赤ニキビを跡を残さずに少しでも早く治す方法

スポンサードリンク

赤ニキビ早く治す

赤ニキビはぷくっと目立つし、赤みがニキビ跡になりやすいのでできるだけ早く治したいですよね。

そのためには絶対に無理矢理潰さないことと、抗炎症作用のある薬を使いましょう。

赤ニキビを治すことも大切ですが、生活習慣の改善と正しい洗顔で再発させないことも重要です。

意外とニキビ予防のために必要な対策ができていない方は多いです。

慢性的な寝不足になっていたり、洗顔の仕方が間違っていないか今一度見直してみましょう。

 

1、早く治したかったら赤ニキビは無理矢理潰さない

赤ニキビを少しでも早く治したければ、絶対にやってはいけないことがあります。

それは赤ニキビを無理矢理潰して膿を出そうとすることです。

赤ニキビはぷくっと赤くふくれ上がっているので、目立つところにできると気になってしまいますよね。

潰せそうな感じになっていると、つい指でつまんでぎゅーっと潰したくなってしまう方もいるのではないでしょうか?

たしかにニキビは上手に潰せば、治りが早くなることがあります。

ニキビの中身は膿が溜まっているので、それを外に出せば炎症を早く抑えることができるからです。

しかし、無理矢理潰すとなると話は別です。

むしろ、まったくの逆効果になり、ニキビが治るどころか悪化させてしまいます。

ニキビ跡も残りやすくなりますし、最悪の場合はクレーター状に凸凹の跡が残ってしまうこともあります。

無理矢理潰すというのはニキビだけでなく、周りの皮膚組織まで破壊してしまいます。

潰すときに周りの皮膚組織を破壊してしまい、さらにニキビが潰れたときに内部に膿が広がって悪化させる原因になります。

潰してはいけないと分かっていてもニキビを潰してしまうのは、潰すデメリットを十分に分かっていないのと同じことです。

ニキビを潰すことに必死になってしまって、跡に残ってから後悔なんてしたくないですよね。

赤ニキビができたら、まずは絶対に無理矢理潰さないことを心に刻んでおいてください。

 

2、赤ニキビができたらニキビ薬で炎症を抑える

ニキビは皮膚の病気の一種ですが、基本的にはケガと同じように自分の治癒能力で治っていきます。

この自己治癒能力と免疫は生活習慣やストレス、食生活にも影響されるので、これらを見直すことが大切だとよく言われています。

しかし、赤ニキビは炎症している状態なので、それ以上悪化させないためにも抗炎症剤や抗菌成分の入った薬を塗っておくといいでしょう。

市販薬にはオロナインやクレアラシル、テラコートリルなどがあります。

ニキビ市販薬はドラッグストアで簡単に買えるので、ニキビができやすい人は家にひとつ置いておくと便利だと思います。

これらのニキビ薬には即効性はないのですが、朝と寝る前に赤ニキビがあるところに塗っておくと少しずつ炎症を抑えていくことができます。

とはいえ、市販薬は処方箋なしで買えるので効果は少し弱めです。

赤ニキビが悪化しやすい体質の方は、皮膚科で診てもらって処方薬を使ったほうがいいでしょう。

皮膚科では赤ニキビの症状や状態によって、内服抗生物質や外用の抗生剤を処方してくれます。

炎症が激しい場合はステロイド剤を使うこともあるようです。

市販薬と比べると成分濃度も高く、早く炎症を抑えることができます。

しかし、ニキビの治療は皮膚科によって熱心に行ってくれるところとそうでないところの差が激しいのが現状です。

皮膚科医といっても人ですから、その人の主観や判断に左右されることは否定できません。

中にはニキビなんて歳取ればできなくなるなんて考えている人もいるくらいですから、診察してくれる皮膚科は慎重に選びましょう。

体質改善のために漢方を処方してくれたり、ニキビ治療に積極的な皮膚科もあるので、よく下調べするか何件か皮膚科を回って選ぶことも大切です。

 

3、ニキビを防ぐには生活習慣の改善と正しい洗顔をする

市販薬を使うにしても皮膚科で治療してもらうにしても、赤ニキビの炎症を抑えることはできます。

しかし、それがニキビ肌の根本的な解決にはなりません。

ニキビができてから治すのではなく、ニキビができる前に予防することが大切です。

「そんなことよく分かってるって!!」と、思われるかもしれません。

しかし、意外とニキビ予防のために必要な対策をしていない方が多かったりします。

ニキビを防ぐためには正しい洗顔と生活習慣の見直しを徹底しなければなりません。

生活習慣を見直せば、肌の免疫とターンオーバー(肌の生まれ変わり)を正常に機能させることができます。

いきなり肌がキレイになるわけではなく、少しずつニキビができにくくなって、赤ニキビも悪化しにくくなるという感じです。

逆に、不健康な食生活、睡眠不足、ストレスなどで肌の代謝は低下していってしまいます。

せっかくニキビが治っても、また新しいニキビが次々にできてしまったらイタチごっこになってしまいますよね。

特に寝不足は自分でも分からないうちに慢性的な肌荒れになってしまうので注意が必要です。

生活習慣を改善させることはすごく地味なことのように思われるかもしれませんが、ニキビ予防のためには絶対に不可欠です。

 

もうひとつは正しい洗顔をマスターすることです。

洗顔はニキビの原因である酸化した皮脂と汚れを落とすために行います。

皮脂がそのまま肌に残っていると、毛穴が詰まりやすくなりますし、皮脂をエサにしてアクネ菌が異常繁殖してしまいます。

洗顔くらいちゃんとやってるけど、と思われるかもしれませんが、案外正しい洗顔ができていない人は多いです。

・間違った洗顔料を選んでいる。

・洗顔料の泡立てが不十分。

・顔の洗い方が強すぎる。

・すすぎが十分にできていない。

・一日に何回も洗顔をしすぎてしまう。

・洗顔料を使わずに水だけで顔を洗っている。

この中のいずれかに当てはまる人は間違った洗顔をしている可能性があります。

今一度自分の洗顔は正しくできているのかをチェックしてみましょう。

 

まとめ:赤ニキビを早く治すには薬だけでなく、生活習慣と洗顔を見直そう!

赤ニキビは無理矢理潰すと悪化してしまうので、絶対にやめること

赤ニキビの炎症は市販のニキビ薬を使うか、皮膚科で処方薬をもらって抑える

ニキビの再発を防ぐには生活習慣を改善し、正しい洗顔をマスターする

間違った洗顔料を選んでいたり、顔の洗い方が強すぎるなど間違った洗顔をしている人は多い

関連記事→ニキビをなくすための正しい洗顔法

サプリメントバナー
大人ニキビに効く栄養サプリメントおすすめ3選

セラミド化粧品バナー
乾燥が原因の大人ニキビにおすすめの化粧水

スポンサードリンク