鼻パックで毛穴の角栓をとるときの正しいニキビ予防法

スポンサードリンク

鼻パックで毛穴の角栓をとってもいいの?

大きくなった角栓をとることは毛穴の詰まりを除去してニキビ予防にもなります。

鼻に白や黒の角栓がプツプツとあるとどうしても気になりますよね。

そんなときは鼻パックを使うととれるのですが、やりすぎなければ角栓はとっても大丈夫です。

毛穴は生まれつき皮脂腺の大きさで決まっているので、小さくすることは残念ながらできません。

今以上に毛穴を広げないためにも、きちんとしたお手入れの方法を知っておきましょう。

 

1、鼻パックで毛穴の角栓をごっそりとる方法

鼻パックで毛穴の角栓をごっそりとるためには、最初に毛穴の周りを柔らかくしておくことがポイントです。

まずはいつも通りに洗顔します。

このとき鼻の周りを重点的に、優しく泡を転がすように洗うといいでしょう。

次にオロナインをたっぷり塗っていきます。

鼻が白くなるくらいたっぷり塗ったら、10〜15分間ほど放置します。

時間が経ったらオロナインをぬるま湯で洗い流しましょう。

オロナインを塗っておくと、毛穴の周りの皮膚が柔らかくなる効果があるようです。

(オロナインがない場合は蒸しタオルなどで鼻を温めておきます。)

あとは普通に鼻パックをします。

 

まずは乾いた手で鼻パックのフィルムをはがします。

次に、鼻の周りを十分に水で濡らしてください。

手の水を乾かして、鼻パックを一気に貼りましょう。

ゆっくり貼るよりも一気に貼ったほうが密着性が高くなります。

小鼻の周りも空気が入らないように、きっちり押さえ込みます。

後はパックがカチカチに乾くのを待ちます。

乾くのを待つときに、口や鼻の周りを動かさないようにしましょう。

貼るときは一気に貼りましたが、はがすときはゆっくりはがすようにします。

一気にはがそうとすると痛いですし、角栓がうまくとれません。

このようにすると毛穴の角栓がごっそりとれます。

ただし、鼻パックをするのは多くても2週間に1回までにしてください。

鼻パックをやりすぎると、毛穴を刺激して広がってしまいます。

角栓を取ったらそのまま放置せずに保湿をしっかりしておきましょう。

保湿のためにはセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分入りの化粧水か美容液を使ってください。

 

2、毛穴の大きさを小さくすることはできない

毛穴の大きさは生まれつきのものなので、小さくすることはできません。

モデルや女優さんのように、毛穴がまったく見えないつるつるの鼻にするのはほぼ不可能です。

たしかに彼女らの毛穴はもともと小さいということもあります。

日本でもトップクラスの美貌の持ち主たちですし、少しでも近づきたくなるという気持ちもよく分かります。

しかし、彼女らに毛穴が全くないのは化粧と写真修正をしているからです。

プロが最高の化粧をしてくれるので、つるつるで毛穴がまったくない鼻にすることができます。

さらに雑誌などではパソコンで写真修正するのが当たり前です。

実際に見てみたり、ノーメイクのときとは違っているのが現実です。

気にしないでというのもなかなか難しいのですが、あまり神経質になる必要はありません。

 

3、なぜ毛穴の小さい人と大きい人がいるのか?

なぜ毛穴の大小があるのかというと、それは皮脂腺の発達具合にあります。

毛穴の大きさは思春期のときに、男性ホルモンの影響で毛穴が発達するかどうかが決まります。

男性の方が毛穴が大きい傾向にあるのは、分泌される男性ホルモンが多いからです。

その他には紫外線の影響や、年をとると毛穴の周りのコラーゲンが少なくなって毛穴が目立つようになります。

そもそも毛穴は毛と穴がありますよね。

顔の場合は毛が退化してほとんどありませんが、代わりに皮脂腺が発達しています。

顔は皮膚が薄くデリケートな部分であるため、皮脂は顔を保護するという役割があります。

もともとの毛穴の大きさは変わらないのですが、毛穴をそれ以上に広げない対策が必要です。

 

4、毛穴の手入れとニキビ対策

毛穴の手入れは紫外線対策とコラーゲンを増やす事です。

毛穴周りの皮膚が老化しないように、日頃から紫外線対策をしておきましょう。

角栓ができるのを予防して毛穴のコラーゲンを増やすためには、ピーリングソープや酵素洗顔が有効です。

ただし、ピーリングをやりすぎると肌を痛めるので、3日に1回くらいがいいでしょう。

また、毛穴掃除のためにスクラブ洗顔するはおすすめできません。

洗顔料のスクラブが皮膚を傷つけてしまいます。

ちなみに、アイスパックは毛穴の引き締めには効果がありません。

毛穴は冷やせば小さくなる、という単純なものではないからです。

冷えている間は皮膚が引き締まった感じがするのですが、体温が元に戻れば毛穴の大きさも元に戻ります。

 

基本的に朝と夜に洗顔をしていれば、毛穴に汚れが溜まることはありません。

鼻を押すと皮脂が出てくるという方がいますが、それは当然のことなんです。

毛穴はそもそも皮脂を出すところで、「皮脂が詰まっている」わけではないからです。

毛穴は「穴」なので、黒く見えるのも当たり前のことだったりします。

じゃあ、なんで角栓ができるの?と思われますよね。

角栓は毛穴の出口の角質と皮脂が混じり合ってできたものです。

毛穴周辺の角質が厚くなってくると皮脂と交じり合って角栓ができてきます。

角栓が目立ってきたら、肌を痛めない範囲で鼻パックをしたり、ピンセットで優しく抜きましょう。

角栓を抜いた後は保湿成分入りの化粧水や美容液でしっかり保湿しておくことが大切です。

日頃の洗顔に加えて、保湿を徹底的にすることがニキビ予防につながります。

 

まとめ

鼻パックで角栓を抜いても大丈夫。

ただし、やりすぎはよくないので、2週間に1回程度にしておく。

毛穴の大きさを小さくすることはできない。

毛穴の大きさは思春期の男性ホルモンによって発達している。

毛穴の詰まり対策にはピーリングが有効。

毛穴の詰まりをとったら保湿を徹底的にすること。

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク