口の周りに繰り返しできる大人ニキビの原因と早く治す方法

スポンサードリンク

ニキビ跡治し方

「口の周りにニキビが繰り返しできるんだけど、どうすれば治るの?」

「なんで口らへんにばっかりニキビができるんだろう…」

治ってもまた違う場所にニキビができてしまうとうんざりしてしまいますよね。

このページには、 口の周りに繰り返しできる大人ニキビの原因と早く治す方法について書いてあります。

 

間違ったニキビケアをすると、ニキビ跡が残ってしまう

大人ニキビとは、10代にできる思春期ニキビとは異なり、文字通り大人になってからできるニキビのことです。

20代~30代の肌トラブルの中でも、悩んでいる人が多い肌トラブルとなります。

思春期ニキビのおもな原因が、皮脂の過剰な分泌であるのに対して、大人ニキビは、ストレスや睡眠不足、生理などのホルモンバラスや食生活の乱れなど複数の要因がからもあったことが原因となります。

大人ニキビは、前述しましたように皮脂の過剰な分泌が原因ではありませんので、肌のタイプが脂性肌の方だけにできるわけではなく、普通肌や乾燥肌などすべての肌質の方にできるニキビです。

顔の中でも頬やあごなどいわゆるUゾーンと呼ばれる場所や、口周りにできやすいというのが特徴です。

女性の場合には、生理前にできやすいという特徴もあります。

また、一度できると治りにくく、同じ場所に繰り返してできやすいという特徴もあります。

大人ニキビはいくつもの要因がからみあっていることが原因になるので、なるべくニキビができる前に対策をするということが、結果的には一番効果的な予防法になります。

具体的には、上手にストレスを発散させる・睡眠不足に気をつける・栄養の偏った食生活を改善させる・適度に運動をする・紫外線を過剰に浴びすぎないようにする、といったことに気をつけるようにしましょう。

思春期ニキビにも共通することなのですが、スナック菓子やインスタント食品、揚げ物を摂り過ぎると皮脂が過剰に分泌され、ニキビの誘発原因となりますので、摂り過ぎには注意しましょう。

栄養バランスのとれた食事を心がけることによって便秘も解消され、ニキビのできにくい美肌に近づくことができます。

肌は寝ている間に生まれ変わります。

睡眠不足も美肌の大敵となりますので、ニキビで悩んでいる方はご自身の生活習慣を振り返り、規則正しい生活習慣に切り替え、併せて正しいスキンケアを行うようにしましょう。

間違ったニキビのケアを続けていると、ニキビが治りにくいだけではなく、ニキビ跡が残ってしまうリスクも高くなります。

頑張ってスキンケアを行なっているのになかなか大人ニキビが治らないという方は、今一度ケア方法を見直してみましょう。

ここでは、大人ニキビの正しいケア方法についてご紹介します。

まず洗顔料については、市販品の安い洗顔料やスクラブ入りの洗顔料は避けるようにしましょう。

洗浄力が強すぎるために、肌を傷つけてしまい、ニキビを悪化させる可能性があるからです。

洗浄力が強すぎると、必要な皮脂まで洗い流してしまい、本来肌に備わっている肌のバリア機能まで低下させてしまう可能性があるからです。

洗顔はニキビケアの基本となりますので、洗顔料を見直すことが重要なポイントとなります。

自分の肌にあった洗顔料を使用して、正しい洗顔の仕方で洗うというのが、ニキビを改善させるためには非常に重要です。

洗顔料に求められるポイントは、肌に必要な皮脂を落しすぎず、なおかつ肌の汚れや余分な角質をしっかりと取ることができる、低刺激の洗顔料ということです。

ニキビケア専用のものが余分な皮脂だけを取り除き、必要な皮脂は残してくれるためおすすめです。

これらはアクネ菌が繁殖しにくい処方になっており、肌のうるおいを保ったままニキビの炎症を抑えることができます。

大人のニキビケアにおすすめのスキンケア化粧品3選

洗顔は朝と晩の1日2回、泡立てネットを使用して十分に洗顔料を泡立てて、その泡を肌にのせ泡洗顔を行なうようにしましょう。

弾力のある泡に肌の汚れを吸着させます。泡のクッションでやさしく両手で円を描くように洗うようにし、なるべく手が直接肌に触れないようにすることがポイントです。

洗顔後には、タオルを肌に押し付けるようにして水分を拭き取ります。

刺激が強すぎますので、ゴシゴシふくことは厳禁です。

次に、保湿力の高い化粧水でケアするようにします。

乾燥は大人ニキビの原因となるので、充分な保湿で角質層を柔らかく保つことが重要となります。

乾燥が原因でできる大人ニキビには、セラミドを配合した化粧水が一番効果的です。

大人になると肌に含まれているセラミドは失われやすくなってしまうため、スキンケアでおぎなってあげることが大切です。

肌の感想が原因の大人ニキビにはセラミド配合の化粧水がおすすめ

洗顔を見直して、毎日正しいスキンケアを行うことによって、肌のターンオーバーが正常化され、ニキビができにくい肌に生まれ変わります。

ちなみに、大人ニキビが口の周りに集中してできるという場合には、胃や腸など消化器系の内臓の不調が強く影響しています。

暴飲暴食を避け、お酒を飲まれる方はアルコールを控え、胃を休ませてあげるようにしましょう。

口周りのニキビは、充分な睡眠とストレスの解消、そして胃腸を休ませることによって症状を改善させることができます。

 

キレイな肌を保つためには、食生活の改善が必要

女性が生理前やストレスを感じているときにかかりやすい大人ニキビの中でも、口周りにできているものの場合、生理やストレスだけでなく、原因として肌の乾燥が考えられる場合もあります。

肌の乾燥によって大人ニキビができる理由として、肌の乾燥とターンオーバーがうまくいっていないことが知られています。

肌の乾燥する理由としては、スキンケアアイテムがあっていない・スキンケアの方法が間違っている・生活習慣が不規則・クレンジングで汚れが落とし切れていないことが挙げられています。

大人は子供よりもターンオーバーが遅く、毎日の生活で洗顔をしているように見えて、実は落とせていないことも珍しくありません。

また、汚れを落とそうと強力すぎるクレンジングを使った場合には、落としすぎてしまった肌が乾燥し、結果として吹き出物ができやすくなるといわれています。

乾燥やストレスが一番肌に良くないといわれているため、スキンケアだけでなく、ストレスの緩和やスキンケアアイテムの相性を確認することが重要です。

できれば7〜8時間くらい眠ったほうが、肌の調子が良くなるといわれています。

睡眠中に脳から肌への分泌力が高まっていること、睡眠不足を解消することが一番の治し方です。

睡眠時間はなるべく早寝・早起きを心掛けること、洗顔は相性の良いものを使うこと、刺激物を肌に与えないことといえます。

肌の状態を美しく保つためには、石鹸からクレンジングに至るまで、すべてのスキンケアアイテムで刺激を受けないようにすることです。

ただし、生理前から整理期間中は肌の状態が通常よりもデリケートになるので、普段使っている物よりもさらにスキンケアアイテムで刺激の少ないものを使用しましょう。

肌への影響をできる限り抑え、再び発生しないように努力することが肝心です。

また、衛生面でも気を配り、顔を触る時に雑菌が発生しないように心がけてください。

毎日の生活習慣で気をつけるだけで、発生率は下がります。

また、きちんとターンオーバーできるように、汚れの取り除き方も大切です。

クレンジングを使うときには、普段はミルクやクリームで済ませていても、2週間に1度程度オイルクレンジングを使いましょう。

ターンオーバーできず残っていた皮脂の汚れも落としやすくなるといいます。

食生活に気を配ることも、大人ニキビ対策法の一つです。

きれいな肌になるためには、毎日ビタミンやミネラルを中心とした食生活を送り、野菜多めで油分・炭水化物はほどほどに摂りましょう。

過剰に摂取を制限することは、体調面で負担になる可能性が高いので、必ず成人女性の適量といわれている量を摂取してください。

過不足なく取り入れることが、5年後の肌年齢にも大きく影響します。

ニキビができたときには、できる限り積極的に治しましょう。

とくに大人ニキビが口周りにある場合は、胃に負担がかかっている可能性が高いと、一説で言われています。

そのため、食生活で胃に負担のかかりにくい食生活を送ることは、肌への負担を軽減することになるので、コツコツと続ける価値は十分にあります。

ドリンクも胃に負担のかかりにくい、野菜ジュースや麦茶、牛乳・豆乳を心がけましょう。

栄養バランスは大切ですが、仕事の都合でどうしてもバランスよく食生活が遅れない人はたくさんいます。

そのため、必要といえる栄養素をサプリメントで取り入れ、肌への影響や胃への負担を軽減できるやり方を実施する人も少なくありません。

毎日の栄養が不足しがちな方は、定期的に摂ることで適切に良い影響をもたらせるサプリメントを活用してみましょう。

サプリメントを使えば、肌をキレイにするための栄養(ビタミン・ミネラル・食物繊維・ビフィズス菌など)を手軽に摂ることができます。

大人ニキビに効果的な栄養サプリメントはこちら

大人ニキビはUラインといわれているフェイスラインによくできやすいといわれていますが、化粧が完全に落とし切れず、化粧の残りがよくある場所もUラインの可能性が大きいです。

毎日スキンケアで丁寧にクレンジング、必ずこすらない洗顔を心がけるだけでなく、Uラインを中心にフェイスのスキンケアを忘れないでください。

アンチエイジングのためにリンパマッサージしている人も少なくありませんが、きれいにUラインを整えることによって、リフトアップにもつながるでしょう。

スキンケアアイテムの中でも、ビタミンCが含まれている物、ヒアルロン酸を中心に保湿成分が豊富なものを積極的に取り入れてください。

 

「自炊を続けていたら、ニキビが消えました」20代後半 Yさん

「私は20代の会社員です。

出身は九州ですが、子供の頃から夢だった仕事に就く為に上京しました。

第一志望だった会社に入社することが決まり、東京での一人暮らしが始まりました。

大学まではずっと実家暮らしで家事もほとんどしていなかった私は、新入社員としての毎日の仕事に加えて洗濯や掃除にへとへとになってしまい自炊をする余裕がまったくありませんでした。

毎日の食事はカップラーメンやコンビニで買うお弁当やおにぎり、気分が乗らないときはお菓子をごはん代わりに食べることもありました。

昼食は仕事先に社員食堂があったのですが、恥ずかしさもあり行けず、公園や自分のデスクなどで食べる生活でした。

4月に入社して半年経たないうちに今までの不摂生がたたり、体重が10キロも増えてしまい、今までそんなにできたことが無かった大人ニキビが目立つようになってしまったんです。

「そんな大人ニキビの中で一番困った存在だったのが、口周りにできたニキビです。

口周りだと人の目も止まりやすく、ファンデーションなどで隠したとしても浮いてきたりしてしまうので、とても目立ってしまいます。

同僚や上司から自己管理ができていないと体調も崩しやすくなるし、顔や体にも出てくるから気をつけなさいと注意されてしまいました。

仕事でもミスをしてしまうことが多くなって、自分の顔を見るのがとても嫌になってしまい、次第に暗い性格になっていっていたと思います。

仕事の面では早く仕事を覚えたい、難しい業務も一人でこなせるようになりたいと頑張っていましたが、家のことをするのがどんどん億劫になってしまって、休みの日にまとめて家事をするようにしていました。

部屋には脱いだ服が散らかっていたり、食べたものがそのまま置いてあったり今考えると、忙しいからっていろいろな努力を怠っていた気がします。」

「そんな私の生活が改善するきっかけになったのが、母親の観光を兼ねた上京でした。

合カギは渡してあったので、私の仕事中に私の部屋に入った母親はその惨状に心底驚いたようでした。

私が家に帰ってくる頃には、部屋はぴかぴかになっていて料理も作っていてくれました。

母親が東京に滞在していた1週間のうち毎日料理を作ってくれたり、お弁当も持たせてくれたりしてくれました。

母親が作ってくれた料理を食べてきれいな部屋で生活をしている間、あんなに悩みの種だったニキビが治っていたのです。

何か特別な方法でもあるのかと思いましたが、母親いわく新鮮な食材を使って作られる料理にはコンビニ弁当にはない栄養が詰まっていると言われて、そうなのかととても驚きました。

母親が帰って行った後もニキビを作らない、ダイエットを成功させるという目標をもって日々の家事に力を入れるようになりました。」

毎日料理を作るのは最初は大変だったので、休みの日にスーパーでまとめ買いをして1週間分の作り置き料理を作って、それをお弁当に詰めたりアレンジしたりして野菜や魚を中心にしたメニューを毎日食べていました。

ゴミはきちんとゴミ箱に捨てる・洗濯物はこまめに洗濯する・掃除機も毎日かけるのは大変だということで、ロボット掃除機を買って仕事中に起動させてから出勤していました。

ロボット掃除機をかけるためは、部屋の中に障害物があってはだめなので、きちんと整理整頓できるようになっていきました。

家事がきちんとこなせるようになってくると、家できちんとした休養を取れるようになり、仕事においても確実に成果を上げられるようになっていきました。

体重もヘルシーなメニューを毎日食べていたことで、大学生のときの体重まで戻り、ニキビも完全に無くなっていきました。

日々のきちんとした生活が、こんなにも活力を与えてくれるのだと実感しました。」

日々の生活がどんどん楽しくなってきた頃、念願だった部署への配置換えがあり、新しい仕事を覚えるために毎日必死な毎日を過ごすことになりました。

それでも、毎日の家事が習慣化されていたので、以前のように体重が増えたりニキビができたりすることは無かったです。

スキンケアやにきび予防の薬を使うこともニキビに対しては有効かとは思いますが、まずは毎日の生活を改めて、正しい食事と清潔な部屋でしっかりとした休養を取ることが、まずはにきび予防の第一歩なのだと私は思っています。」

 

 

「胃腸に負担をかけていたのが原因だったみたいです」20代前半 Kさん

「大人になってからも、ニキビに悩まされるとは思ってもみませんでした。

私の場合、中学・高校の頃がニキビのピークで、後はもうできなくなってくると思っていたのです。

ところが、社会人になってから、またニキビに悩まされるようになってしまいました。

なかなか治らないと感じるようになったのは、社会人2年目の頃です。

仕事に慣れてきたものの、慣れてくればさらに上を目指すように言われる微妙な時期でもあります。

きっと仕事のストレスが関係しているのだろうと思っていました。

しかし、なぜか口周りだけニキビができるんです。

「中学や高校の頃は一箇所にできるというわけではなく、おでこや頬・背中などにもできていました。

あきらかに若い頃のニキビとは違います。

これがいわゆる大人ニキビというやつのだろうと思いました。

私のこれまでの知識で大人ニキビというと、ストレスによってできるものだという認識があったため、ストレスを解消することに努めてみたんです。

たとえば、休日は睡眠をたっぷりとるようにします。

趣味の時間をできるだけ持つようにもしてみました。

リラックスすることが大切です。

しかし、このようにいろいろと工夫をしてみても、口周りのニキビは治るどころか、どんどん増えていくばかりです。

「これには私も困りました。

そんなときに実家へ行くことがあり、母に相談してみたところ、食生活が原因なのではないかと言われたのです。

一応は時間のあるときに自炊をしていましたが、栄養バランスはまったく考えていませんでした。

一週間のメニューを振り返ってみると、脂っこいものが多いようにも思います。

また、自炊生活よりも外食のほうが多いため、これがいけなかったのかもしれません。

母に新鮮な野菜をたくさん持たされて帰ってきたこともあり、その日からしっかりと自炊生活を心がけることにしました。

時間がないときには自炊ができなくなってしまうので、休日にできるだけ作り置きをしておきます。

野菜などは冷凍保存ができるので、とても楽です。

レシピ本を買ってきて、作り置きしやすいメニューを見てみました。

そのため、料理の腕も上がり一石二鳥です。」

この自炊生活と栄養バランスを工夫することの二点に絞って、いろいろとためしてみました。

たった一週間では効果が出ませんでした。

それに、その時期は仕事が忙しく、いくら作り置きをしていても思うようにいかなかったんです。

たまにはコンビニ食にしてしまったり、外食をしてしまったりすることもありました。

かれこれ1ヵ月以上自炊生活を続けていくうちに、だんだんと口周りの大人ニキビが少なくなってきたときには効果が出ていることを実感できました。

単純に自炊をすればいいというわけではないのです。

スーパーへ買い物に行ったときも、今までは肉ばかりを見ていたのですが、それからは魚や野菜・果物などもバランスよく購入するようになりました。

もちろん高いものは買いません。

安いときに買うようにしています。

そうすれば、家計にも響きません。」

「どうしても、時間がなくて料理ができないときには、一週間に一度くらいの間隔でコンビニ食や外食に頼ることもあります。

それでも、以前の食生活に比べれば断然、今のほうが健康的な食生活です。

そして、このような食生活を続けて半年程度たった頃には、すっかり大人ニキビで悩まされることもなくなりました。

口周りのニキビがキレイになくなったのは、とても嬉しかったです。

友人にも肌がキレイになったと褒められるようになりました。

その友人はダイエットや美容にとても関心があり、食事の栄養バランスにとても気をつけている人です。

私が口周りの大人ニキビに悩んでいたことを話したら、胃が悪かったのかもしれないと言っていました。」

口周りにできる大人ニキビは、胃の調子が悪いという理由があるみたいです。

この話は私も以前聞いたことがあったので、やはり食生活が影響していたのだと実感できました。

口周りは誰の目にもつくところですし、見た目の印象も悪くなってしまいます。

これからは食生活にもっと気をつけて、大人ニキビに悩まされないような生活を送りたいと思っています。

母からもいろいろなレシピを教わったので、料理も楽しくなってきて良かったです。」

 

「よく寝ることとオロナインで対策してます」20代後半 Mさん

「私はよく生理前に口周りにニキビができます。

中心が白くなっている白ニキビが多数ですが、たまに盛り上がった皮膚の中で血が溜まっているようになっていることもあります。

私は普段はあまりニキビはできない方なので、原因は生理前のホルモンの乱れだと見ています。

目立つところにできるし、たまに痛みも伴うので、いつも潰してしまいます。

言うまでもなく跡になりますし、血が溜まっているタイプのニキビを潰すと跡の治りもとにかく遅いです。

一年ほど前に潰したと思われるニキビの跡がまだ残っています。

一度潰すのがクセになるとなかなか治らず、いつも顎のニキビ跡を隠すのに化粧も自然と口周りが少し他と比べて濃くなってしまいます。」

「それが原因でニキビが新しくできるの悪循環です。

ですが、私の場合はニキビが口周りにできるのは生理前だけなんです。

なので、ここを乗り切ればあとはオロナインを、白さが少し残るくらい患部に塗って早めの就寝を心がければ、跡は残ってしまいますが、吹き出物自体は消えてくれます。

実はニキビ跡はともかく、吹き出物は簡単に消えてしまうようになったのはここ数年の話で、少し前まで私の口周りのニキビはいつも目も当てられない惨状で、出血していることも珍しくありませんでした。

そのときに顎にバンソウコウを貼っていたことから、当時ついたニックネームは『アゴバン』です。

このとき私はまだ高校生になりたてだったのですが、皮膚科を受診したところ『大人ニキビだね。まだ若いのに珍しいね。』と言われました。

触ると痛いしつぶしたくなってしまうので、なるべく手を顔に近づけないのと、皮膚科で処方された薬を服用・塗り薬を塗ることで、なんとか『アゴバン』は卒業しました。」

このニキビの原因は、つねにニキビができていたのではっきりとは分かりませんが、テスト前や部活の大会前などストレスを感じるときに悪化していたことから、ストレスが原因でくるものだったと見ています。

このときは私も高校生で、化粧もまったくしていませんでしたしする必要もありませんでしたが、社会人になればそうというわけにはいきません。

それに、大人ニキビは思春期ニキビより治りにくいと、最近とても実感することが多いです。

中学のときは3、4日で治っていたニキビが今では1週間ほどでやっと消えます。」

「もし今痛みを伴ったり、膿んでしまっているニキビが出たりしたら、速攻で皮膚科に駆け込みます。

今までオロナインやアクネケアなど色々なニキビケアをためしてみましたが、大人ニキビ思春期ニキビ問わず1番効果があるのは皮膚科受診だということを身をもって知りました。

自己流のケアでは治りが少し遅く跡も残ることがあり、繰り返しやすかった大人ニキビも、皮膚科に行けば塗り薬で外から、飲み薬で内側からニキビを治してくれました。

繰り返しできたりもあまりしませんでした。

上に書いたような私と同じ症状が出た方・セルフケアでは手に負えない方や、少ししかニキビができていないけどニキビを完全に治したいという方がいらっしゃったら皮膚科受診をおすすめします。」

「化粧は難しいとは思いますが、マスカラなどのポイントメイクは別ですが、できるだけしないほうがいいと思います。

私の経験上ですが、大人ニキビってちょっと大きめのものが多いような気がします。

大きい吹き出物やシミって化粧ではどうしても隠しきれないことが多いし、隠そうとして厚化粧になるとかえって悪化させてしまうことがあると思います。

私も悪化させてしまったことがあります。」

どうせキレイに隠せないなら最初から何も塗らず、ニキビを治すことに専念した方が効率的ではないでしょうか。

それか、ニキビ肌用のメイク用品を使えばいいと思います。

いろんなメーカーさんがニキビ肌用のメイク用品を出しているので、ニキビができやすい方は普段からこういったものを使ってニキビを防ぐのも一つの手ではないかと思います。

また、枕カバーやメイクのパフなど、肌に触れるものは清潔にすることを私は心がけています。

ついこの間までずっと洗っていないメイクパフを使っていたのですが、洗ってからは頬のニキビができなくなりましたし、何よりメイク用品が清潔です。

ここまで長々と書きましたが、やはり大人ニキビを治すためには、早めの就寝+オロナインです。

夜11時ごろにオロナインを幹部につけて寝ると、翌朝にはしつこい大人ニキビもだいぶ小さくなっています。」

 

 口の周りに繰り返しできる大人ニキビの原因と早く治す方法のまとめ

 ・正しいニキビケアをしないと、悪化させたりニキビ跡になる

・口の周りにニキビが繰り返しできるのは胃腸への負担が原因

・大人ニキビの再発防止には食生活の改善が必須

・なるべく自炊を心がけて、生活習慣のリズムを正しくする

・炎症したニキビには、ニキビ治療薬が効果的

・睡眠はできるだけしっかり取ること

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク