ水、ローズマリーエ キス、グリセリン、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、キサンタンガム、

オレイン酸ポリグリセリル、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、コハク 酸ジエトキシエチル、フィトステロール、クエン酸、クエン酸Na、ポリアクリル酸Na、カルボキシビニルポリマー、

セタノール、ジエチレントリアミン5酢 酸5Na液、フェノキシエタノール、メチルパラベン

【ディセンシアサエルはこんな人におすすめ!】

・敏感肌専用の美白ケアをしたい方

・ニキビでくすみがちな肌に透明感を出したい方

・新しいシミを作らないように予防ケアをしたい人

▼ディセンシア「サエル」トライアルセット▼

ディセンシアサエル

 

 

 

 

 

 

 

 

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク