大人ニキビには合成界面活性剤不使用の洗顔料がおすすめ

スポンサードリンク

女性_洗顔_洗顔

「ニキビと界面活性剤ってやっぱり関係あるの?」

「洗顔料は界面活性剤不使用のものがいいのかな?」

大人ニキビがなかなか治らないと、洗顔料やスキンケア化粧品の成分が気になったりしますよね。

たしかにニキビ肌の方は洗顔料などにどんな成分が入っているのかを知っておいたほうがいいでしょう。

その中でも界面活性剤が気になる方も多いかと思います。

そこで今回はニキビと界面活性剤の関係性について書いていきます。

 

1、洗顔料に含まれる界面活性剤の役割と種類

大人ニキビを治すためには、洗顔料やスキンケア化粧品の選び方にも注意が必要です。

その中でも、合成界面活性剤が入っているものは肌への負担が大きいものがあります。

もし肌荒れがなかなか治らなくて、ニキビができやすいのであれば、洗顔料・スキンケア化粧品の成分表示をよく見てから使うかどうかを判断しましょう。

洗顔料は毎日使うものです。

自分の肌に合わない洗顔料を使い続けていると、肌荒れを起こしてニキビができやすくなります。

大人ニキビに悩んでいる方であれば、界面活性剤は肌によくないということをどこかで聞いたことがあるかもしれません。

じゃあ、そもそもなぜ界面活性剤が洗顔料に使われているのでしょうか?

界面活性剤とは、水になじみやすいという特徴(親水性)と、油になじみやすい(親油性)という特徴の2つの特徴を持っています。

なので、水と油のように混ざらないものを混ぜるのに役立ちます。

つまり、界面活性剤を入れることによって、油汚れなどを水でも落としやすくする働きがあります。

界面活性剤は洗顔料の成分を混ぜ合わせるのに役立っています。

つまり、洗顔料・シャンプー・ボディーソープなどのほとんどのものに使われています。

 

しかし、界面活性剤のすべてがニキビ肌に悪いわけではありません。

そもそも界面活性そのものが肌に悪いのであれば、どんな洗顔料も使えなくなってしまいますよね。

界面活性剤とひとことで言っても、その種類は数千と多岐に渡ります。

その中でも、天然由来のものと、人工的に合成されたものとがあります。

人工的に合成された界面活性剤には、石油などが原料として使われています。

合成界面活性剤は肌の弱い人・ニキビ肌の人にとってよくない影響があったりします。

例えば、毒性が強いと考えられる合成界面活性剤は

アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム・アルキル硫酸エステルナトリウム・ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム・ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテルなどがあります。

また、シャンプーや洗顔フォームなどに含まれている合成界面活性剤には

ラウリル硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸アンモニウム・ラウリルスルホン酸ナトリウム・スルホン酸ナトリウム・パレス-3硫酸アンモニウムなどがあります。

合成界面活性剤は安くて大量生産でき、洗浄力が強力なものも多いです。

メーカーとしては安くて大量に作れる合成界面活性剤のほうが儲かるということですね。

しかし、その反面で肌を荒らしてしまうほど洗浄力が強すぎるというデメリットもあります。

洗浄力が強い洗顔料を使っても、肌が強い人は大丈夫でしょうが、肌の弱い敏感肌・乾燥肌の人は使わないほうがいいと思います。

あまりにも過敏に気にしすぎる必要はありませんが、もしニキビで悩んでいて成分が気になるのであれば、合成界面活性剤が使われている洗顔料は避けておいたほうが無難でしょう。

 

2、洗顔料の成分だけでなく、全体のスキンケアも考えること

ニキビ肌を気にしすぎて洗いすぎていると、よけいに乾燥してニキビが悪化してしまいます。

洗顔料の成分だけでなく、全体のスキンケアの見直しも必要です。

ニキビができやすいというのは、基本的に油分が過剰で毛穴が詰まりやすいことが原因です。

それに加えて、大人ニキビではさらに複数の原因が重なることも珍しくありません。

大人ニキビができる原因は、加齢による肌の水分不足・ターンオーバーの遅れ・栄養バランスの偏った食生活・慢性的な睡眠不足・過度のストレス・間違ったスキンケアなどがあります。

あまりに洗顔料の成分ばかり気にしていると、他のことがおろそかになってしまいます。

特に大人ニキビでは、洗顔料よりも肌の水分不足が原因になりやすいです。

というのも、加齢によって肌の水分が失われ、その水分不足を補おうとして過剰に皮脂を分泌することがあるからです。

洗顔やクレンジングももちろん大切ですが、まずは化粧水でしっかりと保湿をすることが大切です。

保湿をするのに乳液などの油分でフタをするのは古い考え方です。

人によって肌質は異なりますので、他人に合っているものが自分の肌にも合っているとは限りません。

成分表示ばかりにとらわれるのではなく、自分の肌に合っているものを使いましょう。

ニキビを治すための洗顔料についてはルナメアACや、ノブ ACアクティブなどがおすすめです。

これらの洗顔料はニキビを治すためにノンコメドジェニック(ニキビができにくい成分配合がしてある)・パッチテスト(低刺激でピリピリしない処方)・アレルギーテスト済み(アレルギー反応が起こるかどうかテストしている)で設計されています。

毛穴をキレイに保って、保湿をしっかりしてくれます。

「場所を問わずニキビができやすくてうんざりする」

「肌の凸凹や毛穴の黒ずみが気になって仕方ない」

「ニキビ肌を積極的にケアしたい」

このようにニキビに悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク