頬の大人ニキビがなかなか治らない原因と跡に残らない治し方

スポンサードリンク

頬ニキビ1

「頬のニキビがなかなか治らない…」

「どうしたら頬のニキビを跡に残らないようにキレイに治せるんだろう?」

頬にニキビができるとなかなか治らないし、目立ってしまって困りますよね。

このページでは、頬の大人ニキビが治らない原因と、跡に残らない治し方について書いてあります。

 

頬にできたニキビが治らないのは、ケアの方法が間違っている可能性あり

20歳を超えてからできる大人ニキビは様々な場所にできたりするため、日頃から注意する必要があります。

とくに多いのがフェイスラインとなっていて、左右どちらかの頬にできたりすることが多く、場合によっては両頬に大人ニキビができることもあるので要注意です。

大人ニキビができてしまう原因については、ストレス・偏った食生活・睡眠不足・紫外線・生活習慣の乱れ・過度の飲酒などが挙げられます。

ホルモンバランスの乱れも関係していて、頬に吹き出ものが出た場合は体調不良を起こすサインになっています。

他にも肌の洗顔・保湿・ケアをしない状態のまま寝てしまうと、肌に潜んでいる見えない雑菌やアクネ菌が悪さをしてしまいます。

紫外線や肌の乾燥もこの病気を発症させる原因の一つとなっているため、日頃から注意しながら生活していくことが大切です。

紫外線によって肌に過度の刺激やダメージを与えることにより、ニキビを発症させる引き金になってしまいます。

また、肌が乾燥することにより代謝量が減少し角層にダメージを負ってしまい、毛穴が炎症を起こしてしまいます。

そして、毛穴の皮脂が詰まりやすくなってしまうので、ニキビを発症させるリスクが高まりやすくなります。

手で頬を触ったりするクセがある人は、手のひらに付着している細菌が頬に感染しまい、それが原因でニキビを引き起こしたりするケースもあります。

改善・解消させるための対策方法は複数あり、さまざまな情報が多数掲載されていますが、その中から自分に合った方法を選ぶことが大切です。

なんでもかんでもためそうとすると、結局どれが一番効果的なのかわからなくなってしまいます。

肌の悩みを改善・解消させていく上で大切なのは、ホルモンバランスを整えることと、生活習慣の乱れ・睡眠不足・偏った食生活などを改善させ、適度な運動を行い老廃物を流し落とすことです。

肌のケア・メンテナンス・洗顔も大切であり、保湿もしっかりと行うと、さらに肌をキレイに治すことができます。

また、ストレスを溜めない生活を送れるように、日頃からしっかりと工夫を行うことも必要です。

頬にできている大人ニキビがなかなか治らない場合は、対策方法を間違っている可能性があります。

さまざまな対策方法がありますが、正しくケアができていないと肌にダメージや刺激を与え過ぎてしまい、かえって逆効果となってしまいます。

ニキビケアをするためには、ニキビ専用のスキンケア化粧品を使いましょう。

ニキビケア用の洗顔料は、肌を傷つけずに適度に皮脂と汚れを洗い落としてくれます。

また、化粧水はアクネ菌が繁殖しにくい処方になっており、肌のうるおいを保ったままニキビの炎症を抑えることができます。

詳しくはこちらのページを参考にしてみてください。

大人のニキビケアにおすすめのスキンケア化粧品3選

ニキビ対策しているのになかなか治らない状況が続いていている場合は、一度皮膚科で診察してもらいましょう。

病院ではホームケアではできないような治療方法があるため、頬にできた治らない大人ニキビに対して適切な対応をしてもらうことができます。

大人ニキビを治すための塗り薬も処方してもらえるため、短期間のうちに肌の悩みを改善・解消させることができます。

気をつけたいのは、治療中に偏った食生活・睡眠不足・生活習慣の乱れなどを起こしてしまうと、せっかく治療しているのにまた新しいニキビが頬に発生してしまうことです。

洗顔料や化粧水等を使った肌のケアやメンテナンス・保湿を行いながら、日々の生活を過ごしていく必要があります。

大人ニキビといえば再発しやすい特徴を持っているので、肌の代謝を上げ、バランスよく食品を多く摂取することにより、抑制・予防することができます。

なかなか自炊する時間がないという方は、サプリメントを活用してみるのもいいでしょう。

サプリメントを使えば、肌をキレイにするための栄養(ビタミン・ミネラル・食物繊維・ビフィズス菌など)を手軽に摂ることができます。

大人ニキビに効果的な栄養サプリメントはこちら

また、適度な運動を行うことにより、肌の老廃物が汗で流れるため、大人ニキビを防ぐことができます。

治すための対策方法についてはいろいろありますが、一番大切なのは自分に合った適切な方法を見つけ、それをコツコツと続けていきましょう。

 

生活習慣が乱れると、乾燥しやすい頬にニキビができてしまう

ニキビといえば「青春のシンボル」と呼ばれ、一般に思春期に多いイメージを持たれがちです。

しかし、成人を過ぎた男女にもニキビで悩む人は意外に多いものです。

この成人を過ぎてからできるニキビは、「大人ニキビ」と言われています。

思春期ニキビと大人ニキビは、同じように見えて実はまったく性質が違います。

思春期ニキビは、二次性徴期におけるホルモン分泌量の増加が原因と考えられています。

この二次性徴期のホルモンが増加することで、皮脂腺が刺激されて皮脂の分泌量が増え、それが毛穴がつまらせてニキビになりやすい環境を作ってしまうのです。

思春期は成長期でもあるため、思春期ニキビはできやすくしかも症状が悪化しやすい傾向があります。

しかし、二次成長が終わり、成人に近づくとホルモンの分泌もおさまるため、自然とニキビの発生もおさまっていく人もいます。

そういった人の思春期ニキビは、大人になると自然と治ってしまうことがほとんどです。

一方、大人ニキビは、思春期ニキビとは違い原因は単純ではありません。

不規則な食生活・睡眠不足・ストレスや過労・飲酒や喫煙・間違ったスキンケア・ホルモンバランスの乱れなど、さまざまなものが考えられます。

これらの原因が一つではなく複数が重なり合い、その結果肌が生まれかわるターンオーバーが乱れて大人ニキビができてしまうのです。

ターンオーバーとは、新しい細胞と古い細胞が約28日間で入れ替わる現象です。

つまり、肌の新陳代謝のことです。

この肌のリズムが正しく行われることで、古い角質が剥がれ新しい角質に替わり、健康な肌を維持します。

しかし、このターンオーバーが乱れると、古い角質はいつまでもはがれずたまっていき、毛穴を塞いでしまうんです。

これがニキビを発生させると考えられています。

このように原因が複数あり特定しにくいことから、実は大人ニキビは思春期ニキビに比べておさまりにくい傾向があります。

よく、「いつまでたってもニキビが治らない」と悩む成人が多いのは、このせいです。

生活習慣を正し、ストレスや過労などを解消することがニキビの予防や改善には必要ですが、忙しい社会人にとってなかなか実行することが難しいのが現状です。

それでも、できるだけ考えられる原因を取り去り、少しずつ生活環境を整えていくことが予防と治療には欠かせません。

思春期のニキビの原因は、過剰な皮脂の分泌であると考えられることから、皮脂が出やすいおでこや鼻などのいわゆるTゾーンによくみられます。

一方、大人ニキビは肌のターンオーバーの乱れが原因と考えられ、そのせいで角質が厚くなり肌が乾燥しやすくなっています。

大人ニキビは、一般にあごやフェイスラインなどのUゾーンによく発生すると言われているのは、これらの現象が起こりやすいからと考えられています。

そして、大人ニキビは頬にもできやすいという特徴があります。

一般に、頬は皮脂量が少なく、ニキビができにくいと考えられがちです。

しかし、頬は顔の中でも最も乾燥しやすい箇所でもあります。

皮膚は乾燥すると、本来肌が持っているバリア機能が低下してしまいます。

肌のバリア機能が低下すると、それまではねかえしていたホコリなどの刺激物をまともに受け、ダメージを与えられてしまいます。

これを防ごうと、肌は足りなくなった水分の替わりに皮脂を出して補おうとするんです。

これが、頬にニキビができる理由と考えられています。

頬のニキビは乾燥がおおもとの原因であるため、他の箇所より治りにくいというやっかいな特徴があります。

乾燥が原因でできる大人ニキビには、セラミドを配合した化粧水が一番効果的です。

セラミドは肌に本来含まれている成分であり、肌のうるおいを逃がさない性質があります。

大人になると肌に含まれているセラミドは失われやすくなってしまうため、スキンケアでおぎなってあげることが大切です。

肌の感想が原因の大人ニキビにはセラミド配合の化粧水がおすすめ

頬のニキビが出やすくなる要因は、いくつかあげられます。

一つは、胃液の減少や虚弱です。

油っこい食事・糖分のとりすぎは、胃に負担がかかりやすくなります。

頬のニキビは、胃が弱ると発生しやすいです。

次に考えられるのが、肝機能の低下です。

お酒を飲むと肝臓はアルコールを無毒化するために活発に活動しますが、これが続くと肝臓の負担が増加し機能が低下します。

頬にニキビができたときは、肝機能が低下しているサインでもあります。

乾燥を招きやすくする要因には、女性ホルモンの分泌量の減少が考えられています。

女性ホルモンは美肌のもとであり、これが減少することで水分量が減り乾燥しやすい環境となってしまうのです。

最後にあげられるのが、寝具の汚れや洗剤が合わないといった要因です。

頬は枕カバーや布団にあたりやすく、その部分の肌が炎症を起こしているという可能性も考えられます。

これらの要因をチェックして、ニキビを予防していきましょう。

では、実際に頬のニキビを治せた方々の体験談を見てみましょう。

 

「私生活を改善することで頬のニキビを撃退しました」20代後半 Fさん

「私は子供のころからニキビで悩んでいました。

主におでこや頬、口周りにできていて、生理前は鼻の下に必ずでき、恥ずかしくて本当につらかったのを覚えています。

『思春期の頃は体が子供から女性へと変化する時期だから仕方ないよ』とか『大人になったら落ち着くからそんなに悩まなくても大丈夫』などと優しい言葉をかけてくれる人もいましたが、

女心のわからない男友達からはよくからかわれていました。

肌が汚い子は無理』と好きな男の子にふられることもありました。」

「高校生になり一旦はニキビも落ち着いてきました。

しかし、20歳を過ぎ、就職して働き始めると日常生活が仕事の都合で不規則になってきました。

実家にいた時はきちんと睡眠も栄養も取れていたのに、疲れて帰ってくるためコンビニやインスタントに頼ってしまうようになりました。

すると、すぐにまたおでこや頬、鼻の下、あごなどにニキビができ始めました。

なんとかこのニキビを改善したいと考え、いろいろと調べるようになりました。」

「まず、20歳を超えた大人ニキビと思春期のニキビは全く別物ということが分かりました。

思春期の頃は成長期の皮脂の分泌が過剰になることが原因です。

なので、ホルモンバランスが落ち着いてくる20歳前後には自然となくなってくるそうです。

しかし、それに対し、大人ニキビは原因が1つではないことが特徴です。

大人ニキビの特徴はストレス、不規則な生活、偏った食生活、睡眠不足、喫煙や飲酒、間違ったスキンケアや化粧品、ホルモンバランスなど挙げればきりがないほど原因があります。

そのことを知ったときに心当たりがありすぎて愕然としました。」

「仕事でのストレスを発散するためにお酒を飲むことも増え、お店に行けばタバコの煙にさらされていました。

また、遅く帰って来てメイクを落とさずに眠ってしまったり、化粧品も手軽が一番とオールインワンのものを使ったりしていました。

コンビニ弁当やインスタント、外食がメインでお腹が満たされればいいと栄養を気にしていませんでしたし、規則正しい睡眠もとれていない状態でした。

そんな環境だったら治るものも治らないと思い、私生活からニキビのできにくい環境に変えていくことから始めました。

「まず簡単にできることからと考え、3つのルールを自分に作りました。

1つは水を毎日2リットル飲むことです。

大好きなコーヒーやお酒を禁止するのはストレスの原因でしかありません。

だったら、飲んでもいいけど、その分水をたくさん飲んで体に中の水分を常にきれいな状態にしようと考えたのです。

というのも、潤った肌にあるのは水分です。

姉が赤ちゃんを出産したときに赤ちゃんの体の8割は水分というのを聞いて、水分が多いほうが肌がきれいということに気づきました。」

「また、よくいくマッサージの先生が言うにはその水分が常に循環していないと体内で腐ってしまうこと、そのためには常に新しい水分を入れ替えて、汚れた水分を排出することが大切だそうです。

この循環がきちんとできていれば、古い細胞が新しい細胞へと入れ替わるターンオーバーが自然と行われるそうです。

ずっと新陳代謝を活性化させるには運動をしないといけないと考えていましたが、間違った認識ということに気づきました。

「2つ目は栄養を取ることです。

仕事をしていると残業や付き合いも多く、なかなか毎日自炊というわけにはいきません。

また、時間を無理すると睡眠不足にもなりかねないので、マッサージのお店で置いているサプリメントとプロテインを取り入れることにしました。

プロテインなんでボディビルダーが飲むものと思っていました。

それも大きな間違いでプロテインはタンパク質という意味で体を形成するうえで欠かせない栄養素です。

体の中から肌を修復・再生する栄養素が必要でタンパク質の吸収を効率よくしてくれ、美容にもいいとされるビタミンがたくさん含まれるサプリメントを併用することにしました。」

「3つ目はなんといっても睡眠です。

睡眠にもゴールデンタイムがあって、それは成長ホルモンが分泌される22時から26時の間です。

そのため、せめて24時には遅くても寝るようにしました。

この3つを始めること2か月と少し、悩んでいた大人ニキビができにくくなり、肌にも艶とハリが出てきました。

年齢を重ねるごとにトラブルはいろいろでてくると思いますが、この3つは基礎として続けようと思います。」

 

「病院のニキビ治療薬を使ったらあっという間に治りました」30代前半 Aさん

「不摂生がたたったのか、頬にできた大人ニキビが全然治らないので悩んでいました。

両方の頬に赤い大人ニキビが複数できてしまって、リンゴのように真っ赤になっていたんです。

また、ニキビのブツブツのせいで肌にツヤが無く、化粧をしてもキレイになりません。

下地を塗ってコンシーラーを塗って、その上からクリーム状のファンデーションを塗っても、頬のブツブツは隠しきれ無かったんです。」

ニキビを何とかして隠そうとファンデーションを重ねれば重ねるほど、タチの悪い能面のようになった顔を見ると、ものすごく悲しかったです。

このままではいけないと、徹底的にニキビを治したくて、スキンケアにこだわりました。

洗顔はしっかり泡立てて使うようにしましたし、安物の化粧水と乳液では無く、可能な限り高級なものを選びました。

今までは使っていなかった美容液まで塗って、週1ペースでフェイスパックまで行ったんです。

それでも、ニキビが治る気配は一向に無く、むしろスキンケアなんて意味が無いと言わんばかりにどんどん汚くなっていきました。

さらに、頬からあごにかけて繋がるようにニキビができてしまって、顔全体が赤くなる寸前でした。」

「肌に優しい無添加のケア用品を使えば良いかと考え、クレンジングオイルから美容液まで全て無添加の物に変えたりもしたのですが、肌はとくに綺麗になりません。

逆に、洗浄力の高いクレンジングオイルや洗顔料を使えば治るのかもと考えもしましたが、それも的外れだったようです。

1ヶ月も2ヶ月も治らないから一緒に暮らしている母親にも心配されるようになってしまいましたし、気にしていることを指摘されるとちょっとムッとすることもありました。

「そもそも、スキンケア用品では無くメイク用品が悪いのかと思って、ファンデーションやチークも自然由来の物にしてはみたのですが、とくに関係無かったのか全然治る気配を見せてくれません。

何をしても一向に綺麗な頬が戻らないので、外に出るのも嫌になりそうでした。

メイクをしても汚いからメイクに力を入れる気すら無くなり、マスクで口元を隠す日も多くなりました。

マスクをすると汚い肌を隠せるので、気分が落ち着いたんです。

本当はマスクをせずに出歩きたかったですし、ブツブツしているよりもツルツルの肌にしたくて仕方有りませんでした。」

そんな嫌な悩みを解決してくれたのは、妹が皮膚科から貰ってきた塗り薬でした。

実は妹もニキビに悩まされたことがあり、皮膚科を受診していたのです。

そのことをいきなり聞かされて「これを使えば」と、塗り薬を手渡されたのです。

私は病院が苦手なので、極力皮膚科には行きたくないと思い治療は候補に入れていなかったのですが、家にニキビ治し用の塗り薬があるのなら使ってみようという気になりました。

妹が持っていた塗り薬は、夜専用の「劇ディフェリンゲル0.1%」と、朝晩使える「タラジンTゲル1%」です。

妹いわく、朝晩使える方がニキビを治すのに特化していて、夜にだけ塗れる方がニキビの痕を消すのに役立つとのことでした。

とりあえず大きなニキビが無くなるまでは夜専用の方は塗らないようにして、ある程度綺麗になったら両方付けるようにしました。」

「指の先くらいの量をニキビが集まっている部分に適当に置いて、頬に馴染ませるように伸ばしました。

大きくてボコッとしているものは、その部分にのみ薬を塗り込みました。

ジェルはヒンヤリとしていて、気持ちが良かったです。

そして、朝晩兼用の薬を塗り始めてから5日ほどで、ニキビはほとんど消えたんです。

それからさらに夜専用のジェルも付け足せば、2週間程度で嘘みたいに顔が綺麗になりました。

何をしても良くならなかったのに、薬を塗ったらすぐに良くなったのには驚きましたが、悩みがあっという間に解決されたので、嬉しさのほうが大きかったです。」

妹のニキビケア用の塗り薬を借りたことにより、肌荒れで悩んだときは皮膚科を行くべきなんだと学びました。

しかし、このときは自分用に処方された物では無かったので、もしかしたら肌に合わなくて余計に荒れたとも考えられるでしょう。

結果として肌に合ったからトラブルは起こりませんでしたが、より安心して大人ニキビを治すためにも今度はきちんと処方してもらおうと思っています。

妹の一声が無かったら、ニキビに悩まされるのは数ヶ月の話どころでは無かったかもしれません。

あのとき、妹がニキビ治療薬を持ってきてくれたことにはとても感謝しています。」

 

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク