ニキビを治すために最低限必要な睡眠時間

スポンサードリンク

睡眠不足ニキビ2

ニキビを治すためには、睡眠時間がどれぐらい必要なのでしょうか?

ずばりニキビを治すためには、最低でも6時間は寝るようにしてください。

どうして6時間は必要なのかというと、肌は寝ている時に一番再生されているからです。

睡眠時間が短くなると、肌の生まれ変わりであるターンーオーバーがどんどん遅れてしまいます。

肌荒れが進行してしまい、結果として大人ニキビが増えていってしまいます。

健康的な肌にするためには、睡眠をしっかり取ることが重要です。

そのためには、少なくとも午前1時までには寝ましょう。

最近は、布団の中でもスマホを触って夜更かしをする人が増えています。

寝るまでには目が覚めてしまわないように、できるだけリラックスする時間を過ごしましょう。

1、ニキビを治すためには睡眠が6時間以上必要

大人ニキビを治すためには、最低でも6時間は睡眠時間が必要です。

どうして睡眠時間が6時間必要なのかというと、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを正常に機能させるためです。

睡眠不足になるとニキビができやすくなるのは、多くの方が経験していることかと思います。

睡眠不足が習慣化してしまうと、それがニキビの原因だということも分かりにくくなってしまいます。

ニキビ予防のために、食生活に気をつけているという女性の方は多いかもしれません。

緑黄色野菜を食べたり、揚げ物を控えることはたしかに重要です。

しかし、食事を気をつけるのと同じくらい睡眠をしっかりとることも大切です。

食事は一食くらい栄養バランスが悪くても、肌への影響は少ないです。

しかし、睡眠は一晩足りなくなると、すぐに肌荒れとして現れてきます。

栄養は多少体内にあるもので補うことができますが、睡眠はためておくことができません。

寝だめすれば、その分だけ肌が再生されるわけではありません。

規則正しく毎日6時間以上寝るのが、ニキビを治すためには必要です。

 

2、睡眠不足は肌荒れの原因

なぜ睡眠不足になると、ニキビができやすくなるのでしょうか?

それは、睡眠不足が肌のターンオーバーを遅くするからです。

肌のターンオーバーが遅くなればなるほど、肌荒れをして毛穴が詰まりやすくなります。

肌の細胞は寝ている時に、もっとも再生されています。

起きているときは脳や内蔵を働かさなければならないため、皮膚や末端の組織にあまり栄養が届きません。

ところが、睡眠状態になると脳が活動を停止し、血液が肌へ栄養を運んでくるようになります。

栄養は表皮の奥で新しい肌細胞を作るために使われ、表面の角質はアカになってはがれ落ちます。

これらのサイクルをターンオーバーと呼び、一番奥の肌細胞が表面の角質になるにはおよそ4週間ほどかかります。

このターンオーバーは若いときほどサイクルが速く、20歳をピークにして徐々に遅くなっていきます。

40代にもなれば、6週間もかかると言われています。

このターンオーバーの遅れが、大人ニキビの原因になります。

睡眠不足になれば、さらにターンオーバーは遅れていきます。

寝る時間が少ないと、肌が十分に再生されないからです。

若いときはターンオーバーが速いので、少しくらい寝不足になっても影響は少ないです。

しかし、30代や40代にもなれば、睡眠不足による肌への影響は大きくなります。

結果として、大人ニキビができやすい状態になってしまいます。

 

3、寝る前にはリラックスする

寝る前にパソコンを見ていたり、スマートフォンを触っていませんでしょうか?

これらの行為は脳を活性化させ、目を覚まさせてしまうので寝入りが浅くなったり、なかなか寝つけなくなってしまいます。

自分の興味のあることは交感神経を刺激し、脳を興奮させてしまうからです。

布団に入ったらスマホを触らずに、すぐに目を閉じましょう。

また、布団に入る1時間くらい前には、部屋の明かりを暗めに設定しておくことです。

自然の世界では日没から少しずつ暗くなっていき、寝るための準備が整っていきます。

しかし、人の家には明かりがあるため、外が暗くなっても部屋は明るいままですよね。

寝る直前まで蛍光灯の明かりを最大にしていては、脳が夜だと認識できないままになってしまいます。

また、緑茶やコーヒーなどに含まれるカフェインは、交感神経を刺激して脳を活性化させます。

できれば、夜の8時以降にはカフェインを含む飲み物を控えるようにしましょう。

 

4、午前1時までには寝ること

夜の10時から2時までは睡眠のゴールデンタイムと言われていますが、この時間に寝れなくても午前1時までには寝るようにしましょう。

今の日本の生活リズムでは、午後10時に寝るというのはなかなか難しいですよね。

睡眠時間を6時間取るためには、12時から午前1時くらいの間に寝るのがいいでしょう。

そもそも夜の10時から2時までが睡眠のゴールデンタイムというのは、サーディアンリズムという学説がもとになっています。

人間の体内時計は朝起きて、太陽の光を浴びてから14時間後に眠くなるようになっているという理論です。

例えば、朝の8時に起きると、14時間後の午後10時に寝るのが理想的になるということです。

たしかにその理論は、体内時計に合っているのかもしれません。

しかし、午後10時に寝るのはあまり現実的ではありません。

睡眠時間を6時間確保しながらも、規則正しい生活をするためには午後1時までに寝るのがベターです。

 

まとめ

大人ニキビを治すためには最低でも6時間は寝るようにする

睡眠不足はターンオーバーを遅らせ、肌荒れとニキビの原因になる

寝つきを良くするために、1時間前くらいには部屋の明かりを暗めにする

午前1時までに寝ると睡眠時間を確保しやすい

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク