フェイスライン・Uゾーンにできる大人ニキビの原因と治し方

スポンサードリンク

美肌B

「フェイスラインにできる大人ニキビが全然治らなくて泣きそう、、、」

「大人になってからUゾーンにニキビが多発するようになったんだけどどうして?」

社会人になってからフェイスライン・Uゾーンに大人ニキビが繰り返しできて悩んでいませんか?

それは年齢よって肌の水分量が低下し、生活習慣の乱れがターンオーバーを遅らせているからです。

対策としては保湿成分の入ったスキンケア化粧品を使い、食生活や睡眠時間に気をくばるようにします。

そうすればニキビができる回数も減って、綺麗なフェイスラインを取り戻すことができるでしょう。

 

1、フェイスライン・Uゾーンにできるニキビの原因

フェイスライン・Uゾーンにできるニキビに悩んでいる人はたくさんいます。

とくにこの部分は社会人になってからできる、いわゆる大人ニキビであることも多いです。

大人ニキビは思春期の頃にできるニキビとは性質が異なるもので、繰り返しできて治りにくく跡が残りやすいという特徴があります。

「そうそう、フェイスラインの大人ニキビって繰り返しできるしなかなか治らないんだよね…」という声をよく聞きます。

大人ニキビができる箇所は、肌質や体質によって差はありますが、口の周りや顎、首筋などのフェイスラインにできる傾向があるようです。

そして、大人ニキビができる原因と思春期ニキビができる原因は、それぞれ異なります。

ニキビという大きなくくりでは同じであり、毛穴が皮脂や角質で詰まり、アクネ菌・雑菌が毛穴の内部で異常繁殖してしまうことは大人ニキビも思春期ニキビも一緒です。

しかし、どうして毛穴がつまってしまうのかに、大きな違いがあります。

思春期の頃にできるものは成長ホルモンの影響による皮脂の過剰分泌が原因となり、肌が脂っぽくなり鼻や額などのTゾーンを中心にできます。

思春期のニキビは成長ホルモンが関係しているので、ホルモンの分泌を止めるわけにはいきません。

思春期でもニキビができない人もいますが、できてしまう人は自分の肌質によって、ある程度仕方ない部分があることも確かです。

「じゃあ、思春期のニキビはあきらめるしかないってこと!?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

思春期ニキビにも、ニキビを悪化させない、予防する方法があります。

そのため、思春期におけるニキビケア・ニキビ予防は洗顔と保湿をしっかりすることと、

できてしまったニキビを触らない・潰さないこと、炎症を抑えてアクネ菌や雑菌を殺菌するためにニキビ治療薬を使うことが大切です。

これらのニキビケアをしっかり行えば、少しずつ新しいニキビができることを防ぎ、できてしまったニキビを悪化させないようにできます。

これに対して、大人ニキビの場合は、間違ったスキンケア・加齢による肌水分量の低下・ターンオーバーのサイクル低下・栄養バランスの悪い食生活・慢性的な睡眠不足・過度のストレスなどが原因となります。

たとえば、保湿をしっかりしなければいけないのに保湿成分の入ったスキンケア化粧品を使っていない。

栄養がかたよった食生活、睡眠不足なのに寝る間にスマホを触ってしまう、自分では気づかないストレスがあるけど解消法がわからない、など。

現代社会では多くの人が栄養バランス・睡眠時間・ストレスになんらかの問題をかかえていることも多く、大人ニキビに悩んでいる人は増え続けています。

そして、大人ニキビが治りにくい原因として、これらの原因がひとつではなく、いくつも重なっているからなんです。

食生活も悪いし、睡眠時間も足りていない。

間違ったスキンケアをしていて、ストレスをかかえているからなかなかニキビが治らないといった具合です。

これらの原因がいつくも重なっているので、治すのが難しく繰り返しできてしまうのです。

 

大人ニキビは、フェイスラインであるUゾーンに多発し、大変治りにくいのでやっかいですよね。

フェイスラインは、悪化して重症化するケースも多く、にきび跡になってしまう可能性も高い部位となります。

「フェイスラインのニキビの炎症がひどくなって痛い、、、」となるのは、Uラインはあまり汗をかかない部位となりますので、毛穴が小さく詰まりやすいからです。

悪化するとにきびがいくつもできてしまい、ケロイド状につながる場合もありますので、悪化させないように早めの対処が重要となります。

そして、フェイスラインにできる大人ニキビを治療するためには、思春期のニキビとは異なった対処法が必要です。

主に生活習慣の乱れによるターンオーバーの低下と、加齢による角質層の水分が不足して乾燥していることが原因です。

なので、思春期のように皮脂をしっかり洗い落とすようなケアを行うと、さらに悪化してしまいます。

今まで間違ったスキンケアをしていた方はこの機会に新しいスキンケアを試してみましょう。

基本的には角質層の保湿ケアと、ターンオーバーを整える生活習慣の見直しが必要です。

この2つを同時に行うことによって、初めてフェイスライン・Uゾーンのニキビを減らしていくことができます。

この部分の肌は顔の肌と比べても薄くなっているため、よけいに治りにくいという特徴があります。

しかし、少しずつスキンケアと生活習慣を改善していけば、確実にフェイスラインのニキビを減らすことができます。

時間はかかるかもしれませんが、地道にコツコツとニキビケアをしていくことが大切です。

 

2、大人ニキビを治す正しいスキンケアの方法

乾燥対策としては、毎日のスキンケアが重要になります。

表皮がカサカサに乾燥すると角質のバリア機能が低下して、ますます肌の水分を保つことができなくなってしまいます。

角質を健康な状態に保つためには、保湿ケアが重要です。

まず、洗顔の際は肌にやさしい洗顔料を使用し、角質を傷つけないように洗うのがポイントになります。

泡立てネットやスポンジでしっかりと泡立てて、弾力のある泡を作ります。

たまに「これでもか!!!」というくらいモッコモコの泡を作っている方がいますが、そんなに泡立てる必要はありません。

ほどよく泡立っていて、ゴシゴシこすらなくて済むくらい野球のボール1個分くらいの泡量で充分です。

その泡の弾力を利用するようにしてやさしく洗います。

TゾーンとフェイスラインのUゾーンを中心にして、あとは泡を少しずつ広げていく感じです。

あとはすすぎの際に、肌への刺激が少ないぬるま湯を使うのがおすすめです。

あまり熱いお湯だと肌が乾燥しやすくなってしまいますし、冷水だと洗顔料が落ちにくくなります。

泡が顔に残らないようにしっかりとすすぐことも重要です。

特に生え際や顎の下に残りやすいので注意しましょう。

 

前述しましたようにフェイスラインは汗をかかない部位ですので、基本的に水分量が少なく乾燥しやすいという特徴があります。

角質層の水分バランスが不足して乾燥しないように、化粧水や美容液は保湿効果の高いものを選らぶようにしましょう。

肌が乾燥すると分泌された皮脂がうまく代謝されず、ニキビの原因となってしまうからです。

このように、Uラインのニキビには乾燥が一番大敵であると認識しておきましょう。

化粧水をつける前にブースターを使用すると角質が柔らかくなり、化粧水の浸透力が高まります。

ちょっと多めに化粧水を使うことで、確実により効果的に角質へ浸透させることができます。

できればたまには化粧水をパックシートにつけて顔に馴染ませると、かなりしっとり潤ってきます。

コットンで叩くように化粧水をつけると角質を傷つける可能性があるので、パックシートのほうが肌に優しく化粧水をしみこませることができます。

 

化粧水の保湿成分ではセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどがおすすめです。

その中でも特に保湿力が高いのがヒト型のセラミドです。

ヒト型のセラミドは肌の水分をがっちり掴んで逃がさないだけでなく、人の肌に本来含まれている成分なので安心して使うことができます。

皮脂が多い方でも肌の内部は乾燥しているインナードライ肌、脂っぽい部分と乾燥している部分がある混合肌の方にも効果があります。

このサイトではセラミドを配合している化粧水をレビューしているので参考にしてみてください。

⇨乾燥が原因の大人ニキビに効くセラミド配合の化粧水3選

 

「肌の水分を逃がさないためには、クリームや乳液などの油分でしっかりと蓋をする」という話はありますが、今では古い考え方になっています。

油分では水分を閉じ込めておくことはできず、かえってアクネ菌のエサになってニキビを悪化させてしまう可能性もあります。

それよりも、水分を逃がさない保湿成分を肌におぎなったほうが乾燥を防ぐことができます。

乳液やクリームは肌の薄い目元などに部分使いするようにしましょう。

 

ニキビ跡の色素沈着が気になる場合は、美白効果のあるスキンケア化粧品を使用するのもおすすめです。

ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの成分がニキビ跡と美白ケアには効果的です。

ニキビは治ったけど赤みが残ってしまったようなニキビ跡は、色素沈着してシミになる前に治しておきましょう。

ニキビ跡の赤みは毛細血管に血がたまって、うっ血しているような状態です。

ビタミンC誘導体は肌のターンオーバーを促進して、コラーゲンを生成する手助けをします。

詳しくはビタミンC誘導体配合のスキンケア化粧水を参考にしてみてください。

⇨ビタミンC誘導体配合のおすすめのスキンケア化粧品

 

3、生活習慣を改善してニキビを予防する

フェイスラインにできる大人ニキビはできてから対処するというのではなく、日頃からニキビになりにくい肌に整えておくということがポイントとなります。

この場所はストレスや睡眠不足が、ストレートに現われやすい部位でもあります。

なので、フェイスラインににきびができ始めたら直接的な対処法だけではなく、生活全般を見直すことも必要です。

具体的には忙しくて睡眠時間が十分にとれていなかったり、ストレスが溜まっていたり、女性の場合には生理前で体調を崩しているなどがUラインにできるニキビの原因となります。

ストレスや疲労がなくなれば、確実に大人にきびができる回数は軽減します。

さらに、Uラインは就寝中に布団と触れる部位となります。

枕や掛け布団のカバーは清潔なものを使用するように心がけましょう。

圧迫されて刺激を受けることもニキビの原因のひとつとなります。

 

あとは、食生活や生活習慣を見直す必要があります。

食生活についてはビタミンやミネラル、良質なタンパク質をバランスよく食事に取り入れることが大切です。

野菜や果物、魚介類や大豆製品を積極的に食べましょう。

食事で摂取することが難しい場合は、サプリメントやドリンク剤などで補うのも効果的です。

大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

ストレスを感じるとビタミンやミネラルが消費されやすくなるので、こまめに摂取することを心がけましょう。

ただし、あくまで補助的に使うのであって、サプリメントばかりに頼ってしては栄養バランスは整いません。

基本的にはなるべく自炊をするようにして、忙しいときはうまく手抜きをするようにすると長く続けることができます。

ストレス対策として、自律神経を整えることも重要です。

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かってリラックス効果を高めたり、良質な睡眠をとることも大切です。

そして、代謝をアップさせるためには適度な運動も必要です。

ウォーキングや筋トレやストレッチなどの手軽に行うことができる運動を生活の中に取り入れましょう。

 

私も大人ニキビができるときはフェイスライン・Uゾーンにできてしまうことがあります。

最近はスキンケアを見直し、生活習慣にも気をつけているのでニキビができることもかなり少なくなりましたが、それでも油断してしまうとニキビができてしまうことがあります。

そのなかでも私の場合は、「最近ストレスが溜まってきてるかも…」と感じたときにフェイスラインにニキビができてしまうことがあります。

仕事をしている以上、楽しいことばかりではなく、大変なことや辛いこともあります。

そのため、自分では気をつけているといっても、なかなかニキビがまったくできないという状況を作ることは難しいことも確かです。

そんなときは意識的にストレスをやわらげるために、長めにお風呂に入ったり、睡眠時間を長くする、

寝る前にスマホを触らない(アラームは目覚まし時計を使って、スマホは電源をきる)、自分が楽しいと思うことを積極的にする、笑える番組やネット動画を見る、などをしています。

こうすることで、フェイスラインやUゾーンにニキビが増えていくこともなく、一度できてしまうと時間はかかるものの、着実にニキビを治していくことができています。

ひとりひとりフェイスライン・Uゾーンにニキビができる原因は異なるのですが、少しでも参考にしていただけたら幸いです。

 

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク