「目立つし痛い…」鼻の下に大人ニキビができる原因と早く治す方法

スポンサードリンク

AC_健康001

「鼻の下にニキビができちゃって痛い…」

鼻の下にニキビができると目立つし、痛くて困りますよね。

このページでは、鼻の下に大人ニキビができる原因と、なるべく早く治す方法について書いてあります。

 

鼻の下は刺激を受けやすく、手入れもしにくいことが原因

大人ニキビが鼻の下にできてしまうと痛いですし、なかなか治らなくて困りますよね。

大人ニキビに悩まれている方は男女問わず多いですし、社会人になればニキビができやすい状況になるので治すのが大変だったりします。

大人ニキビができてしまう原因は、乾燥や加齢による毛穴のたるみ・肌への摩擦・ホルモンバランスの乱れ・過度のストレス・栄養バランスがかたよった食事・慢性的な睡眠不足などがあげられます。

とくに、鼻の下は鼻をかんだりするときに、摩擦による刺激を受けてしまいやすい箇所です。

そのため、花粉症などアレルギーのある方はとくに注意が必要です。

男性の場合は、髭剃りなどの刺激も受けることになります。

髭を剃る道具やシェービングクリームなどの選び方に工夫をするなど、なるべく刺激を減らすようにするといいでしょう。

年齢を重ねていくと、毛穴がたるんで開きやすくなります。

毛穴が開いてしまえば、そこに汚れが溜まりやすくなります。

汚れが溜まることでニキビができやすくなりますので、専用の対策が必要です。

洗い方に注意したり、スキンケアコスメでしっかりケアをするなどの対策をしましょう。

鼻の下は手入れを怠りがちな場所なので、自分でも気づかないうちに手抜きになっている可能性もあります。

やっているつもりではなく、確実にやれるように意識することが大切です。

ホルモンバランスの乱れも大人ニキビの原因になります。

女性は生理中や生理前など、ホルモンバランスが乱れるタイミングがどうしてもあります。

そのタイミングでニキビができやすいという方は、ホルモンバランスの乱れを整えるようにしてみてください。

男性であっても、ストレスが溜まったり、生活が不規則になったりするとホルモンバランスは乱れてきます。

ホルモンバランスの乱れには自覚が少なく、なかなか気づけないのですが、男女問わず注意が必要です。

そのためには、栄養バランスのとれた食事を摂る・規則正しい生活をする・しっかり睡眠をとる・ストレスを溜めない工夫をするなど、生活習慣に注意をしてホルモンバランスを整えるようにしましょう。

鼻の下はいったんできてしまうと治りにくいですし、摩擦が多いために跡も残りやすい場所です。

炎症を起こしたニキビには触らない、早い段階で薬を使うなどして、手早く治すといったことを意識しましょう。

普段から保湿ケアをするなどキチンとケアをしておくことで、ニキビができにくい状態にしていくことが一番重要です。

大人ニキビを鼻の下に作らない、悪化させないためには、洗い方にも気をつけてみてください。

優しく洗うことやすすぎ残しに注意するなどの対策で、清潔に保つようにしましょう。

鼻の下を触ってしまう癖のある方もいるのではないでしょうか。

清潔に保つためには、なるべく触らないほうがいいのですが、癖になっているとなかなかやめることができません。

触ってしまったときのリスクを小さくするためには、手をこまめに洗うなど清潔にしておくのもいいでしょう。

ハンカチやタオル・ティッシュなど、触れるものについては、柔らかくて清潔なものを選ぶなど、なるべく刺激しないものを選ぶといいですね。

私がおすすめするのはティッシュを鼻セレブに変えることです。

鼻セレブは本当になめらかで、鼻をかんでも刺激をかなり抑えることができるので一度ためしてみてください。

また、鼻の下のニキビを予防するためには、保湿してあげることも大切です。

保湿というと、化粧水のあとに乳液などの油分でフタをするという考えがありますが、これはニキビを悪化させてしまいます。

乳液が必要なのは極度の乾燥肌の人だけで、大人ニキビに悩んでいる人に油分は必要ありません。

油分よりも、セラミドやNMF(天然保湿因子)などの水分を逃がさない成分が必要です。

肌に潤いを与えるためには、それを逃さないための正しいスキンケアをしましょう。

肌の感想が原因の大人ニキビにはセラミド配合の化粧水がおすすめ

大人ニキビは悪化させてしまうと後がやっかいです。

大人ニキビが鼻の下にできてしまったときには、市販の薬を使って早めにケアをしたり、皮膚科を受診したりといったことも検討してみてください。

もちろんニキビを作らないために、栄養バランスのよい食事も大切です。

大人ニキビ対策には、ビタミンをしっかり摂りましょう。

とくにビタミンB2やビタミンB6、ビタミンCは意識して摂るようにするとニキビ予防の効果がアップします。

ビタミンCはフルーツや緑黄色野菜に多く含まれていますし、ビタミンB2は納豆や牛乳・にんじん・ホウレンソウなどに多く含まれています。

B6は豚肉や牛肉・鶏肉・サツマイモ・大豆といったものに多く含まれています。

大豆には大豆イソフラボンといって、女性ホルモンと似た働きのある物質が含まれています。

ホルモンバランスを整えたり、皮脂の抑制をしたりする効果が期待できますから、積極的に取り入れると良いですね。

糖質や脂質はひかえめにすると、皮脂の過剰分泌やビタミンの浪費を抑える効果が期待できます。

食事は毎日のことなので大変ですが、継続することが大切です。

ただ、毎日自炊するとなるとなかなか大変ですよね。

そんなときはサプリメントを活用しながら、自炊する回数を少しずつ増やしていくことをおすすめします。

ニキビに効果的なサプリメントを使えば、ビタミンやミネラルなどの肌の再生に必要な栄養素を手軽に摂ることができます。

大人ニキビに効果的な栄養サプリメントはこちら

なるべく継続しやすい対策を、一つでも多く取り入れるようにしてみてください。

ではここで、鼻の下のニキビを治した方々の体験談を見てみましょう。

 

「私は体のトータルバランスを見直すことで治しました」20代後半 女性 Iさん

「思春期の頃も人並みにニキビは発生していましたが、大人になってからの方がニキビの発生率が増加してきました。

一般的な企業の総合職で働いているため、深夜まで残業することや、仕事がハードだったことなどが原因だと感じました。

遅くまで仕事をしていると、夕食をとることもできずに、デスクに忍ばせていたチョコレートやカップラーメンなどで済ませることも多かったこともあり、大人ニキビが頻繁に発生してしまうようになったんです。

とくに発生するときになるのが鼻の下であり、見た目にも悪いので気分が落ち込んでしまいます。

このままでは女性としてどんどんダメになると思い始めて、何とか大人ニキビの改善に取り組もうと一念発起することにしました。」

「まず初めに行ったのは食事の改善です。

今の職場で働く限りは仕事の量を変えることはできないことから、身近な生活習慣を見直すしかありません。

昼食は外食になることから、せめて夕食は健康的な食事を心がけようと、お弁当を持参することにしました。

幸い会社には冷蔵庫と電子レンジが設置されていたことから、食材の痛みなどもきにすることなく持参できたのはよかったと思います。

立て続けに残業が続く時には、野菜中心の煮物などを摂取することにして、チョコレートやカップラーメンは極力ひかえるようにシフトしました。

こうすることで、鼻の下の発生はだいぶ抑えられるようになりホッとしています。」

「それに加えて、水分をよく取ることも心がけました。

トイレに行くのがめんどくさかったことから、水分摂取を控えていましたが、これでは代謝が落ちて、肌の活性化にも影響がでると考えたんです。

寒い時期にはカップに水をいれて、会社のレンジで温めてから飲むようにしました。

体の中から温まり、冷え性の改善にもなるんだなぁと一石二鳥でおすすめです。

3か月程度、温めた水を飲むことを継続していると、乱れがちだった生理も整いだしました。

生理前には必ずと言っていいほど、大人ニキビが発生していましたが、生理周期が整いだしてきたことによって、発生率が減少してきたんです。

冷えなどもホルモンバランスに影響を与えると聞いたことがあることから、体を意識的に温めることは本当に大切なことなんだと実感しました。

ホルモンバランスが整うことで、今まで気になっていた大人ニキビの減少にもつながったんです。」

「ただ、内面のケアを中心に大人ニキビの改善をこころみる日々が継続していましたが、どうしてもすべてきれいになるわけではなく限界を感じることもあったのも事実です。

そこで、ビタミンC誘導体がニキビに良いということを知って、利用をはじめました。

最初のうちはできてしまったニキビに塗布するだけでしたが、治りが早く跡も残りにくいことを感じました。

また、ビタミンC誘導体はイオン導入によって肌の奥に届けることができるという情報を得たため、ホームケア用の簡単なイオン導入の機械も購入しました。

これによって、ビタミンC誘導体を肌に塗布することで、肌のごわつきが改善されてふっくらと柔らかくなりました。

使用をスタートして2か月目には、大幅にニキビの発生が減ったと思います。」

「また、仮に発生しても治りがとても早く、メイクなどで隠れる程度にまでなってきました。

相変わらず、残業が多くハードな仕事は継続していますが、仕事の量が変わらなくても肌の状況はよくなってきています。

食生活を改善することや、温かい水分を多く摂取するなどの生活習慣に加えて、ビタミンC誘導体の力はとても大きかったと感じています。

発生すると落ち込んでいたニキビは、ごく稀に出る程度にまで改善することができました。

大人ニキビの発生が少なくなってきたことによって、化粧乗りがとてもよくなりました。

今まではきれいに肌に乗らなかったファンデーションも、見違えるほどよく乗るようになったんです。」

改善してわかったことは、一部分の改善ではなくトータルで体のバランスを取ることが大切なんだということです。

外側ばかりを対策しても効果が薄く、中側だけでも足りないのです。

最近では肌のことをより一層大切に考えられるようになったことから、朝食や昼食も野菜や果物を摂取することを心がけるようになりました。

肌が変わったことによって、体全体も健康に近づいていると感じています。

仕事がハードで肌のことは今まで怠けていましたが、美しい肌を手に入れた今では維持をしようとマインドもチェンジしています。」

ニキビ跡に効果的なビタミンC誘導体配合のスキンケア化粧品はこちら

 

「花粉症アレルギーがでる季節は鼻の下にニキビができやすいです」30代 女性 Yさん

「大人ニキビは治しにくいですが、特に鼻の下は治りにくいですから大変ですよね。

私は大人ニキビのケアには保湿が重要であると知ってからは、スキンケアで保湿を重視するようになったので、以前ほどは悩まされることはなくなりました。

しかし、アレルギーを持っているので、春先などアレルギーがひどいシーズンを迎えると、鼻の下など部分的に大人ニキビが悪化して悩まされることがあったんです。

いつも悩まされているときよりも、突発的にできてしまったときのほうが治しにくいので悩んでいました。

強い刺激を与えたり、摩擦を何度も与えたりするのがよくないのは分かっているのですが、刺激を与えないという簡単なこともできなくなります。

アレルギーが出れば鼻をかむ回数も増えますし、そのままにしておくわけにもいかないからです。

アレルギー対策のマスクも、毎日のようにしていれば、どうしても鼻の下を刺激することになってしまいます。

だからといって、マスクをつけないでいるというわけにもいきません。」

どちらを優先するかといえば、アレルギーの季節はアレルギー対策のほうを優先してしまいます。

最近はマスクをつけていても仕事のときにとやかく言われることはないですから、アレルギー軽減のためにマスクは欠かせません。

そのため、別の部分で対策をするようにしました。

それはこまめな保湿です。

乾燥してしまうとニキビができやすくなるので、朝晩のお手入れだけでなく、日中も鼻の下など気になる部分にはスキンケアコスメを塗るなどして対策をしています。

スキンケア効果の高いリップクリームを鼻の下にまでつけてみたり、オールインワンゲルをつけてみたり、色々とためしました。

いったん大人ニキビが出てしまうと治りにくいですから、できてから対策するのではなく、できる前になるべくケアを行うようにしています。」

忙しいと面倒ですが、何もしないでいるよりもケアを行ったほうが、確実にできにくくなります。

忙しいとケアがおろそかになってしまうのですが、そうなると確実にできます。

乾燥したり、刺激したりする原因があれば、どうしてもできやすくなるからです。

それは仕方のないことなので、割り切ってあきらめています。

ただ、ケアを怠ってできてしまったときには後悔してしまうんですよね。

反省はしても、スキンケアのみで対策しようとすると、忙しいときにはついつい手を抜いてしまいます。

日中は忙しさの程度によって、気がそこまで回るかどうか変わってしまうので、朝晩のお手入れくらいはしっかり行うように心がけるようにしています。

朝晩のお手入れも保湿重視にしていますが、やはり乾燥しているときには、肌も乾きやすくなります。

そうなると肌だけのケアでは足りないので、なるべく環境の方も快適になるように工夫をしています。」

「水分補給をこまめにしたり、濡れたタオルを部屋に干したり、などの対策を取り入れています。

室内の湿度を少しでも上げるようにしておくと、大人ニキビのほうも違ってくるのはびっくりしました。

顔全体のうるおいがあるうちは、鼻をかむ回数が増えるなど多少の刺激があってもニキビができにくいんです。

アレルギーがひどくなると抵抗力も落ちてきますし、鼻をかむ回数も増えるため、てきめんに肌の状態が悪くなってきます。

そのため、体調管理についても注意しています。

花粉症は仕方ないので、アレルギーの薬を早めに飲むなどして、ケアを早めに行うことで対策しています。

ただ、薬だけで対策をするのも怖いので、アレルギーが軽減するような食生活を心がけたり、しっかり睡眠をとったりして抵抗力が下がらないような生活習慣にするのがおすすめです。

「保湿と生活習慣の改善、アレルギーの薬を早めに飲む、といった対策を総合的に行っていると効果があります。

調子がよいときには、春先の鼻の下も大人ニキビから守れています。

ただ、忙しいシーズンでもあるので、いつも以上に仕事が立て込むなど変化があると、鼻の下の大人ニキビをうっかり作ってしまうこともあります。

気にしているときには対応できても、ついうっかりを無くすというところまでは残念ながらできていません。

生活習慣が悪くなったり、スキンケアを手抜きしたりすると、すぐに鼻の下の大人ニキビが出てきます。

そのため、保湿効果の高い化粧品をチェックするなど、今以上のスキンケアができるものを常に探すようにしています。

 

鼻の下にニキビを作らないためには生活習慣の改善と正しいスキンケアが大事

大人ニキビが、鼻の下や口の周りにできやすい原因についてご紹介します。

まず、女性に多い便秘が、鼻の下のニキビの原因として挙げられます。

鼻の下のみならず、便秘になると顎の周りにもニキビができやすくなります。

また、生理前や生理中のホルモンバランスの変化も、大人ニキビの原因のひとつとなります。

さらに、睡眠不足や特にビタミン類の栄養不足も原因として挙げられます。

睡眠不足は肌機能を低下させ、肌のターンオーバーのサイクルを乱してしまい、結果ニキビができやすい肌になってしまいます。

そもそも鼻の下は、体の中でも皮脂腺が集中している部位となりますので、何らかの原因で皮脂の分泌が盛んになると、ニキビができやすくなります。

ホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌は盛んになります。

ホルモンバランスは、睡眠不足や便秘、生理、過度のストレスなどが引き金となって乱れやすくなります。

肌のコンディションは非常にデリケートであり、生活環境やホルモンバランスが大きく影響しているということを認識しておきましょう。

大人ニキビの対極にあるニキビが、思春期ニキビとなります。

見た目は同じニキビであっても発生要因が異なっており、成長の過程でできる思春期ニキビに関しては、時期がくると自然に治るケースも少なくありません。

しかし、大人ニキビの場合には、治りにくく繰り返すという特徴がありますので、肌の手入れだけではなく、生活習慣の改善など内面的な原因をとり除くという根本的な原因の除去が必要となります。

思春期ニキビが、顔の額から鼻にかけてのTゾーンにできやすいのに対して、大人ニキビは、いわゆるUゾーンと呼ばれるフェイスライン、鼻の下や口の周りにできやすいという特徴があります。

大人ニキビの原因はひとつではありません。

生理や便秘、睡眠不足、食生活の乱れ、ストレスなど、さまざまな要因が複合的に関わって鼻の下やあごの周りなど、皮脂腺の多い部位にできてしまいます。

また、成長期の過剰な皮脂分泌が原因の思春期ニキビとは異なり、大人ニキビの場合には、皮脂腺の少ない部位にもできるという特徴があります。

それがゆえに、思春期ニキビとはケア方法も異なります。

大人ニキビを繰り返さない、悪化させないためにも、正しいケアを行う必要があります。

ここでは、正しい大人ニキビの対処法についてご紹介しました。

まず、スキンケアについては、正しい洗顔と保湿がポイントとなります。

それとあわせて、睡眠や食生活など生活習慣を整えるということが正しい対処法となります。

前述したように、大人になってからできるニキビは、さまざまな要因が複雑に絡み合ってできてしまいます。

ゆえに、不規則な生活や睡眠不足、偏食、運動不足などの生活習慣を見直しつつ、正しいスキンケアを行うというのが正しい対処法になります。

洗顔については、指で直接肌をこするような洗顔方法は厳禁です。

ニキビに刺激を与えてしまい悪化させるリスクがあるからです。

しっかりと手のひらで洗顔料を泡立てて、泡洗顔を行なうようにしましょう。

間違った洗顔方法も、大人のニキビの外的要因のひとつに挙げられます。

洗顔後には、すすぎを十分に行い、額の際やあごの周りなどすすぎ残しがないようにしましょう。

洗顔は1日2回が基本となります。

洗顔をやりすぎると皮脂を落し過ぎてしまい、乾燥から肌を守ろうとしてさらに皮脂が分泌されるようになり、負のスパイラルにおちいってしまいます。

洗顔や保湿を行なう化粧水は、弱酸性のものやノンオイルのものを選ぶようにしましょう。

合成界面活性剤を使用したケア商品は、ニキビのできやすいデリケートな肌には刺激が強すぎますし、オイルはアクネ菌のエサとなるためにNGとなります。

オイル・アルコール不使用、合成界面活性剤不使用のケア商品を選ぶことがポイントです。

化粧水は、ビタミンC誘導体が配合されたものをおすすめします。

そもそもビタミンは、ニキビの改善効果を期待することができる栄養素なのですが、ビタミンCには、余分な皮脂の分泌を抑えて、炎症を引き起こす活性酸素を取り除く効果があるからです。

また、グリチルリチン酸配合の化粧水もおすすめです。

グリチルリチン酸は、甘草から抽出された低刺激性の成分であり、炎症を抑える働きがある成分です。

ニキビ用のスキンケア化粧品を選ぶときは、これらの成分が入っているかどうかを調べながら使ってみるといいでしょう。

 

「目立つし痛い…」鼻の下に大人ニキビができる原因と早く治す方法のまとめ

・鼻の下は刺激を受けやすい場所なので肌が傷つきやすい

・自分でも気づかないうちに手入れを怠りやすい

・大人ニキビ予防のためにはスキンケアのトータルバランスが大事

・不規則な生活や睡眠不足、ストレスを溜めない、食生活を見直しながら、正しいスキンケアを行うことがニキビケアの一番の近道

 

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク