「腫れて痛い!」鼻の中にできる大人ニキビの原因と治し方

スポンサードリンク

鼻の中ニキビ

「鼻の中にニキビができちゃって痛い…」

鼻の中にニキビができると気になるし、触ると痛かったりしますよね。

このページでは、鼻の中に大人ニキビができる原因と治し方について書いてあります。

 

鼻の中を傷つけないように、手と爪を清潔に保つ

鼻の中にも大人ニキビは発生します。

正確には雑菌の繁殖による炎症が生じている状態で、鼻をかんだときなどに痛みが発生することもあります。

鼻の中にニキビができる原因には、大きく分けて4種類あります。

一つ目が鼻毛を抜くことです。

鼻毛を抜くと、毛穴の部分に空洞ができます。

そこに雑菌がたまることで、炎症が起こりニキビとなってしまいます。

二つ目が鼻の穴をかいてしまったということです。

鼻毛をぬかなくても、鼻の穴をかいたりほじったりすると、粘膜に傷がつきそこから炎症が生じることがあります。

手指には雑菌が大量に存在しているため、雑菌がつきやすくなるという点も原因の一つです。

三つ目が鼻炎であるということです。

ただの風邪や花粉症などでも鼻の中は敏感になり、鼻をかむ刺激によりニキビはできやすくなります。

鼻炎の場合、鼻への刺激が常にある状態となってしまうため、よりニキビができやすいのです。

そもそも鼻炎とは、ウイルス感染により鼻水がでてしまう病気ともいえるので、鼻水の中にも多くのウイルスがふくまれています。

そのため、つねにウイルスにさらされている状態となってしまうのです。

鼻をかむときについ手や指で鼻をいじってしまう人も多く、それも雑菌感染の原因となってしまいます。

四つ目が免疫力の低下です。

皮膚にできる大人ニキビも同様の理由で発生します。

ストレスや睡眠不足・食生活の偏りなどにより、体の免疫力が低下すると、粘膜などの弱い部分に炎症が起きやすくなってしまうのです。

睡眠不足や体の疲れも大きな原因ですが、食事も大きく関係してきます。

とくに不足しがちなのは、ビタミンB群やビタミンCです。

これらの栄養素は普段から不足しがちのため、こうした症状がでているときは意識してとるようにしなければなりません。

鼻をさわったり鼻毛を抜いたりしていないのにニキビができてしまった、という場合はこうした免疫力の低下を疑ってみるといいでしょう。

予防としては手や指は常に清潔にしておく、鼻毛を抜いたり鼻をほじったりしない、生活習慣に気をつけるなどがあります。

ただ、こうしたことを気をつけていても複合的な理由でできてしまうこともあります。

その場合は治し方を知っておく必要があります。

鼻の中にできた大人ニキビの治し方は、原因によりわかれます。

まずやってはいけないのが、ニキビをいじることです。

鼻の粘膜にできているニキビは、炎症が起こっている赤ニキビです。

刺激を与えると炎症がひどくなり、痛みが強くなったり化膿してしまったりするおそれもあります。

気になっても触らないようにしましょう。

生活習慣が乱れているというときは、生活習慣をただすことと、必要な栄養素を補給することをまず心がけましょう。

睡眠をしっかりとり、ビタミンCやビタミンB群の多い食材をとりましょう。

ビタミンCはフルーツや生の野菜などに多く含まれています。

熱に弱く加熱すると壊れてしまうので、なるべく生のまま食べるのがおすすめです。

ビタミンB群はうなぎや豚肉、魚などに多く含まれています。

治すためには食材を選ぶのも重要ですが、サプリメントでしっかり補給するのもおすすめです。

大人ニキビに効果的な栄養サプリメントはこちら

雑菌感染によるものの場合は、薬を付けてやると治りが早くなります。

粘膜に塗ることになるので、刺激の強くない薬がおすすめです。

おすすめはオロナインやペアアクネクリームです。

これらの市販薬には抗炎症作用があり、炎症をしずめてくれます。

また、刺激がないのでつけていても、負担やストレスがないところもよい点といえます。

付け方は、洗顔後や入浴時など清潔な状態で、綿棒に乗せたクリームをそっと患部にのせるようにします。

つける量はだいたい綿棒の先程度です。

あまり多いと鼻に違和感があるのでほどほどにしましょう。

寝る前につけるのがおすすめです。

こうしておくと、一週間ほどでよくなります。

鼻炎が原因のときは、まず鼻炎を治すのが先決です。

耳鼻科が専門なので、耳鼻科を受診して鼻炎の治療を行いましょう。

そのときに相談してみるのもいいかと思います。

鼻炎の症状がおさまったら、同様に市販薬を塗っておけばよくなります。

鼻の中のニキビは痛みも強く気になりますが、適切な対処方法を知っておけば怖くありません。

 

鼻の中にニキビができたら絶対につぶさない

大人ニキビの中でも、鼻の中にできるニキビはとても厄介です。

鼻の奥の違和感に加えて痛みも伴うため、大きなストレスを感じます。

なかなか治りにくいニキビでもあるため、長期間ニキビの症状に悩まされる方もいるかと思います。

鼻の中のニキビはどういった原因でできるのでしょうか。

また、どのようにして治していくことが有効なのでしょうか。

鼻の中はもともと粘膜と鼻水でつねに湿った状態であるため、清潔な状態を保つことがむずかしく、ニキビの原因となる雑菌が繁殖しやすい環境といえます。

そのため、日常のちょっとしたことを引き金にニキビができやすいんです。

以下がニキビができる引き金となる代表的な行動です。

・鼻をほじる、鼻の穴を触る

・鼻毛を抜く

・鼻炎により何度も鼻をかむ

まず、「鼻をほじる、鼻の穴を触る」ですが、手には目に見えない細菌や雑菌がたくさん付いています。

その手で鼻をほじったり鼻の穴を触ったりすると、手に付いていた細菌や雑菌が鼻腔に入り、ニキビができる原因となってしまいます。

また、鼻をほじった際に爪で鼻の粘膜を傷つけてしまい、そこから雑菌が繁殖してニキビができることもあります。

次に、「鼻毛を抜く」ですが、これは鼻毛を抜いた後の毛穴に細菌や雑菌が入ることでニキビの原因となります。

また、鼻毛は空気中の細菌や雑菌を取り除く役割もあるため、鼻毛を抜いて減らすことでそれらの雑菌を身体に取り入れやすくしてしまう危険性もあります。

「鼻炎により何度も鼻をかむ」ですが、鼻炎は空気中の花粉やホコリ、細菌などの影響により、鼻腔に炎症が起こっている状態のことをいいます。

このときの鼻腔の粘膜はとても傷つきやすくデリケートな状態です。

この状態で強く鼻をかんだり、何度も鼻をかんだりすることで、粘膜が刺激を受けて傷ついてしまいニキビができてしまいます。

また、鼻炎状態の鼻腔内は免疫力が下がった状態なので、さらにニキビができやすくなっています。

鼻炎持ちで年中鼻をかんでいるような人は、注意が必要といえます。

このほか、免疫力の低下も大きな原因の一つといえます。

ストレスや不規則な生活による免疫力の低下が原因で、毛穴に入った細菌や雑菌の繁殖が加速し、毛穴の炎症を引き起こしてしまいます。

これは鼻の中のニキビに限ったことではなく、ニキビ全般にいえることです。

次に、具体的な治し方についてみていきましょう。

まず、一番大切なことはニキビをできるだけ触らない・つぶさないことです。

ニキビによる違和感や痛みが気になってしまい、つい触りがちになってしまいますが、顔にできたニキビと同じく、直接触ると悪化してしまいます。

鼻の外から触ったり、押したりすることも、ニキビに刺激を与えることになり治りが遅くなってしまいます。

どんなに気になる場合でも安易に触らず、そのまま様子をみるようにしましょう。

もちろんニキビ予防のために洗顔や保湿など、基本的なスキンケアをしっかり行う必要があります。

肌の感想が原因の大人ニキビにはセラミド配合の化粧水がおすすめ

大人のニキビケアにおすすめのスキンケア化粧品3選

その上で鼻の中を清潔に保つことが大切です。

手指を清潔に保ち、鼻の中に細菌や雑菌が入らないように注意しましょう。

鼻毛が伸びてきて気になる場合は、抜くのではなく切るようにしましょう。

薬局などで専用のはさみや鼻毛用カッターが売っていますので、それらを利用して粘膜を傷つけないように注意しながら鼻毛をカットします。

短く切りすぎると鼻毛のフィルター機能が低下してしまうため、鏡をみながら出ている部分を少しだけ切るようにします。

また、使用するはさみやカッターは清潔なものを使用することが大前提です。

市販のオロナインを塗ることも効果があります。

やり方は、洗顔をして鼻の周囲を清潔にした状態で、綿棒に適量のオロナインを取りニキビに薄く塗布します。

これを繰り返すことで症状が良くなります。

しかし、鼻炎が原因でニキビができた場合、鼻をかむ刺激でなかなか治りにくい場合があります。

対策としては鼻をあまりかまずに、垂れ落ちてきた鼻水だけをティッシュでそっと拭うようにし、根気よくオロナインの塗布を続けます。

オロナインの塗布も、やりすぎると鼻の粘膜への刺激となってしまうので、1日2回程度を目安に行うようにしましょう。

また、ニキビを治す際には免疫力をあげることが大切です。

なるべくストレスを減らし、規則正しい生活を心がけましょう。

食事内容にも気を配り、ニキビの原因となる脂っこい食事を避け、積極的にビタミンを取ることが大切です。

中でもビタミンB2は皮脂の分泌を適正に保ち、肌の健康を保つ効果があります。

ビタミンB2はレバーや納豆、卵、青魚などに多く含まれていますので、そういった食品を多く摂るよう心がけましょう。

もしも、ニキビが長期間続く場合や、痛みがひどく日常生活に支障が出るような場合、別の病気の可能性もあるので早めに医療機関を受診することをおすすめします。

 

「疲れと汚れをためないように気をつけています」30代男性 Eさん

「私は仕事の都合で生活が不規則になりやすく、つねに疲れがたまっている状態が長く続いていました。

また、食事も加工食品や総菜など、脂肪や糖分が多い物ばかりを摂取するようになっていたため、栄養のかたよりが生じている状態になっていました。

体に良くない生活習慣が続いている中で、次第に肌荒れやかゆみなどの症状に見舞われるようになりました。

当初は季節の変わり目に多い、一時的な体調不良と誤解していたためにそのまま放置していましたが、肌荒れの悪化と共に大人ニキビが鼻の中にできてしまい、生活に大きな支障をきたしてしまいました。

鼻の中にできた大人ニキビは当初はかさぶたのように表面が固いだけで、指で触れても痛みが無かったことから特に医療的な処置を受けずにそのまま無視していました。」

「しかし、日数が経過するごとに大人ニキビが大きくなり、鼻が詰まったような状態に陥ってからは針で刺すような鋭い痛みに悩まされてしまいました。

ニキビの表面にできた傷に鼻水が触れるだけでも激痛が走り、呼吸も満足に出来ない状態になってからようやく病院で検査を受けました。

病院での検査で初めて大人ニキビと判明したため、適切な治療を受けることが可能になりましたが、鼻の中をふさぐほどに腫れていたので、完治するまで時間がかかってしまいました。

また、病院では不規則な生活と栄養のかたよりが鼻の中に大人ニキビが生じた原因と診断され、早急に生活上の問題点を解消するように注意されてしまいました。

そのため、治療と並行して自身の生活に生じた問題点の解消に努める必要に迫られました。」

「生活面での問題を解消するために、仕事のスケジュールを調整すると共に偏食を改めました。

とくに毛穴の詰まりを引き起こす、脂肪分の摂取を避けるように気を配りました。

鼻の中の衛生状態も改善させ、つねに清潔な状態を保つようにこまめな清掃を実施しました。

生活習慣の見直しを実行した結果、病院での治療もあわせて大人ニキビも次第に減少しました。

そして、鼻の中に不具合が生じることも無くなり、痛みや不快感に悩まされることも少なくなりました。

現在では再発を防ぐために生活習慣を良好に保つことを心がけ、疲労や汚れを溜めないように気をつけています。」

「大人ニキビが発症した原因は、不規則な生活や栄養の偏りによる体調不良の他、不潔な状態を長期間放置したことによる毛穴の詰まりと診断されたため、

ニキビの治療と同時に、体調の回復と衛生状態の改善を行う必要がありました。

そして、ニキビが完治した後も再発予防のため、心身の健康状態を良好に保ちながら不潔にならないように気を配っています。

ニキビの治療については医療機関で肥大した患部の切除を行った後、傷口の化膿を防ぐ目的で薬剤の投与を行いました。

また、鼻の中の汚れを取り除くのと同時に鼻毛も切り取り、傷口が刺激を受けないように注意しました。」

「病院での治療はニキビの切除跡が消えるまで続きましたが、再発を防ぐための処置も行っていたので時間がかかってしまいました。

ニキビの症状が治まった後は再発予防のために患部を清潔に保つ他、体の具合を良好に保つことを意識しました。

とくに疲労や汚れの蓄積はニキビ以外にも様々な肌の疾患を引き起こすことから、市販の化粧水などでスキンケアを施しながら体調を整えることに気を配ることを重視していました。

摂取する食事についても糖分や脂肪分を控え、新陳代謝の活性化を促す食材を優先的に食べることを実施しました。

その結果、ニキビを患う前と比べて肌が綺麗になった他、体の具合が良い状態に保たれて疲労も溜まりにくくなりました。

体を清潔にすることもニキビの改善に効果的だったことから、こまめに入浴を行って毛穴に汚れが入り込まないように注意していました。」

「鼻の中に溜まった汚れを取り除くためには病院で処方された洗浄剤を使う他、常にマスクを使用して汚れた空気を吸い込まないように工夫していました。

長く伸びた鼻毛も汚れの蓄積を引き起こすため、定期的に短く切りそろえることを意識しました。

病院での治療と生活面での意識改善を両立させたことでニキビなどの不具合が解消され、現在に至るまで再発のトラブルに見舞われずに綺麗な状態をたもって健やかな暮らしができています。」

 

「耳鼻咽喉科で診てもらったら、すぐに治りました」20代女性 Tさん

「少し風邪を引いてしまったのか、透明の鼻水が出るようになりました。

そして、鼻をかんだ瞬間、痛みを感じました。

出血はしていなかったので、鼻血ではありません。

また、鏡で見ても鼻にできものや傷は確認できませんでした。

ただし、鼻を触ったり鼻をかんだりなどの刺激で痛みが生じているので、当初は鼻の中に傷ができたのか、あるいは鼻の粘膜が弱ってしまったのかだと思っていました。

ところが、日がたってもなかなか痛みが取れず違和感もあったので、鼻の中を鏡で見てみました。

すると、鼻の中の内側にできものができていました。」

「大したことはないだろう、このままにしておけば治るだろうと思ったので、とくに何かをすることなく放っておきました。

この時点で風邪も引いており、風邪の悪化に伴って鼻をかむ回数も増えてきました。

鼻が気になってこすってしまったり、何回も鼻をかんだりしたことが悪かったのか、鼻の中の大人ニキビがさらに赤く、大きくなってしまっていました。

もしかしたら、菌などでさらに炎症を起こしてしまってしまったのかと不安になりました。

そこで、大人ニキビができていない方の鼻で鼻をかむように心がけました。

同時に、なるべく鼻をいじらない、手洗いをこまめにするといった方法をためしました。」

「鼻の中の大人ニキビは菌による感染が多いということを知っていたので、これらのことを実行しました。

また、鼻毛を抜く行為や鼻をほじるなどの行為でもできやすいということも知っていたので、これらのことを極力しないようにして過ごしました。

これらのことをためしていたのですが、一度赤く大きくなってしまったためか、風邪を引いていて身体の抵抗力が落ちてしまっていることが原因か、全然治りません。

さらに、風邪も悪化してしまったのか、鼻水が透明から白へ、さらには黄色や黄緑がかったものへと変化していきました。

こうなってくると鼻をかもうとしてもかめず、無理にかもうとすると大人ニキビが痛いという悪循環です。

入浴時や入浴後は鼻水が出やすいので、その時に鼻をかむように心がけていたのですが、そろそろ限界かもしれないと思い始めました。」

「そこで、近所にある耳鼻咽喉科で風邪と大人ニキビを診てもらおうと決心しました。

耳鼻咽喉科を受診しようと思った翌日、実際に受診しました。

風邪も引いていたので通常の診察を行った後、先生に相談しました。

先生は鼻の中を見てくださり、菌に感染して炎症が起きてしまっていること、治すためには抗生物質入りの軟こうを患部に直接塗る必要があることを説明してくださいました。

そして、抗生物質入りの軟こうを処方してくださいました。

なるべく清潔な状態のときに塗った方が良いのかなと思い、その日の入浴後に付けてみました。

付けたとき、しみることもなく何も変化がなかったので、本当に治るのかなと半信半疑でした。」

「その日は軟こうを付けたまま就寝しました。

次の日、風邪はまだ治っていなかったので鼻をかんでみると、変化がありました。

刺激をすると痛かった大人ニキビが若干小さくなり、かつ痛みが軽減しているような感覚です。

処方していただいた軟こうは日光に当たるとその部分が色素沈着を起こしてしまうと先生はおっしゃっていましたが、鼻の中であれば大丈夫ということでしたので、日中も軟こうをつけて過ごしました。

付け始めて1日で痛みは取れましたが、まだ違和感がある状態でした。

また、3日くらいで違和感や腫れている感じ、赤みもなくなりました。

鼻水が固まらず、すっと出るようになってきたことも快方へ向かう手助けとなったようです。」

「自分自身でいろいろと対処法を行うことはとても大事だと思います。

ただ、こんなにも早く治るのであれば、もっと早く耳鼻咽喉科を受診すればよかったと心から思いました。

そして、今回こんなにも治るまでに長引いてしまったのは、菌に感染したときに風邪で抵抗力が落ちていたことが関係していると感じました。

同時に、鼻をかんだり、こすってしまったりなどの刺激が悪化する要因の一つになっていたと気づきました。

鼻の中の大人ニキビに関しては、自分自身で予防することが大切で、かつもしできてしまった場合は早めに耳鼻咽喉科や皮膚科などの医療機関に相談することが重要なのだと実感しました。」

 

 鼻の中にできる大人ニキビの原因と治し方のまとめ

・鼻をほじったり、爪でひっかいて傷つけないように気をつける

・体調が悪くなっていると、鼻の中にもニキビができやすくなる

・手や爪の中は日頃からキレイにしておく

・鼻炎になっていると、鼻の中にニキビもできやすくなる

・できてしまったニキビはつぶさないこと

・悪化してしまった場合は、病院で診てもらうようにする

 

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク