脂っぽいのにカサカサ…混合肌にできる大人ニキビの治し方

スポンサードリンク

女性_美容_困る

「混合肌の大人ニキビに困ってるんだけど、どうすればいいの?」

「脂っぽいのにカサカサしてて、どうやってスキンケアすればいいのか分からない!」

混合肌は脂が多い部分と乾燥する部分が分かれていてやっかいですよね。

今回はそんな混合肌にできる大人ニキビの治し方について紹介したいと思います。

 

1、混合肌は大人ニキビができやすい

混合肌は額や鼻などのTゾーンは脂っぽいのに、頬や口周りや顎などのUゾーンはカサつくという脂性肌と乾燥肌が混在した状態です。

このように混合肌の人はカサついた角質が毛穴に詰まりやすく、皮脂がアクネ菌を増殖させてしまうため、大人ニキビができやすいという特徴もあります。

部分的に皮脂が気になる混合肌の場合には、顎や鼻の周りなどにニキビが出来やすくなります。

こういったトラブルがある一方、頬や目の周りは乾燥しやすく時に粉がふいたような状態になることもあります。

どうして混合肌になってしまうのかというと、一番の原因は肌の乾燥にあります。

大人になってからできるニキビは、思春期の頃のニキビとは性質が全く異なります。

思春期の頃にできるものは皮脂の過剰分泌が原因となりますが、大人ニキビの場合は乾燥が原因となります。

肌が乾燥するため、角質がカサカサしてしまうし、乾燥をなんとか防ごうとして皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

乾燥を防ぐためにはスキンケアが一番重要なのですが、他にもホルモンバランスの乱れ・偏った食生活・運動不足や睡眠不足などの生活習慣・ストレス・間違ったスキンケアなどがあります。

この手の症状が現れる混合肌の場合には、専用のケアを行なって徐々に改善に導いていくことが必要です。

 

2、正しい洗顔をマスターする

基本的には毎日のスキンケアが重要です。

スキンケアを正しく継続していくことで、新しくできるニキビを防ぐだけでなく、今あるニキビの治りを早くすることもできます。

まずはファーストステップの洗顔からです。

洗顔の際は表皮の角質を傷つけないように、肌に優しい洗顔料を選びましょう。

ニキビ用の洗顔料を使ってもいいのですが、洗浄力が強いものは避けるようにします。

洗顔をしてすすぎ終わってすぐに顔がつっぱってしまうようなら、もっとマイルドな洗い心地のものを選んでください。

昔からある固形石鹸型のものは洗浄力も強くなく、洗い上がりでつっぱることがないのでおすすめです。

スポンジや泡立てネットでしっかりと泡立てて、弾力のある泡を作ると手で肌をこする心配がありません。

イメージとしては、その泡をやさしく転がすような感じで洗います。

おでこと鼻筋のTゾーン、あごのUゾーン、頬とこめかみ、のように部分を決めて洗うと洗い残しがなくなります。

つぎに洗顔料をすすいでいくのですが、すすぎが足りない方が多いです。

すすぎが不十分だと、残った洗顔料が肌を荒らしてしまいます。

特におでこの生え際や、あごと首回りのすすぎ残しが起こりやすいので注意してください。

できれば冷水よりも、ぬるま湯を使用するのがおすすめです。

さらに、混合肌の大敵が乾燥なので、保湿ケアをしっかりと行う必要があります。

乾燥は角質のバリア機能が低下して、肌の水分を保つことが難しくなっている状態です。

角質を健康に保ち肌のターンオーバーを活発にさせて、うるおいのある肌に導くことがポイントとなります。

 

3、保湿成分で水分を逃がさないようにする

保湿の仕方としては、部分的なケアを怠らないということが大切です。

基本的に各パーツの悩みに合わせて、個別の対応が必要です。

顎や鼻の周りなどの脂っぽくなりがちな部分は、脂取り紙で皮脂をこまめに取り除いておきましょう。

ビタミンC誘導体配合の化粧水を使えば、多少は皮脂の分泌を抑えることができます。

こういった脂っぽい部分の場合にも保湿をする必要があります。

乾燥を防ごうとして余計に皮脂を分泌している可能性があるからです。

皮脂は乾燥が進むと、一層増えてくることが最近のスキンケア研究で分かってきています。

脂っぽさが気になる場合も、まずは保湿が一番に求められることになります。

適度な水分が保てれば、肌の過敏な反応も抑えることが可能です。

 

とはいっても、ニキビが出来やすい部分に油分の多いクリームや乳液を使ってはいけません。

よく「乳液やクリームなどの油で肌にフタをする」というアドバイスがありますが、あれは古い考え方です。

油分で肌にフタをすることはできませんし、最近では油よりも効果のある保湿成分がスキンケア化粧品に配合されています。

それはセラミドやコラーゲン・ヒアルロン酸などです。

これらの成分は肌の水分をがっちりつかんで逃がさない働きをします。

その中でも特に保湿力に優れているのがセラミドです。

セラミドは肌の水分を角質層に閉じ込めておけるだけでなく、人の肌にもともと含まれている成分なので安心して使うことができます。

これは肌が乾燥している部分はもちろんのこと、皮脂の多い部分でも効果があるので大人ニキビに悩んでいる混合肌の方にもおすすめできます。

このサイトではセラミドを配合しているおすすめのスキンケア化粧品をレビューしているので参考にしてみてください。

⇨乾燥が原因の大人ニキビに効くセラミド配合の化粧水3選

 

また、混合肌の場合はカサカサに乾燥しやすい部分がありますよね。

こういったカサつく部分にだけ乳液やクリームなどの油分を補ってあげるようにしましょう。

保湿成分入りの化粧品で水分補給をしっかりとし、乳液やクリームでカサつく表皮をなめらかにします。

折をみて保湿効果のあるパックやマスクを利用するとさらに効果的です。

 

もうひとつ、適度な頻度で角質ケアを行なうこともニキビを予防するためには役立ちます。

最近では肌質を問わずに使用出来る低刺激のピーリング剤が販売されるようになっており、ニキビが気になる混合肌の場合も問題なく使用出来る点が魅力です。

角質が厚くなると皮脂が毛穴に溜まりやすくなるのが問題です。

ピーリング剤によって余分な古い角質を除去することによって、毛穴の詰まりを防ぐことができます。

同時にターンオーバーを促進できるので、ニキビができにくい肌になれます。

こういったスキンケアアイテムを使用することで、常に余分な角質が溜まらない好循環の肌を保つことが出来ます。

 

4、生活習慣を改善してニキビ予防をする

新しい大人ニキビができないようにするためには、健康的で規則正しい生活習慣を身につける必要があります。

食事についてはビタミンやミネラル、タンパク質をバランスよく摂取することを心がけましょう。

よく言われる緑黄色野菜や果物、魚や大豆製品などを積極的に食べましょう。

本当は毎日自炊をするのが一番ですが、それができない場合はサプリメントやドリンク剤などで補うのも効果的です。

マルチビタミンとマルチミネラルを基本にして、エラスチンやプラセンタなどの美容成分の摂取もおすすめです。

代謝をアップさせるための適度な運動も欠かせません。

ウォーキングやストレッチ、筋トレや体操など簡単な運動を生活の中に取り入れましょう。

あまりキツい運動をしようとすると、途中で辛くなってやめてしまうものです。

10分でも5分でもいいので週に3日ほど、できれば毎日継続的に続けられる運動をしてください。

ストレス対策としては、自律神経を整えるための良質な睡眠が必要です。

時にホルモンのバランスが関わっていることもあるため、精神的なストレスを見直すことも肌質の改善に役立つことがあるのです。

寝ている間に分泌される成長ホルモンは健康な肌づくりに大きく関係しているので、睡眠時間をしっかりと確保してホルモンの分泌を促進させましょう。

日本人は世界的に見ても睡眠時間が少ないので、ニキビ予防のために7時間は眠りたいものです。

スマホを触ったりテレビを観る時間を少しだけ止めるようにして、最低でも6時間睡眠を心がけてください。

食生活・生活習慣の見直しと毎日の保湿ケアで、混合肌の大人ニキビに負けない肌づくりをしていきましょう。

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク