大人ニキビに効く!おすすめの保湿用セラミド化粧水

スポンサードリンク

化粧水選び

大人ニキビができるのは皮脂の量が影響しているだけでなく、肌の水分量によっても変わってきます。

保湿することによって肌を柔らかくし、毛穴が詰まることを防ぐことができます。

今までは保湿のために油分でフタをすることが重要だと思われていました。

しかし、保湿に必要なのはセラミドや、NMF(天然保湿因子)であることが最近の研究で分かっています。

つまり、保湿をするためにはセラミドやコラーゲンなど保湿成分を配合した化粧水や美容液を使う必要があります。

保湿をしっかりして、大人ニキビができない健康な肌を目指しましょう。

 

乾燥が原因の大人ニキビは水分を増やすスキンケアが必要

大人ニキビのスキンケアには油分を控えて、水分を増やすことが大切です。

というのも、大人ニキビは肌が乾燥することが一番の原因だからです。

肌は加齢とともに老化が進み、水分を保持する力が衰えていきます。

赤ちゃんの肌はプルプルもちもちしていますが、だいだい20歳を境目に、肌の水分量は低下していく一方です。

肌の水分量は低下していく一方ですが、皮脂は30代でも活発に分泌されています。

そうなると水分と油分のバランスが崩れ、肌質は乾燥肌・混合肌へと傾いていきます。

肌が乾燥しがちになると、毛穴まわりの角質は硬くなり、皮脂と一緒に毛穴を詰まらせる原因になります。

毛穴の内部ではアクネ菌が繁殖しやすくなりますので、結果的に大人ニキビができてしまうというわけです。

また、油分をエサにしてアクネ菌は増えていくので、クリームやオイル系の化粧品を使ってはいけません。

ニキビができやすい人でも、乾燥肌・混合肌の方はクリームや乳液などを使っていることが多いです。

しかし、これではニキビケアに対して逆効果になってしまいます。

乾燥が原因の大人ニキビには、保湿成分を配合したスキンケア化粧品が必要です。

セラミドやヒアルロン酸などが配合されている保湿用の化粧水か美容液を使いましょう。

肌の水分を増やすことで皮膚が柔らかくなめらかになり、毛穴が詰まりにくくなります。

 

油分で肌にふたをする必要はない

化粧水で水分を与えたら、乳液かクリームでフタをするというのはもはや古い考えです。

今までは肌の水分を保っているのは油分でフタをして、水分が蒸発するのを防いでいるからだと言われてきました。

しかし、最近は角質層の研究が進み、肌の水分を保っているのは油分ではなく、セラミドやNMF(Natural Moisturizing Factor:天然保湿因子)であることが分かってきました。

肌の水分を守るためには油分ではなく、水と結合して逃がさないようにする保湿成分が必要です。

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸には水が蒸発しないようにつなぎ止める性質があります。

これらの成分を含む化粧水や美容液を使うことによって、初めて肌の水分を増やすことが可能です。

 

保湿するには保湿効果の高いセラミドが最も有効

保湿というのはその言葉の通り、「肌の湿度を保つこと」が大切です。

肌の湿度を保つためには、肌に含まれる水分を守ることがポイントになります。

そのためには、水とくっついて逃がさないようにする成分を、ちゃんと含んでいるかどうかで保湿効果が決まります。

保湿成分を含む化粧品には乳液やクリーム、化粧水、美容液などで違いがあるわけではありません。

これらの化粧品の最大の違いは油分の量であり、保湿成分入っているかどうかで分類されていないということです。

つまり、保湿力は保湿成分を含んでいるかどうかで決まります。

乳液やクリームでも、保湿成分が入っていなければ肌に油分を追加するだけです。

もっとも油分が多いのがクリーム、次が乳液です。

これらの化粧品は肌の油分が減ってくる40代以降、あるいは肌にまったく油分がなくてカサついてしまうほど極端な乾燥肌の方に必要になります。

一方、化粧水や美容液は油分が少なく、水分量だけを肌に追加させることが可能です。

保湿のためには肌をしっかりうるおすことができる保湿成分が必要であり、油分を補う必要はありません。

大人ニキビ対策のために保湿するなら、美容液か化粧水を使うようにしましょう。

特に、20代から30代のニキビ対策においては、クリームや乳液はよほど乾燥しない限り使わなくても大丈夫です。

保湿成分を配合したノンオイルの化粧水、もしくは油分少なめの美容液を使いましょう。

 

保湿できる化粧品の選び方

肌をお手入れするのに絶対に必要なのは、洗顔料と保湿用の化粧品です。

酸化した古い皮脂は毎日落としておかないと、ニキビの原因になってしまいます。

たまに水洗顔だけでニキビを治そうという方がいますが、万人向けの方法ではありません。

水洗顔はたしかに肌に優しい洗顔方法ではありますが、汚れや皮脂をしっかり落としきることができません。

まずは汚れと皮脂をきちんと落として、それから保湿をするのがニキビ予防のためのスキンケアでは大切です。

では、肝心の保湿をするためには何が必要なのかを見ていきましょう。

保湿用の化粧品は、保湿成分が入ったものであるかどうかが重要です。

化粧水が保湿には一番大切だと思っている方がいますが、保湿成分が入っていなければ保湿効果は弱いままです。

もっとも理想的な保湿用の化粧品は、保湿効果が高くて安全なヒト型セラミド配合の化粧水か美容液だと言われています

水分は肌に絶対必要なものなので、季節を問わず保湿しなければなりません。

保湿用の化粧品を季節によって変える必要はなく、むしろ自分の肌に合っているものを通年使い続けたほうがいいでしょう。

「べたつくのが嫌だ」という方は春と夏は少なめに、乾燥する秋と冬は多めにつけるように調整すればOKです。

目もとや口もとなど保湿しても乾きやすいところだけ、部分的に乳液やクリームを使うようにしてください。

 

セラミド化粧品の使い方

化粧品は医薬品ではないので、一回に使う量はある程度自分の好みで使っても大丈夫です。

ただ、保湿用のスキンケア化粧品はなるべく多めに使ったほうが効果があります。

乾燥が原因でニキビができているなら、なおさら保湿を徹底して行ったほうがいいでしょう。

高機能の化粧水はもったいなくて少しずつ使いたくなりますが、肌をしっかり潤すにはある程度の量を一度に使わなければなりません。

おおよそですが、1回100円硬貨くらいの量(とろみのある化粧水はさくらんぼの大きさ)は必要です。

乾燥する季節や環境では、いつもよりも量を増やして使うといいでしょう。

特に、寝る前には肌がベタつくくらい保湿用の化粧品を塗っておくと、翌朝の肌はしっとりもちもちにうるおいます。

 

お手入れは手でする

顔の角質層はたった0.02ミリ、おおよそラップ1枚分の厚みしかありません。

コットンでたたいたり、こすったりすると炎症性の色素沈着になってしまうことがあります。

どんなオーガニックで品質の良いコットンを使っても、繊維の刺激で肌に傷がつきやすいです。

コットンを使ったほうが肌にしっかり成分を押し込むことができると思っている方がいますが、押したりする力だけで肌の奥まで浸透させることはできません。

肌の奥まで有効成分を届かせたい場合はイオン導入などの器具を使ったほうが効果があります。

化粧水をコットンに染み込ませてパックをしても、その場ではうるおっているように見えても、結局はしばらくすると水分が蒸発して元に戻ってしまいます。

逆に角質層に傷がつくと、肌のうるおい成分が流れ出しやすくなり、肌のバリア機能は低下してしまいます。

結果として肌が乾燥し、ニキビができやすくなります。

また、パッティングなどのたたく刺激は毛細血管を刺激して、赤ら顔になりやすくなります。

普段のスキンケアはコットンを使わずに、すべて手で行うのがベストです。

化粧水や美容液は手のひらにのせて、頬を包むようにつけます。

その後、目もとや口もと、Tゾーン、あごのUゾーンへと広げていきます。

 

セラミド化粧品の保存方法

化粧品の保存方法は風通しのいい、涼しい場所に保管しておきましょう。

温度が高くなる日の当たる場所や暖房器具の近く、バスルームなどの温度・湿度の高い場所を避けます。

中には冷蔵庫に保管する人もいますが、あまりに低温の場所に置くと成分が変質したり固まってしまうこともあるので注意が必要です。

また、化粧品を使う時に直接中に手を入れて取り出すのはやめましょう。

例えば、ジャータイプの容器の化粧品を使う時にやりがちです。

雑菌が入って腐りやすくなります。

たとえ食品ではなくても、雑菌が入ると化粧品も腐ることがあるからです。

使い捨てのプラスチックスプーンや化粧品用のスパチュラ棒を使うようにします。

 

保湿用化粧品の価格

化粧品の肌への効果は必ずしも値段と比例するわけではありません。

確かに高い化粧品には高機能も多く、肌に有効な成分が多く入っているものもあります。

しかし、それが自分に有効かどうかは肌の状態によって大きく左右されます。

例えば、高機能のクリームでもニキビ肌の人に油分を補うと、かえって悪化することもあるからです。

化粧品は100円のものから10万円近くするブランドのものもあります。

ぱっと見ただけではどれがどれくらいの値段なのかは分かりづらいところですよね。

しかし、化粧品の値段にも服やカバンなどのように標準的な値段があります。

平均的な値段を調べてみると、セラミド配合の化粧水では2500円から4000円くらいが妥当なところのようです。

ただ、極端に安いものは避けたほうがいいでしょう。

極端に安いものは含まれている成分が少な過ぎて効果がないことがあるからです。

 

おすすめのセラミド化粧品

第1位:小林製薬「ヒフミド」・トライアルセット

ヒフミド

ヒト型のセラミドを配合している化粧品のトライアルセットです。

人の肌に浸透しやすいセラミドⅠ・Ⅱ・Ⅲを高濃度で配合しています。

ヒト型のセラミドは、合成セラミドや植物セラミドよりも保湿力が高いのが特徴です。

ヒフミドはヒト型セラミドが高配合されているのに、値段も手頃で非常にコストパフォーマンスがいいセラミド化粧水だと思います。

大手の製薬会社だからこそ、高濃度のヒト型セラミドを配合しつつも価格を安くすることができるのかもしれません。

・トライアルセット7日分

・価格980円(税込)、送料無料

・クレンジングミルク、洗顔ソープ、保湿化粧水、保湿クリーム、日焼け止め乳液、水玉トラベルポーチ付き

【ヒフミドはこんな人におすすめ!】

・使い心地(香りや肌触り)よりも保湿力を一番重視したい人

・乾燥肌/混合肌だけど、しっかり肌を潤したい方

・なるべくシンプルな配合成分の保湿化粧水を使いたい人

▼「ヒフミド」トライアルセットを試してみる▼

【小林製薬】ヒフミドトライアルセット

 

第2位:エトヴォス「セラミディアルモイスチャー」2週間お試しキット

エトヴォス1

エトヴォスのヒト型セラミド配合、敏感肌用の保湿化粧品の2週間お試しキットです。

人の肌に浸透しやすいヒト型セラミドⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅵ2の4種類を配合しています。

さらに、石油系の合成剤無添加なので敏感肌の人でも使用できます。

ヒト型セラミドが配合されていて3000円前後なので、比較的コストパフォーマンスのいい化粧品です。

肌への負担が少ないように作られていますが、保湿力はしっかりしています。

敏感肌で肌に優しい化粧品を選びたい方にオススメです。

・トライアルキット2週間分

・価格1300円(税込)、送料無料

・洗顔石けん、化粧水、美容液、クリーム

【エトヴォスはこんな人におすすめ!】

・肌のうるおいを長く持続させたい人

・肌のキメを整えて、メイクの仕上がりをアップさせたい人

▼「セラミディアル」を試してみる▼

セラミディアル モイスチャーライントライアルキット

 

3位:ディセンシア「アヤナス」トライアルセット

アヤナス1

ディセンシアはポーラ・オルビスグループの乾燥肌専門ブランドです。

このアヤナスは表皮が薄くなった敏感肌の保湿を目的として開発されています。

ヒト型セラミドで保湿しながら、コウキエキスで炎症を抑えます。

さらに、ポーラ研究所オリジナル成分のCVアルギネートでコラーゲン生成をサポートしてくれます。

アヤナスは高機能タイプの保湿化粧品なので、値段は少し高めになっています。

保湿だけじゃなく、エイジングケアも同時に行いたい方におすすめです。

・トライアルセット10日分

・価格1480円(税込)送料無料

・化粧水、美容液、クリーム

【アヤナスはこんな人におすすめ!】

・保湿だけじゃなくて、アンチエイジングもしたい

・保湿と同時に美肌ケアもしたい

・乾燥肌専門に開発された化粧水を使いたい

▼「アヤナス」を試してみる▼

アヤナストライアルセット

まとめ

大人ニキビを予防するには油分を控えて、水分を増やすスキンケアをする

保湿のために油分で肌にフタをする必要はない

保湿のためには保湿効果のある成分を含んでいるかどうかが重要

保湿効果が高いのはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸であり、中でもヒト型セラミドは保湿効果が高い

保湿用の化粧品はなるべく多めに使ったほうが効果的

肌へのお手入れはコットンを使わずに、手で包むように塗る

化粧品の保存は常温で保管し、高温多湿な場所を避けること

セラミド配合の化粧品は2500円から4000円ほどが妥当な値段

 

 

 

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク