ニキビ跡で鬱(うつ)になりそうな方へのニキビ改善法

スポンサードリンク

ニキビうつ

「マジでニキビ跡が治らないし、人前出るのも嫌だ、、、」

ニキビ跡はしつこいくらい治りにくく、そのせいで鬱(うつ)になってしまうこともあるくらいです。

ニキビ跡に悩まされているとき、どうやって解決すればいいのでしょうか?

ニキビ跡でうつになりそうな方への解決法を提案していきます。

 

1、ニキビ跡のせいで鬱(うつ)になってしまう

ニキビ跡ができると、長年悩まされてしまいますよね。

なかなか治らないし、赤く残るから目立ってしまって本当にうつになりそうです。

皮膚科では炎症したニキビへの処置はしてくれるのですが、ニキビの予防やニキビ跡への対策はしてくれません。

色々な薬や治療法を試しても効果がないと、あきらめてしまっている方もいるのではないでしょうか?

それぐらいニキビ跡はやっかいなやつです。

ニキビが消えても跡が残ってしまい、顔中が真っ赤なブツブツが残ってしまいます。

ニキビ跡に悩まされている方の中には、「食事や洗顔に気をつかっているのに治らない。」

「皮膚科を何件もまわっているのに、同じ処置しかしてくれない。」という声も聞きます。

 

自分では頑張って治そうとしているのに、鏡で自分の顔を見るたびにうつになってしまいます。

外出するときは、マスクで顔を隠して過ごしているという方も多いです。

人と顔を合わせるのがつらくて、外出することも減ってしまいます。

顔のニキビ跡は目立つところなだけに、次第に心までボロボロになってしまいがちです。

「顔のことを気にしてしまうため、恋愛も楽しいことも何もできない。」

「一生この顔のままなのかと不安でしょうがない、、、」というのは、あなただけではありません。

僕も学生のころ、ずーーーーっとニキビ跡に悩まれていました。

「みんなが自分の顔を見ている気がするから学校に行きたくない。」

「みんな普通の肌なのに、なんで自分だけなんでこうなるんだ、、、」

そうやって自分の部屋でふさぎこむばかりでした。

1個や2個ならまだいいんだけど、顔中にニキビができることもありますよね。

ニキビに深刻に悩んでいる人は、うつ病になってしまうくらいです。

僕はなんとかうつ病にはなりませんでしたが、恋愛はあきらめていました。

ニキビ跡ができたことがない人には、分からない深刻でつらいものですよね。

 

 2、本格的に治療するなら、ニキビ専門の皮膚科がおすすめ

もし通院できる状態なら、ニキビを専門に扱っている皮膚科か美容クリニックを受診してみてください。

それも何件かまわってみて、本当に親身に相談に乗ってくれる医師を見つけましょう。

ニキビを専門で診てくれる皮膚科はまだまだ全国でも少ないほうですが、街の皮膚科医では判断できないきめ細やかな処方をしてくれるはずです。

というのも、ニキビができる原因は、本当に人それぞれだからです。

基本的には皮脂の過剰な分泌や、角質が固くなって毛穴が詰まる、アクネ菌の異常繁殖などがあります。

しかし、なぜそうなるのかは、人によって違います。

ホルモンの影響なのか、食生活なのか、スキンケアなのか、それとも他に原因があるのか、それを特定して地道に治療していく必要があります。

ニキビ専門の皮膚科では、あなたに合った治療法をマンツーマンで提供してくれるでしょう。

もし、ニキビ専門の皮膚科に行ったことがない方は、一度受診してみることをおすすめします。

それでも「人に自分の顔を見せるのが嫌だ」、「外出するのは無理」という方に、できる限りの自宅ケアを提案します。

もちろん皮膚科に通っている方でも、日頃のスキンケアはとても重要なので参考にしてみてください。

 

 3、自宅でできるニキビ跡の治療法

基本的に、ニキビとニキビ跡では対策方法が異なります。

まずはニキビができにくい肌にする必要があります。

ニキビができにくい肌質にするためには、食生活と睡眠、そして正しいスキンケアです。

食生活は暴飲暴食を控えて、コンビニやインスタントなどの加工食品を極力食べないことです。

野菜と豆類を積極的に食べることによって、肌の再生に必要なビタミンとミネラル・タンパク質を補いましょう。

食生活に気をつける人は多いのですが、肌への影響が大きいのは実は睡眠不足です。

特に、現代の日本人は世界的に見ても、睡眠時間が少ないことで有名です。

平均睡眠時間が6時間以下しかない、という人も珍しくありません。

本気でニキビ対策がしたいなら、最低でも7時間は寝るようにしましょう。

睡眠時間が8時間とれたらベストです。

それぐらい睡眠時間とニキビには密接な関係があります。

 

ニキビができにくい肌にするためには正しいスキンケアが必須です。

ニキビの治療薬では、一時的にニキビを治すことができるだけです。

スキンケアでは、洗顔方法と洗顔料を見直しましょう。

洗顔は朝と夜の2回行います。

参加した古い皮脂はしっかり落とさなければなりませんが、洗い過ぎると肌のバリア機能まで壊してしまいます。

洗顔料はニキビケア用のものを使いましょう。

日本人のニキビケアには日本で開発されたニキビ用のスキンケア化粧品がおすすめです。

おすすめのニキビケア化粧品

 

では、肝心の自宅でできるニキビ跡の治療についてです。

ニキビ跡には2種類あります。

ニキビができていた箇所が赤く残るニキビ跡と、凸凹のクレーター状に残るタイプの2つがあります。

赤く残るニキビ跡は、日頃のスキンケアで少しずつ薄くしていくことができます。

とくにビタミンC誘導体がよく効くのでおすすめです。

ビタミンC誘導体には肌の炎症を抑えるだけでなく、コラーゲンの生成を促す作用があります。

あとは肌の再生力であるターンオーバーを正常化させるために、睡眠時間はしっかりとりましょう。

ニキビ跡に効くビタミンC誘導体

 

一方、凸凹のクレーター肌ですが、残念ながら自力で治すのはかなり難しいです。

美容整形外科で治療しても、元通りにはならないでしょう。

なぜかというと、凸凹のクレーター肌は真皮の細胞が傷ついてしまい、再生させることができないからです

根気よく治療を続けていけば、凸凹を目立たなくさせることはできます。

ごく小さいクレーターであれば、自宅でできるピーリング石けんが多少効果があるかもしれません。

いずれにせよ、規則正しい生活(とくに睡眠)とスキンケアを根気よく続けていきましょう。

自宅で使えるピーリング石けん

 

まとめ

ニキビ跡は本当にやっかいで悩ましいものです。

なかなか治らなくてもどかしい毎日になってしまいます。

通える範囲にニキビ専門の皮膚科があったらぜひ一度受診してみてください。

それができない場合は自宅でできるスキンケア方法を試してみましょう。

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク