「目立つしどうしよう…」頬の赤みのあるニキビ跡の消し方・治し方

スポンサードリンク

OL

「頬にできたニキビ跡ってどうしたら治るの?」

「ほっぺにある赤みがなかなか消えない…」

ニキビが治っても、その後にできるニキビ跡がなかなか治らなくて悩んでしまいますよね。

このページでは、頬の赤みのあるニキビ跡の消し方・治し方について書いてあります。

 

頬の赤みのあるニキビ跡が治りにくいのは、肌の内部でうっ血しているから

ニキビは若い人がなりやすい症状ですが、社会人でもニキビができる人もたくさんいます。

大人ニキビは肌の状態がおかしくなると発生する性質があるので、忙しい社会人だと年齢に関係なく発生しやすいです。

ニキビの症状は基本的に下手に触れたりせずにいれば、自然に問題は解消して元の状態に戻っていきます。

ただ、ニキビが治った後に赤みが発生するケースが存在し、とくに頬の部分で起こりやすいといった特徴があります。

なぜこのような問題が起こるのかというと、ニキビによって肌の内部がおかしくなってしまうことがあるからです。

ニキビになると周囲がうっ血してしまうので、その影響で血液がうまく流れなくなることがあります。

そして、ニキビが治ったあとでもそのような状態は続き、それがニキビ跡の赤みとして見えるわけです。

頬のニキビ跡に対しては、なるべくニキビを負担のかからない形で治しておくと、大きな問題にならないですむことが多いです。

逆に、ニキビを潰す行為や患部をひっかくなどの行為をしていると、ニキビ跡が重症化してしまうこともあります。

このような問題に対してはどうすればよいのかというと、体全体の健康状態を良くすることが一番効果があります。

肌のトラブルはストレスや内臓の問題など体全体の異常が原因になりやすく、そういうことへの対応をしなければいけません。

日頃の生活習慣が原因で大人ニキビは発生しやすいので、生活習慣を見直せばその後に発生した赤みに対しても効果があります。

このような問題はニキビが治ったあとの皮膚の状態を元に戻す行為なので、本来の良い状態にしなければいけません。

そのためには、肌のターンオーバーについて理解をしておいて、頬の皮膚がどの程度で変わるのかを把握しておくことが重要です。

皮膚は基本的に一月程度でかわることが多いですから、その程度の期間は安静にしておけば問題の解決はできます。

さらに、生活習慣の見直しをすることによって、肌のターンオーバーを正常化させておきましょう。

最近ではニキビ跡ケア向けの製品も売られていますので、そのような製品を合わせて使えばより綺麗に治すこともできます。

ニキビ跡は場合によっては長期間残ることもありますが、なぜそのような問題が起こるのかというと、いくつかの理由があります。

このような問題は、皮膚に起こったトラブルがどのような形で改善をするのかが、非常に大きな影響を与えています。

肌が受けたダメージはターンオーバーによって生えかわるので、古い皮膚の問題をなかったことにもできます。

しかし、その過程でトラブルが起こるとシミになることもあるので、よく注意をしてから対応をしなければいけません。

ニキビ跡がなぜ消えづらいのかというと、シミの症状とよく似ていて、皮膚の内部の所で問題が起こっているのが原因です。

人間の皮膚の表面で起こったことに対しては、皮膚の表面から対応をすれば改善することは可能です。

しかし、皮膚の奥の方にできてしまった問題は、通常のスキンケアだけでは治すことができません。

頬の赤みのあるニキビ跡に対しては早めに対応をして、ニキビ跡が皮膚の奥の方にいく前に改善を行ったほうがいいです。

改善を行うときは市販の商品を利用することが多いですが、その時は効果のある成分が含まれているか確認をすることが大切です。

効果のある成分としては、ビタミンC誘導体やプラセンタが存在し、このような成分が含まれている製品は効果が高いといわれます。

製品の種類としては、お肌に直接塗るものもありますが、いろいろな商品が販売されているので選びやすくなっています。

ニキビになったときは大きな負担が発生しますけど、実は厄介なのはニキビの跡に発生しやすい頬の赤みです。

頬の赤みを改善したいときは生活習慣を見直して、夜の遅い時間帯まで起きていないように工夫をする必要があります。

肌のトラブルを減らしたいときは生活の習慣を見直して、その人に合った対処法を考えることが大切です。

 

赤みのあるニキビ跡は、時間はかかるがキレイに治すことができる

ニキビ跡をきちんと治療するなら、適切な方法を選択することが大事になります。

そのため、状態に合わせて適切な方法で治療していくことによってかなりきれいなものになります。

ニキビ跡の中でも頬に赤みが出るものなどは、ビタミンC入りの化粧水で保湿すること効果的です。

しつこいニキビ跡を消すおすすめの化粧水&美容液4選

洗顔などをこまめに行うことが重要になっています。

きちんとしたケアが基本となっています。

ビタミンCは、肌の状態を回復させる成分が配合されていることから、頬の赤みなどにかなりの効果があります。

ニキビ跡の治療は時間がかかるため、気長にコツコツと続けていくことが大切です。

ゆっくりと治療をしていくことによって、かなりきれいな状態にしていくことも可能になっています。

ニキビ跡に関しては、それぞれの状態に合わせて適切な治療をしていく必要性があります。

ケアをコツコツと続けていくことによって、肌の状態は少しずつ変化していくことになります。

ただ、こうしたケアは効果があるという点もポイントとなっています。

クリックなどでも治療を行うことは、可能になっていますが費用やリスクの問題から最適な選択ではないとされています。

そのため、自宅でスキンケアを続けていくことがもっとも効果があるとされています。

こうした部分に注意することによって、ニキビ跡はかなりきれいになります。

赤みのあるニキビ跡を消すためには、適切な方法を知って、それを続けていくということが大切です。

多くの人が効果を実感していることもあり、きれいにすることが出来る可能性はかなり高いものとなっています。

実際に利用するなら、続けてみるということが基本となっています。

続けることによって、変化が分かるようになっています。

変化を知るということによって、適切かどうかも分かるようになっています。

さらに、ニキビ跡に効果のある化粧水はさまざまな商品がありますが、自分の肌に合ったものを選ばなければいけません。

どのような商品を使うのかによっても、効果が変化するということは多々あります。

実際に利用してニキビ跡をきれいにしている人もたくさんいます。

ニキビ跡を消す方法をきちんと活用していくことによって、頬の赤みがきれいになることも多いです。

お肌の調子を整えていくことが大事です。

ニキビ跡を治療するなら、ニキビ跡に効果のある成分を配合した化粧水を使いましょう。

凸凹のニキビ跡には効果がありませんが、赤みのあるニキビ跡を早く消したいのであれば、効果が期待できます。

そのため、実際に利用するということであれば、まずは利用する商品を選択することも大切なポイントになっています。

使う前には配合成分を調べたり、使い心地は口コミなどを見てみれば、ある程度は知ることができます。

こうした情報をもとに商品を選択することによって、自分の肌に合いそうかどうかを判断していきましょう。

ニキビ跡を消すのには時間がかかるので、焦らずにじっくりと行っていくことも大切なポイントになっています。

時間をかけていくことによって、根本から治療することも可能となっています。

頬の赤みに関しては、肌の修復力をスキンケアなどによって向上させていくことが基本となっています。

そうすることによって、お肌の状態は良いものになります。

このように、適切な治療をきちんとした情報をもとに行うことが大事になります。

以前であれば、治療しにくかった状態でも、現在であればきれいになるということは多々あります。

 

「肌のターンオーバーを正常に機能させることで治しました」20代後半 Tさん

ニキビ跡は、早めに治すことがポイントです。

私の場合は、頬の部分に赤みのあるニキビ跡が残っていました。

その場所は、大人ニキビがいくつかできていた所です。

ニキビのうちのいくつかは、炎症が生じていたため赤みがありました。

炎症が下火になったのちも、なぜかその場所には赤みだけが残ってしまいました。

こういったニキビ跡の赤みは、そのまま放置してしまうとシミのように濃くなってしまうこともあります。

「以前、美容雑誌で読んだ記事の中に、そういった注意点が書いてあったことを思い出しました。

そこで私は、ニキビ跡を残さないためのスキンケアを始めることにしました。

口コミで見たある商品は、赤みのあるニキビ跡にも効果があると評判です。

オンラインで注文し、その商品を使い始めることにした私です。

私が使用したのは、ローションタイプの商品です。

ニキビ肌の方から好評を得ている商品で、以前から定評がある1品です。

ローションタイプは、使いやすいのが嬉しい所と言えます。

できるだけ肌に刺激を与えたくなかったので、軽いローションは最適でした。」

「ニキビ肌用の化粧品は、大体において肌を乾燥させます。

ですので、実際に肌に付けるまでは、少し不安だったというのが本音です。

ですが、私が購入した商品の場合は、滑らかな感触で心地よさが感じられました、プラセンタやコラーゲンが配合されているため、肌の再生を促す力が強いのです。

肌そのもののクオリティを上げて、ニキビ跡を改善するというアプローチです。

肌にのせた時の刺激もなく、使い心地も抜群でした。

続けて1か月ほど使い続けたところ、何となく赤みが薄くなっているように見えました。

以前よりもピンクがかった状態で、肌色との境目もあまり目につかなくなっています。」

「また、肌色が心なしか澄んでいるような感じでした。

今回私は、ローションを顔全体に使用していました。

ニキビ跡の部分には、特に念入りに付けるようにしましたが、他の部分にも馴染ませていたのです。

そのかいあってか、肌の明度が上がっている感じでした。

肌に現れた変化を見て、配合されている有効成分の効果を心底実感できました。

幸い、それ以上赤みは濃くなることなく、次第に消えていきました。」

ニキビ跡を残さないためには、できるだけ肌の生まれ変わりを促してあげることが大切です。

私も自分の実体験から、肌の再生について目を向けるようになりました。

赤みなどの色素が肌の内部に残ってしまわないよう、ニキビができてしまった後はすぐにケアを始めることが必要なのです。

赤みなどが残っている部分は、概して炎症が大きかった場所です。

順調に肌の生まれ変わりが行われていれば、このようなニキビ跡も次第になくなっていきます。

「ただ、さまざまな事情で肌の再生力は乱れてしまいます。

私の場合も大分治りが遅かったため、本格的なニキビケアを始めるにいたりました。

ピーリングなどもある程度効果がありますが、炎症が治まっていない場合はリスクが高くなります。

ですので、なかなか治らないときには、美容皮膚科などを受診して治すのが理想です。

自宅で治したい場合は、私のように評判の良い化粧品を使ってみると、かなりの確率で効果が実感できます。

跡を残したくない場合は、洗顔も意外に大切です。

私は、刺激の少ない泡洗顔を実施していました。」

「クレンジングはミルクタイプを使用して、何より肌に負担をかけないことを最優先していたのです。

毎日の洗顔は、表面の角質などを除去するのに役立ちます。

このような洗顔でスムーズに跡がなくなるようであれば、特別な対処は不要です。

ですが、治りが遅い場合は、やはり効果の高い化粧品に切り替えた方が、スムーズに問題が解消できます。

肌が弱い方は、保湿効果の高い化粧品を使用したほうが良いです。」

「私が使っているようなローションであれば、肌を乾燥させることなく快適に使えます。

ヒアルロン酸入りの商品などを狙うと、外れが少なくなります。

保湿成分の有無は、ニキビ肌用の化粧品の場合にもしっかりと見ておきたい点です。

乾燥がひどくなると、皮脂分泌が活発になります。

ですので、ニキビが増える可能性も出てきます。

ニキビ肌の方は、新しいニキビを作らないような心がけが必要です。」

 

「ストレスからできる大人ニキビが原因だったみたいです」20代後半 Kさん

「中学生から高校生にかけて、ニキビができる時期がありました。

青春のシンボルなので、どうしようもありません。

しかし、それでもお年頃ということもあり、とても気になっていました。

潰してはまたできる、という繰り返しでした。

どのようにして治したのかというと、市販薬を使ったのです。

当時よくTVCMで宣伝されていた塗り薬を使いました。

そのときには治るのですが、また別のところにできてしまいます。」

「あるとき、そんな繰り返しのうちに、ニキビ跡がなかなか治らないことに気づいたんです。

洋服で隠せる部位ならまだしも、顔は隠せません。

顔にできるニキビに悩まされました。

特に、頬によくできていたので、これにはとても悩んだ記憶があります。

当時はインターネットもなく、どうして頬にニキビができるのかも情報を得ることができませんでした。

母には『成長期なのだから仕方がない』とよく言われていたので、私もそんなふうに思い込むようにしていたものです。

しかし、次第に赤みが気になるようになってきました。」

「いつも赤ら顔に見えるというのは、とても恥ずかしく感じられます。

しかも、お年頃の女の子です。

クラスメイトの男子たちにからかわれることもありました。

どうにかして頬の赤みだけでも消したいと思うようになり、母に相談してみたところ、皮膚科を受診することになったのです。

当時はニキビくらいで皮膚科を受診するという考えがありませんでした。

そのため、母も皮膚科を受診すればいいという考えがなかなか思い浮かばなかったようです。

しかし、私があまりにも悩んでいることもあり、思い切って受診することにしたのでした。」

「近所に評判のいい皮膚科があったので、そちらを受診してみたところ、市販薬とは違った薬を処方されました。

塗り薬と飲み薬です。

飲み薬は初めてなので、どんなふうになるのだろうと少し不安に感じられました。

体内から改善することが目的だったようです。

どうやら成長期ということもあり、ホルモンバランスの崩れが影響していたということが分かりました。

つまり、ホルモンバランスを整えればいいのです。

こうして、処方された薬を服用したり、塗ってみたりしたところ、だんだんと頬の赤みが気にならない程度になってきました。

「ニキビ跡で悩んでいる人は、まず皮膚科を受診してみた方がいいと思います。

そこで処方される薬が体に合っていれば、みるみるうちに改善していくからです。

私の場合、処方された薬が体に合っていたらしく、それからは数回皮膚科に通うだけですっかりキレイな肌に戻りました。

もちろん、成長期の影響もあったと思います。

時期が過ぎれば自然に治る人もいることでしょう。

それでも、私のようにそれまで我慢できないという人は、皮膚科の受診を早急に行った方が無難です。」

「その後、成長するうちにニキビに悩まされることは少なくなってきました。

ホッとしていたのも束の間、今度は社会人になってからニキビに悩まされるようになったのです。

このときは一人ですぐに皮膚科を受診しました。

大人ニキビというものを知ったのは、このときです。

大人になってからも、成長期の影響とは違ったニキビができるそうです。

どうやら私の場合、社会人になって仕事によるストレスが関係していることが分かりました。

社会人になってからというもの、睡眠不足になったり食生活が不規則になったりしたからです。

もちろん、生活改善も重要となります。

それと同時に、皮膚科で処方された薬を服用したので、割とすぐにニキビは改善しました。」

頬に赤みが残ってしまうというのは、体内が改善されていないからです。

また、適切なニキビ処置をしていなかったことも挙げられます。

放置したり、正しい治し方をしていなかったりすると跡が残りやすいのです。

ニキビ跡が残らないようにするためにも、ニキビに悩まされるようになったら、すぐに皮膚科を受診しましょう。

中学生、高校生の時に実践して分かったので、大人になってからもこのようにしました。

もちろんストレスを溜めたり、ホルモンバランスが崩れたりするのも良くないので、不規則な生活改善も重要です。

それからというもの、かなり意識的に生活改善に取り組むようになったので、今ではまったくニキビが出なくなりました。」

 

「凸凹のニキビ跡は皮膚科で治療しました」30代前半 Sさん

「お肌の状態があまりよくないときに限って、チョコレートやポテトチップスなどジャンキーな食べ物が欲しくなったりします。

すると、とたんに頬にニキビができてしまい、洗顔やクリームなど色々な手段で消そうと頑張るのですが、残念ながら頬に赤みが残ってしまったり、凹のあるニキビ跡になってしまったりします。

赤みのあるニキビの場合、お肌はどちらかというと脂っぽい状態になっていることが多いです。

その場合はまず、やはり食べ物を見直す必要があります。」

「チョコレートやポテトチップスなど油っぽい食べ物は、ニキビが良くなるまでは少し控えめにしておきましょう。

また、洗顔の際にもニキビ用の洗顔フォームを使うことをおすすめします。

洗顔フォームはしっかりと泡立ててお肌に刺激を与えないように注意すること、さらにしっかりと洗い流すことも大切です。

朝など時間がない場合、あまり泡立てない洗顔フォームで顔を洗うと、その洗顔料が顔に残りすすぎもおろそかになりがちです。

そうすると、洗顔フォームがすすぎで落ちきらずに顔に残ってしまい、炎症を起こす場合があるため注意しなければなりません。

ニキビ用の洗顔フォームには、専用の泡ネットがついているものや、泡だて器のようなものがついているものも用意されています。」

洗顔フォームを泡立てる自信がない方には、最初から泡で出てくるタイプのニキビ用洗顔フォームを使うのもいいでしょう。

自分にとって使いやすいニキビ用洗顔料を選ぶことが大切です。」

「さらに、洗顔料にてしっかりと汚れを落とした後は、保湿ケアも必要となります。

ただし、赤みのあるニキビの場合、普通の保湿ケアをしてしまうと逆効果になってしまう場合もあるので注意してください。

ニキビケアをしつつ、保湿してくれる成分が入っている化粧水を使うことがポイントです。

ニキビケア用のスキンケア商品はさまざまな種類があります。

通信販売で購入できるものから、薬局などで手軽に手に入るものまでいろいろな種類がありますよね。

ニキビケアの場合、少しだけお肌が刺激を感じるようなものもあるため、自分に合ったニキビケア用スキンケア商品を見つけて使い続けることが重要です。

皮膚科でオススメを聞くのも良いと思います。」

「次に、お肌は乾燥しているのにニキビができて、肌が凹んでしまうようなニキビ跡ができてしまった場合の対処方法についてご紹介します。

肌は乾燥しているのにニキビができるのは、割と大人になってから起こる症状で大人ニキビという言い方をします。

この場合、思春期のときのような脂っぽい肌ではなく、肌はどちらかというと乾燥している状態になります。

肌が乾燥しているニキビに対して、思春期のときに行っていたニキビケアをしてしまうと逆効果になる場合があるので注意が必要です。

肌が乾燥した状態でできるニキビの場合、まず必要になってくるのが保湿ケアです。

このときに選ぶ保湿ケア商品は、できるだけ肌に優しいものを選ぶのがおすすめです。

洗顔フォームもできるだけお肌に優しく刺激のないものを選び、メイク落としのクレンジングにはジェル状のものを選びます。」

「このジェルというのは、私自身が皮膚科にて指定されたものです。

それまでクレンジングにはオイルやクリームなどを使用していいたのですが、ジェルを使うようになってから、確かにニキビができにくくなり、治りやすくなったと思います。

そのように注意していても、残念ながらお肌が凹んだ状態のニキビ跡になってしまう場合があります。

その際には、市販のピーリング機能がある化粧水などを利用すると効果が期待できるでしょう。

使いすぎるとお肌を傷つける危険性があるので注意が必要ですが、1つとか2つの凹みであれば、根気よく続けることで効果が実感できます。

しかし、仕事が忙しくかなりの数の凹みができてしまい、ファンデーションで隠しても分かってしまうくらいのニキビ跡になってしまった場合、皮膚科でのレーザー治療をおすすめします。

「これは私自身が皮膚科で実際に行った治療なのですが、凹んだニキビ跡をレーザーで焼き、その後お肌をピーリングすることで凹凸をなくすという治療方法です。

この方法は時間もかかりますし、痛みもあります。

金額も安くはないものですが、かなりキレイなお肌に戻すことができます。

本来、ニキビを作らないような生活を心がけることが重要ですし、できてしまったニキビに対しては、早めの対処をしてニキビ跡が残らないようにするのが得策です。

しかし、残念ながらできてしまった頑固なニキビ跡には、皮膚科のレーザー治療とピーリングにて対応するというのが私のおすすめです。」

 

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク