繰り返しできるしつこいニキビの治し方3選

スポンサードリンク

悩み5

「ニキビが繰り返しできるんだけど、どうしたらいいの?」

「いろいろ試しているけど一向にニキビが治らない、、、」

せっかく治ったと思ったのに、繰り返しニキビができると本当に嫌ですよね。

どうしたら繰り返しできるニキビを治すことができるのでしょうか?

 

1、思春期のニキビと大人のニキビは原因が異なる

中学生のころからニキビが一向に治りません。

増えたり減ったりすることはありますが、その繰り返しです。

お酒はあまり飲みませんが、タバコは今吸っています。

両親も学生のころはニキビがあったみたいですが、僕ほどひどくはなかったようです。

皮膚科にも通いましたが、あまり効果がありません。

接客業なんですが、人前に顔を見せるのが嫌で憂鬱です。

ニキビのために明るく振る舞えないのはもう嫌です。」

 

ニキビは思春期のころからできやすくなります。

大人になると自然に少なくなる人と、大人になってもニキビができる人がいます。

大人になるとニキビが治る人は思春期のホルモンバランスが乱れていたことが原因です。

成長期は男性ホルモンが過剰になるので、皮脂が出やすくなります。

皮脂が酸化すると毛穴がつまりやすくなり、アクネ菌が異常繁殖してしまいます。

大人になってもニキビができてしまうのは、他の原因が考えられます。

それがストレスなのか、生活習慣なのか、それとも体質なのかは人によって異なります。

自分のニキビができる原因を考えて探っていく必要があるでしょう。

 

2、乾燥肌・敏感肌は環境・生活習慣の変化を受けやすい

「繰り返しできるニキビにとても悩んでいます。

ニキビが繰り返しできるようになったのはここ最近です。

学生のときはこんなにたくさんはできませんでした。

子供のころから肌が弱く、洗剤などでかぶれることはありました。

敏感肌ですが、こんなにニキビができることはなかったので、すごく困っています。

同じ場所に繰り返しできるようで、おでこと頬、あとフェイスラインの全体にぽつぽつと赤いニキビが目立ちます。

スキンケアはクレンジングをして、洗顔・化粧水・乳液という順番でつけています。

乾燥が気になるときはコットンパックをしたりもしています。

オロナインも使っていますが、効果があるのかどうかいまいち実感できません。」

 

社会人になってからできるニキビは、生活習慣や環境の変化によることが多いです。

自分では気づかないうちに食生活が乱れていたり、睡眠時間が不足していたりします。

とくに敏感肌・乾燥肌の人はこれらの影響を受けやすいものです。

特徴としては、あごやおでこなど、特定の部分に繰り返しニキビができてしまいます。

治すためには生活習慣を見直してみることと、スキンケアを変えてみることです。

ニキビができるのは油分が多いとできやすくなります。

よほど乾燥肌の人でないかぎり、スキンケアで乳液やクリームは必要ありません。

通常の洗顔や化粧水でスキンケアするよりも、セラミド入りの高保湿スキンケア化粧品を試してみるのもいいでしょう。

乾燥が原因のニキビにはセラミド入りのスキンケア化粧品がおすすめ

 

3、繰り返しできるニキビは原因の特定が難しい

「繰り返しできるニキビに悩んでいます。

何度もニキビができるうちに悪化してしまい、今ではマスクがないと恥ずかしくて人前に出ることができません。

今までいろんなスキンケアを試したり、生活習慣も見直してきたつもりです。

洗顔料をしっかり泡立てて優しく洗顔したり、

薬用ローションで保湿をしたりもしています。

それでも一向に改善されません。

赤みが強くて目立ってしまいます。」

 

ニキビができる原因は、いろんな要素がからまっていて複雑になっています。

一人一人ニキビができる原因は違うということで、自分に当てはまる要因を探さなければなりません。

どの場合でも言えることは、ニキビを下手に潰さないことです。

無理矢理潰すとニキビの菌が広がって、被害が大きくなってしまいます。

場合によってはニキビ跡として残ってしまうでしょう。

 

繰り返しニキビができる原因として考えられるのは、ストレスと生活習慣です。

食生活は油っこいものを控えめにして、果物や野菜を食べるようにしてください。

バランスのいい食事としては和食が理想的です。

ジャンクフードやお菓子はカロリーが高いだけで、栄養バランスは悪いものが多いです。

習慣的にタバコを吸うと血管が収縮してしまい、血液循環が悪くなります。

あと、ビタミンC不足になりやすいので、サプリメントを活用するのもいいでしょう。

 

ストレスになることがあったら、極力取り除くことです。

それができない場合は定期的にリフレッシュをしましょう。

寝不足は肌の天敵で、ニキビができやすくなります。

慢性的な寝不足は、自分でも気づかないうちにニキビを繰り返してしまいます。

なるべく早寝早起きをするようにして、最低でも6時間は睡眠時間を確保しましょう。

7〜8時間寝れるようになると理想的です。

できることなら、ウォーキングなど適度な運動をするといいでしょう。

あとはルナメアACやNOVなど、ニキビケア専用のスキンケアをするといいでしょう。

ニキビケアにおすすめのスキンケア化粧品3つ

 

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク