ニキビをなくすための正しい洗顔方法:完全保存版

スポンサードリンク

OL

ニキビをなくすためにはどうやって洗顔したらいいの?

最近はネットでも雑誌でも様々な洗顔方法が紹介されていて、どんな方法がいいのかよく分かりませんよね。

洗顔でニキビ予防するときの一番のポイントは「皮脂や汚れをしっかり落とし、なおかつ肌を傷つけないように洗う」ことです。

そのためには正しい洗顔方法と、皮脂をしっかり落とせる洗顔料がおすすめです。

肌はひとりひとり状態が違うので、自分なりの理想の洗顔方法を見つけていただければ幸いです。

 

1、ニキビをなくすための正しい洗顔方法

ニキビをなくすためにまずは正しい洗顔方法を身につけましょう。

いくら素晴らしい洗顔料や化粧水を使っても、正しい洗顔ができていなくては台無しです。

逆に、正しい洗顔方法を身につけていれば、ニキビ予防の効果もグッと高くなります。

 

正しい洗顔方法

①、まずは手をよく洗い、顔にぬるま湯をパシャパシャかけて濡らしておきます。

②、洗顔料を適量とり、よく泡立てます。

③、額と鼻のTゾーンに泡を乗せて、皮脂や汚れとなじませていきます。

④、次に、頬とあごのUゾーンに泡をのせて、皮脂や汚れとなじませていきます。

⑤、ぬるま湯を使って、丁寧に洗い流しましょう。このとき、すすぎ残しがないように注意します。

⑥、肌を軽くおさえるように、やわらかいタオルを使って水気をとります。

 

洗顔のポイントは泡です。

泡の量はみかん大くらいの大きさがあればいいでしょう。

洗顔料の適量は石けんタイプなら両手で、10〜15回ほど転がしたくらいの量です。

手だけでうまく泡立てることができないときは、泡立てネットを使うと簡単に泡が作れます。

ただし、あふれるくらい泡立てる必要はありません。

 

なぜかというと、たくさん泡立てても洗浄力は変わらないからです。

ソフトクリームのように滑らかモコモコの泡を作る必要はありません。

泡は肌と手とのクッションになれば、それで十分です。

逆に、手で肌をゴシゴシとこするように洗わないようにしてください。

力加減は卵が割れない程度の力で洗いましょう。

手でこすらないと汚れは落ちないように思いますが、洗顔料は肌に乗せておくだけでも汚れや皮脂を浮き上がらせてくれます。

泡で顔を包み込むような感じで、手で泡を転がしていくだけでしっかり洗うことができます。

 

顔を洗う順番は、額→鼻→顎→頬→その他細かい部分、という順番で洗うといいでしょう。

特に眉間、小鼻、あごのくぼみは洗い残しが多くなる部分です。

それらの部分は薬指を使って、丁寧に洗いましょう。

顔の皮膚は額と鼻のTゾーンが一番丈夫です。

次が頬の肌で、一番弱いのは目元です。

この順番で洗っていくとまんべんなく洗えます。

顔を洗うときは、ほお骨のところをこすってしまいがちなので注意しましょう。

 

最後に、ぬるま湯で丁寧にすすぎます。

洗い残しがあると肌のバリアを壊してしまい、ニキビの原因になります。

髪の生え際やあごのラインなどは、すすぎ残しが多くなりがちです。

髪の毛や胸元が濡れてもかまわないくらい、気にせずしっかりすすぎましょう。

すすぎ終わった肌への指のすべり具合で、顔に油が残っているかどうかを確認できます。

もし皮脂が多いTゾーンに皮脂が残っているようだったら、Tゾーンだけ2回洗ってもいいでしょう。

顔をすすぎ終わったら柔らかいタオルで押さえるように水気を取ります。

 

2、肌をこすってもニキビや毛穴の詰まりを落とすことはできない

ニキビの原因のひとつに肌を触ったり、こすったりするなど外部からの刺激があります。

ニキビができやすい方は、洗顔時に肌をゴシゴシこすっていないかどうかを確認してみましょう。

とはいえ、多くの方が「別に自分は普通に洗ってるけど。」と思っています。

他の人と自分の洗い方を比べる機会はなかなかないですよね。

しかし、「普通に」とか、「優しく」という基準は人によってそれぞれ違います。

実際に洗顔の仕方を聞いてみると、かなり個人差があることが分かりました。

その結果、ニキビや毛穴の詰まりがある人ほど、肌をこすっている傾向があります。

ニキビがあるとどうしても気になって、そこを重点的にこすってしまいがちです。

しかし、実際には洗顔でニキビの膿や、毛穴の詰まりまで溶かし出すことはできません。

その前に肌が傷ついてしまうので、肌をこすることは百害あって一利なしです。

洗顔はよく泡立てた泡でやさしく洗うようにしましょう。

 

3、洗顔料は皮脂を落とす事が目的

洗顔料に保湿力を求める必要はありません。

保湿は洗顔後、すぐに化粧水や美容液で行えばいいことです。

洗顔料は余計な皮脂と汚れを落とすことが第一の目的であり、ニキビ予防に効果的です。

落とすものはしっかり落としておかないと、毛穴の詰まりになってニキビができてしまいます。

洗顔で皮脂と汚れを落とし、その後に保湿をしっかり行う。

この方法がニキビができにくいスキンケアです。

洗顔でしっかり皮脂を落とさないと、その後の化粧水や美容液の保湿成分が肌に十分浸透しません。

例えば、床をきれいにするときは汚れをしっかり掃除してからワックスをかけてピカピカにしますよね。

それと同じように汚れと皮脂をしっかり落としてから、保湿を徹底するのが一番のニキビ予防です。

 

最近はネットや雑誌で様々な洗顔方法が紹介されています。

「しっかり洗うと肌が乾燥してニキビになる」という意見もあるためか、顔を洗わなさすぎる人もいるようです。

しかし、40代くらいまでの人には皮脂分泌があります。

アトピー性皮膚炎や極端な乾燥肌の場合を除いて、朝と夜は洗顔料を使ってしっかり洗った方がいいでしょう。

洗顔できちんと皮脂を落とさないと、酸化された古い皮脂がニキビの原因になります。

そもそも、肌のうるおいを保つのは皮脂ではなく、セラミドやNMF(Natural Moisturizing Factor:天然保湿因子)などです。

洗顔で油分をしっかり落としても、保湿をしっかりすれば大丈夫です。

それより古い皮脂を肌に残しておくほうがニキビができやすくなります。

自分では洗ったつもりでも、酸化した皮脂が残っているとニキビの原因になります。

 

しっとり洗顔料では油分が肌に残るため、どれくらい汚れと皮脂が落ちているのか分かりにくいという欠点があります。

洗顔すると皮脂や汚れと一緒にセラミドやNMFなど、もともと肌にあるうるおい成分も一緒に流れてしまいます。

洗顔はそれらのうるおい成分の流出を最小限にしながら、汚れをきちんと落とさなければなりません。

しかし、しっとり洗顔料を使ってゆっくり丁寧に洗っていると、肌に必要なうるおい成分が大量に流れてしまっても気付かないという恐れがあります。

肌のうるおい成分は流れてしまったのに、油分は肌に残っているからうるおっているような感触が残ります。

実際は肌のうるおい成分が流れてしまったので、肌が乾燥しやすくニキビになりやすいことになってしまいます。

また、洗顔料は弱酸性かどうかもあまり関係がないことです。

肌が弱酸性だとしても水道水が中性なので、すすいだ後の肌は中性になります。

洗顔後に弱酸性の化粧水を使えば問題ありませんし、最近の化粧水はほとんど弱酸性に作られています。

肌のためにはクレンジングはマイルドに、洗顔はさっぱりしたものを使いましょう。

 

洗顔に含まれる界面活性剤をむやみやたらに悪者扱いしている方がたまにいます。

界面活性剤は油と水を混ぜるためのもので、皮脂や汚れを水で落とすときには絶対に必要です。

また、乳液やクリームのように水と油を混ぜて作られているものには乳化剤として、すべて使われています。

油を水と混ぜる性質があるので、肌表面のセラミド、NMF(天然保湿成分)などのうるおい成分も溶かし出してしまいます。

界面活性剤を使い過ぎると、肌が荒れてニキビができやすくなるのはそのためです。

ただし、界面活性剤にも様々な種類があり、肌への刺激の強さにも差があります。

肌の表面には天然の界面活性剤のようなものがあり、皮脂と水分を乳化させて肌を守っているものもあります。

つまり、界面活性剤が完全に悪いというものではありません。

刺激が強い界面活性剤を使い過ぎるのはよくないということです。

 

4、ニキビ予防できる洗顔料の選び方

ニキビを予防するためには、洗ったときにさっぱりする洗顔料を選びましょう。

よく「しっとりする洗顔料のほうが肌に優しいんじゃないの?」と聞かれることがあるのですが、そんなことはありません。

実は、洗ったあとのしっとり感は洗顔料に含まれている油分によることがほとんどです。

つまり、もともとの肌のうるおいが残っているわけではありません。

肌にとって大切なうるおいとは油分ではなく、水分と保湿成分です。

むしろ、油分が残っていることは、ニキビ予防にとってよくありません。

しっとりする洗顔料には平均すると30%もの油分が含まれいます。

一方で、さっぱりする洗顔料には油分はほとんど含まれていません。

さっぱり系の固形石鹸では、わずか5%ほどの油分しか含まれていません。

もし、さっぱりする洗顔料を使って肌がつっぱって乾燥するのであれば、洗顔後の保湿を徹底するほうが効果的です。

 

大人ニキビを治すためには化粧品選びが重要です。

特に炎症しているニキビがある肌は、バリア機能が低下しています。

この時に化粧品選びを間違って刺激を与えると、炎症が悪化してしまうからです。

へたをするとニキビ跡になったり、クレーターになるので刺激の少ないニキビケアの化粧品を選びましょう。

化粧品の中で肌への刺激になるのは、界面活性剤、アルコール、防腐剤、合成着色料、香料などがあります。

もちろん、これらのものがすべて肌に悪影響を与えるわけではありません。

例えば、界面活性剤は皮脂や汚れを落とすために絶対に必要なものです。

肌の状態に合わせて、ニキビに有効な成分が入っているものを選びましょう。

 

ニキビを少しでも早く改善するためには炎症を抑え、悪化させないようにすることが大切です。

そのためには、ニキビケアするための化粧品の選び方について知る必要があります。

ニキビケア化粧品の中でもっとも大切なのは洗顔料と保湿化粧品です。

ニキビケア化粧品は、最低でも洗顔料と保湿用の化粧水か美容液を使ってください。

皮脂は毎日落とさないと、毛穴詰まりの原因になり、大人ニキビができやすくなります。

化粧水さえあればなんでもいいわけではありません。

保湿をするためには保湿成分を含んだ化粧水か美容液を使いましょう。

 

大人ニキビができた時にどんな化粧品を使えばいいのか悩みますよね。

本当にニキビに効いてるのか分かりにくいし、たくさんある化粧品の中から選ぶのは大変ではないでしょうか。

実は、大人ニキビに効く化粧品を選ぶときのポイントは3つあります。

①消炎効果、②肌への刺激の強さ、③化粧品に含まれる油分の3つです。

例えば、ドラッグストアにあるニキビ専用の市販品は洗浄力が強過ぎて、肌の保湿成分まで洗い流してしまう恐れがあります。

確かにアクネ菌や皮脂を洗い流すことは大切ですが、洗浄力が強すぎると肌の保湿成分がなくなって肌が乾燥してしまいます。

ニキビの炎症を抑えながらも、肌への刺激が少ない化粧品を選びましょう。

また、ニキビができやすい人はなるべくオイルやクリームなど油分を含んだ化粧品は使わないほうがいいと思います。

肌の乾燥を防ぐためには油分ではなく、セラミドやヒアルロン酸など保湿成分が入った化粧水か美容液を使います。

もしクリームを使うなら目元や頬、あごなどの乾燥しやすいところに部分的に使うようにしてください。

 

①消炎効果

グリチルリチン酸ジカリウムや植物エキスにはニキビの炎症を抑える効果があります。

特にグリチルリチン酸ジカリウムは甘草という植物から抽出される成分で、皮膚科でもニキビ治療薬として使われています。

植物由来の成分なので、肌への刺激が少なく敏感肌の人でも使うことができるのがメリットです。

 

②肌への刺激の強さ

ニキビができている肌は表皮が荒れていて刺激に敏感になっています。

ニキビのある箇所は炎症を起こしているし、肌のバリア機能も低下しています。

少しでも肌への刺激を減らすために、低刺激性の化粧品でニキビケアを行いましょう。

肌への刺激となるものには香料や着色料、アルコール成分などが挙げられます。

また、肌のバリア機能を高めるためにもセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分入りの化粧水を使いましょう。

 

③化粧水に含まれる油分

アクネ菌は毛穴の内部で皮脂をエサにして増殖します。

化粧品に含まれる油分もアクネ菌のエサになってしまうことがあります。

乾燥が気になるならクリームや乳液は目元や頬など部分的に使うようにしましょう。

顔全体のうるおいを保つには油分ではなく、ヒアルロン酸などの保湿成分で補うようにします。

もしくは、ノンコメドジェニックという白ニキビ(コメド)ができにくいテストを受けた化粧品がおすすめです。

 

おすすめのニキビケア化粧品3選

ノブACアクティブ

ノブACアクティブ

ニキビ肌のスキンケアに最もおすすめの化粧品は「ノブACアクティブ」です。

ノブACアクティブは、皮膚科医と共同で開発された低刺激化粧品です。

低刺激で安全性が高いまま、ニキビに有効な成分を配合しています。

さらに、すべての化粧品にノンコメドジェニックという、アクネ菌のエサにならない成分を使っているかをテストしています。

洗顔料はマイルドピーリングの効果があるので、毛穴の黒ずみや古い角質を取り除いてニキビができるのを防ぐことができます。

化粧水には保湿力の高いセラミドとヒアルロン酸が配合されています。

また、グリチルレチン酸ステアリルという成分がニキビの炎症を抑える効果があります。

トライアルキットの価格も1620円(税込)なので試しやすい値段ではないでしょうか。

・トライアルセット1週間分

・価格1620円(税込)送料無料

・クレンジング、洗顔料、化粧水、乳液

【ノブACアクティブはこんな人におすすめ!】

・ニキビケアと同時に美肌ケアもしたいという人

・敏感肌だから刺激の少ないニキビケアがいいという方

・毛穴の黒ずみも気になるという人

▼ノブACアクティブトライアルセットを試してみる▼

ノブ ACアクティブトライアルセット

ルナメアAC

ルナメアAC

ルナメアACは富士フィルムが独自の微粒子研究(ナノテクノロジー)をスキンケアに活かした化粧品です。

富士フィルムはすでにフィルムメーカーだけでなく、ナノテクノロジーを活かした幅広い技術を持っています。

洗顔料に含まれているファイバースクラブが、肌を痛めることなく古い角質を取り除くことができます。

特に注目するのは独自の技術で開発されたアクネシューターという成分です。

アクネシューターは保湿成分と消炎効果を超微粒子として肌の深層まで浸透させることができます。

これによって、うるおいを保ちながらニキビ改善ができます。

ルナメアACは1080円なので、セットとしてはコストパフォーマンスが高いです。

・1週間分のお手入れセット

・価格1080円(税込)送料無料

・洗顔料、化粧水(ノーマルタイプ)、化粧水(しっとりタイプ)、ジェルクリーム

【ルナメアACはこんな人におすすめ!】

・繰り返しできるニキビに困っているという方

・乾燥肌だからうるおいも欲しいという人

・コスパがいいニキビケアをしたいという方

▼ルナメアACのトライアルセットを試してみる▼

大人ニキビケア用化粧品!ルナメアAC1週間お手入れキット1,000円+税

ビーグレン

ビーグレン

ビーグレンは30歳以上の大人ニキビ専用のスキンケア化粧品です。

アメリカのスキンケア会社ですが、このニキビケアセットは日本人向けに成分が調整されています。

ビーグレンの化粧品は麻酔などに使われている、Qソームという肌の奥まで浸透する医療用の技術が応用されています。

こちらもノブACアクティブと同じように医師と共同開発している化粧品です。

洗顔料にはモンモリロナイトという天然クレイが配合されており、皮脂汚れや余分な角質を吸着してくれます。

化粧水に含まれているグリチルリチン酸ジカリウムには消炎効果があり、保湿成分にはヒアルロン酸と植物エキスが使われています。

美容液はビタミンCを配合しているので、ニキビ跡の赤みを消す効果も期待できます。

・トライアルセット1週間分

・価格1944円(税込)送料無料

・洗顔料、化粧水、美容液、ゲルクリーム

【ビーグレンはこんな人におすすめ!】

・ドクターズコスメが使いたいという方

・ニキビ跡がなかなか治らないという人

▼ビーグレンのトライアルセットを試してみる▼

ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen

 

5、朝も夜も洗顔料を使って洗顔しよう

「朝は水だけで洗うほうがいい」というのは、極端に乾燥肌の人の場合のみです。

皮脂は寝ている間も分泌されています。

30代くらいまでの人は、洗顔料を使って洗顔するほうがいいでしょう。

皮脂は残しておくと、酸化されてニキビの原因になります。

ただし、夜に比べると朝のほうが汚れは少ないです。

朝だけは洗浄力の弱い石けん、例えば赤ちゃん用の石けんやアトピー肌用の洗顔料を使うのもいいでしょう。

もし、朝石けん洗顔ができないというくらい肌が乾いてしまうのであれば、他に原因がないかを見直してみてください。

例えば、保湿がしっかりできていないとか、生活習慣が乱れて肌荒れがひどい、正しい洗顔ができていない、クレンジング料が強過ぎる、などです。

特に、刺激が強いクレンジング料を使っていたり、正しい洗顔ができていないことが多いです。

クレンジング料はあくまで化粧を落とすためのもの、洗顔は皮脂を落として肌を傷つけないようにすることが肝心です。

 

6、理想の洗顔方法は自分で見つける

今回書いた正しい洗顔方法は最も定番な、誰にでも当てはまる洗顔方法です。

ここからさらに試行錯誤してもらい、自分だけの洗顔方法を見つけて欲しいと思います。

例えば、「水だけで洗うのがいい」とか、「泡をもこもこにしてたっぷり使って洗う」など様々な洗顔方法がありますよね。

巷にはたくさんの洗顔方法が紹介されているため、どうやって洗顔したらいいのか迷っている方も多いかと思います。

僕が言えることは、すべての人に当てはまるような理想の洗顔方法をひとつだけに絞ることはできない、ということです。

季節によって洗顔料を変えたり、朝と夜で洗顔方法を変えてみるなど、肌の状態によって洗顔方法を選ぶのがいいかと思います。

この記事を、あなたが自分に合った洗顔方法を見つけてもらうためのきっかけにしてほしいんです。

万人に当てはまるような、「これさえやっておけば絶対にニキビができない」という洗顔方法は提案できないのが正直なところです。

なぜかというと、肌の状態はひとりひとり違っているからです。

自分の肌の状態によって、「汚れを落としてかさつかない程度に洗う」という基準を満たす洗顔方法が絶対にあるはずです。

自分の肌の感覚を信じて自分なりの洗顔方法を見つけていってほしいと思います。

 

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク