なかなか消えないニキビの赤みを消す5つの方法

スポンサードリンク

ニキビの赤みってなかなか消えませんよね。

ニキビが赤くなると目立つし、化粧でも隠すのが難しいかと思います。

そんなときはニキビの赤みによく効くビタミンC誘導体入りの美容液を使ってみましょう。

また、睡眠や食事などの生活習慣を見直すことによって肌の再生を促すことも大切です。

ニキビが赤くなるのは炎症を起こしていたり、毛細血管のうっ血(血がとどまること)が原因になったりします。

色素沈着している場合はピーリングも有効なので検討してみてください。

 

1、ビタミンC誘導体配合の美容液を使う

ニキビの赤みを消したいなら、ビタミンC誘導体配合の美容液を使いましょう。

ビタミンCは皮膚の炎症を抑え、皮脂分泌を抑制する効果があります。

さらに、肌に必要なコラーゲンの生成を促進し、メラニン色素の生成を抑制します。

これらの効果によりニキビの赤みを消したり、ニキビ跡の色素沈着を防ぐことができます。

しかし、ビタミンCは口から摂取しても、肌へすべて届けられるわけではありません。

 

そこで、肌への浸透力が高いビタミンC誘導体入りの美容液を、直接肌へ塗るのが効果的でしょう。

ビタミンC誘導体は肌への浸透性がビタミンCの8倍高いと言われています。

ビタミンC誘導体とはビタミンCを肌に浸透しやすいように改良してあり、アスコルビン酸にリン酸を結合したものです。

本来ビタミンCは肌に吸収されにくいのですが、ビタミンC誘導体は肌の角質層に浸透しやすい性質があります。

ビタミンCは安定性が低く酸化しやすいのですが、ビタミンC誘導体は肌の酵素によって角質内でビタミンCに変化させることができます。

美容液のビタミンC誘導体の濃度は3〜5%配合のものがおすすめです。

濃度が1%だと効果が薄いですし、敏感肌の方は濃度が濃すぎると肌がヒリヒリするので注意しましょう。

 

2、肌の潤いを保つ

ニキビの赤みがある場合でも保湿はしっかりしておきましょう。

綺麗な肌質を保つためにも、新しくできるニキビを予防するためにも保湿は大切です。

肌が乾燥してくると毛穴の角質が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

せっかくニキビの赤みを消しても、新しくニキビができて炎症してしまっては嫌ですよね。

そうならないためにも油分を抑えて、水分を増やすスキンケアが大切です。

 

肌の水分を増やすためには通常の化粧水ではなく、保湿美容液か保湿化粧水を使います。

ただの化粧水には肌の水分を保つ力がありません。

つけた瞬間は潤っている感じがしても、結局は肌の内部に水分が入り込むことなく蒸発して、うるおいを保つことができません。

肌を保湿するためには、セラミド(セラミド1〜10の数字が表記してある成分)やヒアルロン酸を配合している化粧水か美容液を選んでください。

これは男性の方でも同じことで、ニキビ肌の男性も保湿美容液か保湿化粧水を使ってみてください。

 

3、ニキビの赤みができる原因

ニキビの赤みができるのは肌の炎症が原因です。

あるいは、毛細血管に溜まった血が留まり、赤みとして残った状態(うっ血)になります。

炎症がひどいニキビほど赤みが残りやすく、特に真皮にまで炎症が広がっているとなかなか赤みが消えません。

赤みを伴う炎症がひどくなると、クレーター状に凸凹の跡が残ってしまうことがあります。

クレーター状のニキビ跡は消すのが非常に難しいので、炎症を広げない対策が必要です。

また、炎症しているニキビと紫外線の影響により、メラニン色素が異常生成されることもあります。

こうなるとメラニン色素が肌の内部に停滞し、そのまま色素沈着するとシミやそばかすとして残ります。

そうならないためにも日頃のニキビ対策をしっかりしておきましょう。

肌のターンオーバーが正常に機能していれば、ニキビの赤みが引くのも速くなります。

 

4、睡眠時間を6〜7時間は確保する

生活習慣の中で一番大切なのが睡眠です。

食事やストレス解消もニキビ対策には重要ですが、睡眠時間が一番大きく肌に影響します。

というのも、肌の再生のほとんどは睡眠時に行われているからです。

睡眠中には成長ホルモンが分泌され、新しい肌が作られています。

睡眠不足になると肌の再生(ターンオーバー)がうまく行われず、肌荒れになります。

結果としてニキビができやすくなったり、ニキビの赤みも消えにくくなります。

 

睡眠時間はなんとしても6〜7時間は確保しましょう。

睡眠は寝だめはできない(効果がない)ので、できるだけ生活リズムを整えて同じ時間帯に寝るようにしてください。

最近はスマホを布団の中で触る方が多いので注意が必要です。

スマホを触っていると画面の光が刺激になって寝入りを浅くしたり、気付いたらかなり時間が経っていたりします。

布団の中に入ったら、極力スマホを触らずに目を閉じましょう。

 

5、食事はタンパク質、ビタミン、ミネラルをバランス良く摂る

ニキビの赤みはターンオーバーを正常化させて赤みを消していきましょう。

ニキビの赤みためには時間がかかるし地道ではありますが、ターンオーバーの正常化で確実な方法です。

食事では肌の再生に必要な栄養をバランス良くとりましょう。

肌の再生に必要な栄養素はたんぱく質、ビタミン類、ミネラルです。

タンパク質は大豆製品(味噌、豆腐、納豆など)、魚、卵などから摂取します。

ビタミン類とミネラルは緑黄色野菜やフルーツから摂りましょう。

コンビニや外食でバランスの良い食事はなかなか難しいですし、既製品には添加物が含まれていることもあります。

なるべく自分で野菜やフルーツを買って、自宅で食べるようにしましょう。

 

6、ニキビの赤みが原因のシミにはピーリングが効果的

ニキビの赤みが原因でシミになってしまった場合はピーリングが有効です。

ピーリングは古い角質を除去して肌のターンオーバーを活性化させます。

コラーゲンが増えてニキビ跡が目立たなくなったり、ニキビの赤みを排除する速さを高める効果があります。

昔は粒状のスクラブで角質を除去するピーリングが主流でしたが、今は酸を使ったケミカルピーリングのほうが安全性が高くて使いやすいです。

ただし、ピーリングをしすぎると肌が敏感になったり、赤みを帯びることがあります。

シミを消すためには数年必要な場合もまれではありません。

早く消したいからと言ってピーリングのしすぎは、かえってシミの原因を作ってしまうため逆効果です。

もしピーリングをしたいなら初心者でも行いやすいピーリングソープを使うか、美容クリニック・皮膚科で専門医にピーリングを行ってもらうほうが確実です。

 

まとめ

ニキビの赤みを消すならビタミンC誘導体入りの化粧水か美容液を使う。

新しいニキビを作らないためにも油分を抑えて、水分を増やして潤いを保つ。

ニキビの赤みは炎症や毛細血管に溜まった血が原因になる。

ニキビ対策には睡眠を必ず6〜7時間とるようにする。

食事はタンパク質、ビタミン類、ミネラルをバランス良く摂取する。

ニキビの炎症が原因のシミにはピーリングが有効。

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク