「汚いし目立ってもう嫌…」鼻の周りにできる大人ニキビの原因と治し方

スポンサードリンク

AC_健康001

「鼻の周りにニキビができちゃって、目立つしもう嫌…」

「大人ニキビが鼻にできるんだけど、どうすればいいの?」

鼻の周りにニキビができると、目立つし人に見られやすいのでうんざりしてしまいますよね。

このページでは、鼻の周りにできる大人ニキビの原因と治し方について書いてあります。

 

鼻の周りにできる大人ニキビは外側と内側から同時にケアすることが大事

大人ニキビは思春期のニキビとは異なり、環境や生活の影響から発生することが多いものです。

とりわけ発生しやすい場所は、鼻の周りやあごの周りなどであり、女性の場合には黄体ホルモンの影響を受けて発生する場合があります。

男性の場合もストレスや生活習慣の乱れにともなって、ホルモンバランスを崩すことで、ニキビが発生しやすくなります。

原因の多くが、ストレスや食事のバランスの乱れ・睡眠不足などによることが大人ニキビには多かったりします。

思春期の場合には、皮脂の分泌の増加によるところが原因の場合が多いことから、オイルコントロールをするだけで改善へと向かうケースもありますが、大人の場合には治し方が異なります。

大人ニキビは生活や環境が起因して発生する性質であることと、乾燥肌でも発生することが思春期のニキビとは異なる点です。

このような特性から、思春期のような皮脂の除去だけに重点を置いていると、あまり良い改善は見られません。

乾燥肌の場合には皮脂を取りすぎることによって、さらなるニキビに悩まされる場合や、正常なターンオーバーが行われずに、角質がごわついて肌が荒れてしまうケースも多いです。

これらを避けるためには、大人ニキビ専用のスキンケア用品を利用する必要があります。

大人ニキビ専用の商品は皮脂を取りすぎずに、肌の再生を促すことで、繰り返し発生するニキビをケアできます。

また、古い角質を除去してくれる成分を配合している商品も販売されていることから、肌にあわせたケアを取り入れることをおすすめします。

今では、ふき取りタイプや塗布するタイプ・洗顔石鹸まで幅広い商品が販売されています。

とくに洗顔と保湿にこだわることで、ニキビの発生や肌の潤いをキープすることもできるため、自分にあった洗顔長と保湿化粧水を探すことは、ニキビを治すため絶対に必要です。

ニキビ肌にはニキビケア用の洗顔料がおすすめです。

その理由は、ニキビをできにくくする成分が配合されている点や、肌に洗顔料を残さずにさっぱりと洗い流すことができるからです。

薬局で買えるような安い洗顔料は使用感を高めるために、様々な合成化合物の成分を配合しています。

敏感になった肌は合成成分によって、刺激を受けることも多々あります。

添加物によるリスクを避けるためにも、できるだけニキビケアように開発されたスキンケア化粧品を選択することが大切です。

大人のニキビケアにおすすめのスキンケア化粧品3選

スキンケア以外に大人ニキビを改善する方法として挙げられるのは、生活習慣の見直しです。

大人ニキビの原因の一つとして、生活習慣の乱れや食生活のかたよりが挙げられます。

どんなに外側からケアをほどこしても、体の中が不健康だと大人ニキビの完治は難しいです。

大人ニキビはストレスなどの要因の他に、寝不足・栄養バランスが取れていない食事なども起因しています。

忙しい現代人にとって、寝不足や栄養の取れた食事は思いのほか難しいものです。

それでも、週のうち2日〜3日でも十分な睡眠をとることや、食事を意識するだけでも体の中は変化してきます。

ニキビに効果的なサプリメントを使えば、ビタミンやミネラルなどの肌の再生に必要な栄養素を手軽に摂ることができるのでおすすめです。

大人ニキビに効果的な栄養サプリメントはこちら

心がけ次第で、劇的にとまではいきませんが、少しずつニキビに変化がみえてきます。

女性の場合には1か月の間でも、ホルモンの移り変わりが激しいものです。

自身の生理周期を把握することによって、黄体ホルモンの分泌が多くなる生理前一週間から生理終了までの時期は、できる限り睡眠を確保して、野菜中心の食生活に切り替えましょう。

そうすることで、鼻の周りやあごの周りのニキビを抑制します。

ニキビの改善にはどれか一つを行えばよくなるわけではなく、体の内側からも外側からもケアすることによって、良い方向へ向かっていきます。

一度にすべての生活を変えることはとても大変なので、まずは自分のできる範囲から始めてみてください。

少しずつ習慣づけていくことで、きれいな肌をつくることができます。

まずは自分に合う大人にきび専用の化粧品やスキンケア用品に出会うことから始めると、改善への意識がしやすいです。

ついでに、睡眠時間の確保や野菜を多く摂取する食生活を、少しだけ意識してみると良いでしょう。

それでも改善しない場合には、思い切って皮膚科に一度相談をすることで、自身にあった塗り薬やケア方法を提案してくれます。

通常の皮膚科でも美容皮膚科でもどちらでも大人ニキビの相談をすることができますが、信頼できる医師を見つけることが重要です。

大人ニキビは日々の工夫から少しずつ改善するものであることから、焦らずに数か月単位の長さをみて取り組んでみてください。

 

鼻のまわりにニキビができやすいのは汚れと紫外線の影響を受けやすいから

鼻の周りというのは思春期だけでなく、大人になってからもニキビができやすい部分の一つですが、その原因には以下のようなものがあります。

一般的に思春期は成長ホルモンの分泌量が多いので、皮脂の分泌量も多くなり、その結果としてニキビができやすくなります。

そのため、大人になって成長ホルモンの分泌量が少なくなれば、ニキビができにくくなるのが一般的です。

しかし、鼻の周りには皮脂腺が多く集まっているので、大人になっても皮脂の分泌量が過剰になりやすい傾向があります。

そのため、この部分には大人になってもニキビができやすいです。

皮脂の分泌量が過剰になる原因には、ホルモンバランスの乱れもありますが、ホルモンバランスはちょっとしたストレスや生活習慣の乱れなどが原因で乱れることがあります。

基本的に毛穴が深いと皮脂が毛穴の中に溜まりやすくなるので、ニキビができやすくなります。

鼻の周りは他の部分と比べて毛穴が深いので、構造的にも大人ニキビができやすい部分です。

鼻の先というのは最も紫外線を浴びやすい部位の一つですが、紫外線を浴びると肌荒れや乾燥を起こしやすくなります、

また、大量の紫外線を浴び続けると、紫外線から肌を守るために脳から肌を厚くしようとする指令が出されます。

すると、古い角質が厚くなるので皮脂が毛穴に溜まりやすくなります。

以上のことから、鼻の先には大人になってもニキビができやすいのです。

また、ニキビができた後も紫外線を浴び続けると、メラニンの合成が促進されるので、色素沈着を起こしてしまうことがあります。

すると、なかなかニキビが治らなくなったり、ニキビ跡が残ってしまったりすることもあります。

野菜をあまり食べずに、肉や油ばかり食べていると皮脂の分泌量が増えるので、大人ニキビの原因になることがあります。

また、洗顔による毛穴の汚れ落としが不十分だと、大人ニキビの原因になることがあります。

鼻の周りというのは比較的手で触りやすい部分であり、この部分を触るのが癖になっている人も少なくありません。

きれいにしているつもりでも手には様々な汚れや雑菌が付いていることが多いので、手で触ると汚れや雑菌が移って毛穴が詰まり、大人ニキビができてしまうことがあります。

鼻の周りにできた大人ニキビを治すには、日中は油取り紙を使ってやさしく皮脂を取り除くようにしてみましょう。

何度も洗顔をして、皮脂の取り過ぎるのはよくありませんが、油取り紙で拭く程度なら皮脂を取り過ぎることはありません。

鼻の周りにできた大人ニキビを治すには、洗顔の仕方にも注意する必要があります。

まず、洗顔には市販の洗顔フォームなどは使わずに、ニキビケア用の洗顔料を使うことが大切です。

ニキビケア用の洗顔は、肌に余分な刺激を与えずに皮脂を取り除くことができます。

また、洗顔をする際は洗顔用の泡立て器を使ってきめ細やかな泡を立て、この泡を使って優しく洗顔することも大切です。

また、すすぎ残しがあるとニキビや肌荒れなどの原因になるので、しっかりとすすぐようにしてください。

そして、洗顔後は化粧水や乳液などを塗って、しっかりと保湿をしておきましょう。

洗顔後にしっかりと保湿をしないと、肌が乾燥してかえってニキビができやすくなるので注意が必要です。

乾燥が原因の大人ニキビを治すためには、肌に十分なうるおいを与えることができる保湿成分が入ったスキンケア化粧品を使いましょう。

肌の感想が原因の大人ニキビにはセラミド配合の化粧水がおすすめ

基本的にニキビを治すにはこまめに皮脂を取り除くことが大切であり、洗顔は皮脂を取り除くための手段として非常に有効なものの一つです。

そのため、こまめに洗顔をすれば早くニキビが治ると考えがちですが、あまりこまめに洗顔をし過ぎると肌のバリア機能が低下してしまうので、かえってニキビができやすくなってしまうことがあります。

そのため、1日の洗顔は朝と夜の2回までとし、昼間は脂取り紙を使って皮脂を取り除くようにするようにします。

鼻の周りにできた大人ニキビを治すには紫外線対策をしたり、過剰に手で触れないようにしたりするなどして外部刺激をできるだけ減らすとニキビを悪化させることが防げます。

また、食生活を改善したり、十分に睡眠をとったりするなどの規則正しい生活を心がけることで新しいニキビができないようにしていきましょう。

また、ストレスが大人ニキビの原因となることもあるので、なるべくストレスを溜めないようにすることも意識してみてください。

以上のことに注意してもなかなか治らない場合は、皮膚科を受診するというのも方法の一つです。

 

「鼻の周りのニキビには20年以上も悩まされていました」 30代後半 Sさん

「大人ニキビは二十歳を過ぎてからもできてしまうニキビのことを言いますが、わたしは中学生の頃から二十年以上もニキビに悩まされてきました。

中学生のころはニキビに関する知識もほとんどなく、見た目を気にする気持ちもなかったために、ニキビができてもほったらかしにしていましたし、できないように対策をすることもありませんでした。

今から考えると、他の人よりも皮脂が多い体質だったんだと思います。

いつも顔がベタついてして、手で触るとヌルヌルするほどでしたし、クラスメイトからもそのことを指摘されて恥ずかしい思いをした記憶があります。

高校生になると、自分の見た目をだんだん気にするようになったので、ニキビをなんとかしたいと考えました。

しかし、1日に何回も顔を洗い、市販の治療薬を塗る程度で、これといった効果を得られない毎日が続きました。」

「反対に、ニキビができている状態が気になってしまい、してはいけないと思いながらもニキビをつぶしていました。

このときのことは今でも悔やまれ、つぶしたニキビが跡になって残っています。

実は、今ではニキビができることはなくなったのですが、ニキビ跡だけは治りません。

わたしのニキビは、高校生の頃からおでこと鼻の周りが特にひどいです。

人によっては頬のニキビがひどいこともありますが、どちらも見た目が汚いので悩みは同じだと感じていました。

なぜこのあたりだけ症状がひどいのかはよく分かりませんが、Tゾーンというものなのだと思います。

母親からは、ニキビは大人になると自然に治るということを聞かされていたので、楽観視していた面があります。

そのため、これ以上の対策はせずに、もう少ししたら大人になるから自然と治るまで待てば良いだろうと考えていました。

しかし、二十歳を過ぎても治ることがなく、大人になったら治るという幻想は打ち砕かれていきました。

大人になったらニキビができないという根拠は、思春期と比べて皮脂の分泌が減るためだということが分かりました。

わたしの場合は皮脂の分泌が変わらないので、これが大人ニキビの原因なんだと思います。

もちろんそれまでつぶしたニキビ跡がありますし、新たなニキビもできてくるので、わたしのおでこや鼻の周りは時間とともに汚くなっていきました。」

「そのような毎日で、ついに30歳を過ぎました。

ところが、この頃になると大人ニキビ以外にも皮膚の症状で悩まされることがあり、ニキビ治療が目的ではありませんが皮膚科を受診することになりました。

この時に、皮膚科の先生からニキビ治療をすすめられました。

皮膚科の先生の話では、ニキビ治療は非常に簡単なので、他の治療のついでに行うこともできるとの説明でした。

少し大げさかもしれませんが、人生を変える覚悟でニキビ治療に取り組むことを決意しました。

それまでの人生の半分近くを共に過ごしているので、このときの記憶ではニキビのできていない自分の顔を見たことがないほどです。

さっそく、その日からニキビ治療が始まりました。

しかし、本当に簡単な治療で、ニキビの原因菌を殺す抗生剤を飲み、すでにできているニキビに対しては塗り薬で治していくだけです。

塗り薬は、さすがに瞬間的に治ることはありませんが、市販のものよりも刺激が少ないにも関わらず早く効果が現れ、跡が残ることもなくキレイに治りました。」

「塗り薬よりも効果があったのは飲み薬です。

先生の説明では、飲み薬によってニキビの原因となる菌を殺すことができるので、菌が死んでしまえばニキビができなくなるとのことでした。

説明を聞いたときには半信半疑どころか全く信じられませんでしたが、実際に飲み始めて数日が経過する頃には効果を実感できました。

あれだけ悩んだニキビが嘘の様になくなり、塗り薬の効果もあってできていたニキビも治ったために久しぶりに落ち着いた肌になったのです。

新しいニキビができない生活が、これほど快適なものだとは思いませんでした。

その後は、ごくまれに小さなニキビができることはありましたが、それも薬を塗る前にすぐに治るほどでした。

あのときに、偶然ですが皮膚科にかかって本当に良かったです。

今ではニキビができない生活にも慣れてしまいましたが、毎日のストレスがなくなったのでとても楽しい毎日を過ごしています。」

 

「ニキビ対策には毎日の生活習慣と正しいスキンケアが大切だと実感しました」20代後半 Oさん

「私は思春期の頃からニキビに悩まされてきました。

汗かきで、いつも顔が脂っぽいのがコンプレックスだったんです。

中でも私が特に嫌だったのは、鼻の周りにできるニキビです。

基本的にTゾーンと呼ばれる鼻の周りは、皮脂の分泌が活発なため、ニキビができやすい場所です。

これは思春期のニキビでも、大人ニキビでも共通して言えることです。

大きく開いた毛穴に汚れが溜まって詰まり、皮脂の塊となったものは「白ニキビ」と呼ばれています。

私の鼻の周りにはいつも皮脂が溜まっている状態だったため、白ニキビは日常的にできていました。」

「しかし、私はそれに対してろくな対処をしてこなかったんです。

白ニキビができているところに紫外線が当たり、酸化することで角栓が黒くなって「黒ニキビ」になってしまいました。

それでも適切な処置をしなかったため、毛穴を塞いだ皮脂がニキビの原因であるアクネ菌の温床となり、しまいには炎症を起こして「赤ニキビ」にまでなってしまったんです。

こうなってしまっては最後、私の鼻の頭や横には赤っぽいニキビ跡が残ってしまいました。

そんなTゾーンのニキビは、思春期にかぎったものではありません。

大人になってもニキビはおさまることなく、いくらでもできてしまいます。

そこで私は学生時代に怠けた分を取り戻すべく、インターネットで情報を集めたり、知り合いの皮膚科の医師にアドバイスをもらったりして、自分なりのニキビ撃退法を身につけることに成功しました。

その結果、導き出された私のニキビの原因は、やっぱり皮脂の過剰な分泌や詰まりだったんです。」

「では、なぜ皮脂は過剰に分泌されてしまうのでしょうか。

具体的には4つの生活習慣を挙げることができます。

まず1つ目は食生活です。

野菜不足で肉や揚げ物ばかり食べていては、ニキビが増える一方です。

2つ目は十分に洗顔が出来ていないことです。

ニキビの原因であるアクネ菌は、不潔な肌が大好きで、皮脂をエサにしてどんどん増殖してしまいます。

3つ目はつい鼻を触ってしまう癖です。

何気ない動作に思えますが、こうすることで鼻によけいな油や雑菌をつけてしまっているんです。

そして最後は睡眠不足です。

睡眠が足りないと、全身の健康状態が悪くなってしまいます。

肌もまた同じなんです。

なので、最低でも毎日6時間は睡眠を取ること、できれば22時までには寝るようにすることが大切です。

結果、私が行き着いたニキビ対策法は、よく言われているように正しい生活習慣と毎日のスキンケアになりました。

「しかし、上記のように気をつけて生活していても、ニキビができてしまう可能性はゼロではありません。

白ニキビの段階で食い止めることができず、黒ニキビや赤ニキビができてしまったときには、どのような治療をしたら良いのかも試していきました。

まずは黒ニキビの場合です。

私がここで用いているのは、ドラッグストアで簡単に手に入る「オロナイン軟膏」です。

私はオロナイン軟膏でニキビができているところだけでなく、鼻の周り全体をパックしています。

オロナイン軟膏には、クロルヘキシジングルコン酸塩液という有効成分が含まれています。

これが殺菌作用を持っていて、ニキビの原因であるアクネ菌を撃退してくれるんです。

具体的な方法としては、まず入浴をして体を温め、毛穴を開かせます。

そうすると、毛穴の中の汚れや皮脂が排出されやすくなります。

その上で洗顔し、オロナイン軟膏を鼻全体にたっぷりつけます。

この状態で15分待ちます。

あとはぬるま湯で洗い流すだけです。

黒ニキビの場合にはこの方法を用いれば最短で1日、長くても1週間でニキビがおさまっていくのを実感できました。」

「私はこのオロナインパックを1週間に1回の周期で行い、赤ニキビにまで進行しないようにしています。

それでもたまに赤ニキビができてしまうことがあります。

赤ニキビのケアに強い味方になってくれるのが、イブプロフェンピコノールという抗炎症作用と、イソプロピルメチルフェノールという殺菌作用の両方を含む軟膏「ペアアクネクリーム」です。

使い方はとても簡単です。

1日2回、洗顔後に赤ニキビになっている箇所に塗るだけです。

この方法なら早ければ2~3日で炎症が治まっていくのを実感できます。

また、できてしまったニキビ跡を目立たなくすることもできるんです。

このように薬を用いる方法の他にも、ビタミンB2を積極的に摂取して皮脂が分泌され過ぎないようにすることも大切です。

ですから私は日頃の食生活において、ビタミンB2を多く含む野菜や大豆製品、魚、レバーなどを食べるようにしています。

忙しくて自炊できないときには、サプリメントで補っています。

鼻の周りにはニキビが出来やすいですが、日頃の生活習慣やスキンケアを見直すことで予防することは十分可能です。」

 

鼻の周りにできる大人ニキビの原因と治し方のまとめ

・鼻の周りは皮脂の分泌が多く、知らないうちに触ることもあるので汚れやすい

・紫外線をよく浴びる箇所なので、皮脂が酸化して黒ニキビになりやすい

・大人ニキビは過度のストレス、栄養バランスの悪い食事、睡眠不足などの生活習慣の乱れが原因であることが多い

・ニキビを予防するためには、ニキビケア用に研究開発されたスキンケア用品が必要

 

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク